仕事のストレス解消にヨガを始めようという提案、生き方が変わりますよ

仕事をしているとどうしても避けられないのが、ストレスと人間関係からくる精神的苦痛です。感情に余計な負担をかけないためにも何かしらの対策が必要です。簡単なヨガのテクニックが役に立ちます。

ヨガを行なうと健康的な体になるだけでなく、感情的な部分にも良い影響を与えてくれます。良好な精神状態は柔軟な考えを生み、自分の感情を上手く制御し、負の感情をおさえる事に役立ちます。これは子育て中の方や忙しい職場のストレスの多い環境の人にとって、負の感情をすばやくコントロールする時にとても便利です。

スポンサーリンク

些細なことを心配しないで済む

自分の感情をうまく制御できると仕事も家庭も上手くいくと思うんです。
私たちは毎日の様に何かしら不快な出来事に遭遇しています。イライラすることは、大小あると思いますが、心身ともに快適に過ごすためには些細なことに腹を立てないように過ごす必要があります。

ちょっとしたコトでイライラしないことが大切。
しかし、自分にしてみたら他人がやったことは、迷惑だと感じてしまいます。でも、それらをどのように感じるかどうかが、一番大切です。毎日の様に嫌な出来事は起きています。その嫌な出来事に日々、心配したり、思い出してイライラすると余計なストレスとなってしまいます。

ちょっとした心配事や不快な気持ちになったら、ヨガの基本の鼻呼吸が役に立ちます。インドから伝わる伝統的なヨガのポーズを定期的に行なっていると、肉体と精神に良いと言われますが、その理由はメンタル調整に役立つ、セロトニンの分泌が促されるからです。

このセロトニンの分泌は、セロトニン神経と呼ばれる、脳内神経の1つとされ、右脳と左脳が交わる脳内の中心部分にあり、脳内伝達物質「セロトニン」の分泌しています。このセロト二ンの分泌が足りないとストレスが溜まりやすくなり、うつの傾向が高まることが分かっています。

新鮮な酸素を体内に取り入れ深呼吸するだけでもセロトニンが出て副交感神経が優位に働きます。セロトニンの分泌により心身共にバランスが取れて、イキイキとした活気があふれる状態だと小さなことで、イライラすることもなく少なくなります。

自分中心の考えがストレスを生む

ヨガをやっていると自分の感情や思考を俯瞰的に感じることができる様になります。
例えば社会が自分中心に回ってないことに気付かされます。あなた自身のビジネスやプロジェクトマネジメントが自分ひとりで、回していると勘違いし、目先の仕事や些事に囚われすぎたり、誰かのちょっとした失敗に叱責している人ほどストレスが増えます。

職場や家庭でも人は常にたくさんの人の支援のもとに生きているということが実感することが大切です。何事もビジネスパートナー、夫婦や家族を互いに支えあい協調作業しています。自分中心の考えや生き方だけでは物事は回りません。

柔軟に考えてみる

年齢を重ねていくと頭も身体も柔軟性を失っていきますが、ヨガは体を柔軟になるだけでなく、思考が柔軟になります。その理由のひとつに心身ともにリラックスした状態だと集中力が上がることで、柔軟な発想や捉え方が生まれやすいという分けです。

具体的に考える(イメージする)と柔軟な発想を生み出します。
相手の気持ちを汲み取ったり、周りの人の体調を確認してみたり、他者を理解することが必要です。職場でも優秀な人やそうでない人でもそれぞれ知識、技能、経験などレベルが違います。その一人一人が独自の個性的なスタイルを持っていることに気付くと思います。

何も問題が起こらないプロジェクトはないと思うんですよ。問題を他者に向けることをやめる必要があります。プロジェクトの問題を解決する方法を見つけるか、周りの人達をうまくまとめあげるか、どのように機能するかを考える上で必要になってくることが費やす時間です。

例えば、この問題を瞬時に作業し、一番理解している人を見抜き適応するであろう人を見つけうまく配置する。柔軟に考えるとは、これら問題を早く解決するために重要なスキルです。

深呼吸することを忘れない

ヨガの基本的な呼吸瞑想法というものがあります。これは、ほんの数分やるだけでもリラックス効果が期待できます。言葉だけ見ると難しい様に感じてしまいがち、でも実際にやってみると意外に簡単です。メリットを挙げると大きなスペースを必要としない、時間も数分程度と静かなオフィスの人が少ない場所を見つけて、やることもできます。

YouTube Preview Image

このポーズや瞑想は、高度な技術が必要ないので、誰でも行えます。
呼吸を行うときは、鼻から胃の奥深くに新鮮な空気を送り込むようにイメージし、体の力をゆっくり抜いてリラックスした姿勢で行います。

この呼吸法は、頭痛、片頭痛、ストレスに伴う他のトラブル解消に役立ちます。

ストレッチを追加

呼吸瞑想法プラスアルファーに追加したいのが、ストレッチです。
体を動かすことによって、全身の血流も良くなり、リラックスして仕事に集中することにつながります。

YouTube Preview Image

椅子を使いヨガを行うことができます。いくつかのポーズがあります。猫ポーズは椅子の橋に座り、膝の上に手を入れて、背骨を引っ張るような姿勢のまま鼻から息を吸い込み吐くを数秒間間隔で切り替えします。職場で行なう場合は、誰かに見られても恥ずかしくないポーズがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする