Chromeの拡張機能がごちゃごちゃになった時の対処方法

4841google-chrome

皆さんは普段、ブラウザは何をお使いですか?Safari、IE、Chrome、Firefoxなどありますが、私は基本的にChromeを利用しています。

Chromeウェブストアで拡張機能をどんどん追加して、ブラウザを使いやすくしています。しかし、Chromeを拡張し過ぎるとブラウザが遅くなることが多々あります。そして、いつの間にかわけが分からない迷惑なアドウェアやマルウェアの温床になっていることもあります。

ブラウザを開いていたら勝手にサイトに広告を挿入されていた。このサイト広告入っていたっけ?なんか変だぞ・・。やられたわと、なったことがあります。

そんな迷惑なこと以外にChromeの拡張機能を放置したままにすると、使わない機能でツールバーがごちゃごちゃになります。さらにブラウザが遅い原因になることもあります。

スポンサーリンク

ブラウザのツールバーを整理しましょう

ブラウザに役立つ機能をどんどん追加していくと、ツールバーに追加されています。アイコンなんて別に気にならない人はそのまま放置していてもいいですが、見た目が美しくない、検索するときに邪魔だな~と思っている方は、不要なアイコンを非表示にしたほうがいいですよ。

aaba27f31f0a9c444b96a4519b8f9d65

最小限に必要なアイコンだけを残して、ツールバー上のスペースを作りましょう。やり方は簡単で、非表示したい拡張子のアイコンをタップします。

タップしたら「右クリック」して、テキストメニュー「ボタンを非表示」にするを選択します。これで、いっぱい表示されていた「アイコン」を隠すことができます。

また、アイコンを並び変えることもできます。これも簡単で、移動したい「アイコン」を「左クリック」することで、好きな位置に配置することができますよ。普段よく使うものだったり、重要性と使用頻度を考えながら入れ替えると使いやすくなります。

必要があります。これは、場所から場所へマウスアイコンをドラッグするだけで簡単に行うことができます。

他にもアイコンの拡張機能を整理する別の方法もあります。

bbac7cd013b3468eb73936430903630f

設定でページを開いて、拡張機能を無効にしたり、ごみ箱を選んで削除する必要があります。拡張機能を入れるときに主に私たちは、特定のページで実行されるものや、特定のサービスに連携するもの、他にもカスタマイズなど基本的にこれらの用途に応じて、使っています。

ブラウザを使いやすくするために拡張機能を追加していますが、不要な要素を含んだ機能や更新されていないもの、全然使用していない機能などを削除する必要があります。

Chromeの拡張機能のオン・オフを切り替える

ed66dd746cf53956fe70c00230142179

拡張機能をオン・オフする事が簡単に行える「Extensions Manager (aka Switcher) 」を追加しましょう。

Extensions Manager (aka Switcher)

この機能拡張マネージャを追加したら、アイコンをクリックします。表示されるポップアップウィンドウから全ての拡張を管理することができます。

例えばこんな時に役立ちます。現在アクティブな拡張があるけど、消したくない時に拡張自体を一時的にオフすることで、ブラウザの動作を軽くすることができます。どうしても使用したい時にオンにすればいいというワケです。

他にも全然使ってないけど、「Extension Automation」という拡張オートメーションを使い有効または無効にするように設定できます。

Extension Automation

YouTubeを見てるときに裏で色々な機能が働いていて、快適な動画ライフを送れない。動画を快適に閲覧するために、自動的に起動するような機能拡張を切ることによって、余計なメモリを食わずに動画も途中で止まることなく、見ることができます。

拡張機能をワンクリックで切り替えることができる「Context」も便利ですよ。

Context
Developer: Konrad Dzwinel
Price: Free

例えばツールバー上にショッピング用に「楽天やアマゾン」などのアイコンだけを表示したり、アプリ「Google PlayムービーやHULU」など、エンターテイメントグループを簡単に作れたりします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする