縄跳びでエクササイズ

ad981261a593016f8a5c5db8

縄跳びを使った運動は、他のトレーニングと比べて、筋力に不安がある方でも気軽に取り組むことができます。ジョギング並みに効果的な有酸素運動が得られる?と思います。私の体感なので、イマイチ説得力がないですが一時間(休憩あり)、縄跳びを行って呼吸を乱さずに一定なリズムで続けた結果、400〜500キロカロリーを消費できました。

休みの日に公園で縄跳びを飛んでいると、子供の頃を思い出しますよ。最初は周りの目が気になりましたが、ジャンプを始めて10分過ぎる頃には、そんな余裕はなくなってきます。

縄跳びを飛ばない方がいい人達

心血管系に問題が多少たりともある人は(連続で飛び続ける縄跳びはお勧めできない)、また膝の疾患を抱えている人もできません。縄跳びはダイエットに良い影響を与えますが、過度に太り過ぎな人もやめた方がいいです。他にも、腰痛、静脈瘤など少しでも痛みを抱えている人はやめて下さい。

スポンサーリンク

押さえておきたいポイント

ただ飛ぶだけでは、効率が悪いので基本的な事を押さえていた方が効率が良いです。

ジャンプの時にケガをしないように地面が平面な場所で行います。縄跳びを持つ時は肘を平らに平行にあまり動かないように固定されたイメージですると、足に引っかかる事が少ないです。さらにつま先が地面に最初につくようにする必要があります。服装はトレーニングウェア、靴は可能な限り軽量タイプが飛びやすいです。

ロープの正しい長さや選択すべき縄跳び

YouTube Preview Image

30分で500カロリー減らしたい人向け

YouTube Preview Image

ひたすら縄跳びを飛びまくる激しい運動

YouTube Preview Image

縄跳びのバリエーションは豊富にある

未だに出来ないことばかり、身軽さだけでは実現できないリズム感と習慣化された動きが必要な気がします。

YouTube Preview Image
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする