夜の質の良い睡眠が妊活女性にとって必要な理由

a0hah4r45aem

米国の研究者によると夜の睡眠は、少なくとも1日8時間眠らなければならないという。外界からの光刺激を松果体(第三の目と呼ばれている)によって産生されるホルモンがメラトニンです。

これはよく夜間になるとさかんに分泌されることで知られている。また不眠改善するといわれる成分でもありますが、それだけではなく愛しい子供を妊娠するために重要であることが分かっています。

このテーマに関する新しいデータは、アメリカ・テキサス大学健康科学センターが発表しました。それは夜寝る時に電気を消して真っ暗な状態で寝ると妊娠しやすくなるというもの。

Stay Up Late? How It Could Hurt Your Fertility」記事をもとに紹介します。

子供を妊娠しやすいカラダにするには、少なくとも真っ暗な時間を1日8時間が必要とのこと。このメカニズムは、その大脳半球間の脳の奥深くに位置する松果体によって産生されるホルモンのメラトニンにある。

メラトニンは、重要な機能の働きは、排卵、卵成熟、卵巣などの酸化ストレスを防止します。活性酸素などのフリーラジカルを消去する抗酸化作用を有することが知られています。メラトニンが十分でないと、妊娠しづらくだけでなく、仮に妊娠したとしても胎児へ何らかの影響があるといいます。

一方、メラトニンというのは日中は分泌が抑制され、夜間になるとさかんに分泌されるのが特徴です。

物質の名称のひとつに「睡眠ホルモン」という催眠効果があり、不眠症の治療に用いられます。

不眠の原因にはさまざまなものがありますが、体内時計が狂うことも原因のひとつに挙げられています。仕方ないことですが、背景にあるのが街中の光など夜でもたくさんの光があふれる現代社会です。

子供が授かっても次の点を注意したいです。

「夜のホルモン」とは、正常な妊娠の流れに必要不可欠である。メラトニンが不十分だと自閉症や注意欠陥障害の発生の危険性が高まるという。

部屋の中は暗くして眠る

光があふれる現代文明が不妊症を招いているかもしれませんね。人間の睡眠は体内時計が関係しており、夜になると眠たくなり、光を浴びて朝になると目が覚めるという生体のリズムを調整するための「体内時計機構」と呼ばれる仕組みが備わっています。

電気は消す!スマートフォンも使わない、テレビを付けっ放しにしないことが大切です。

カーテンをしっかり閉めて暗さが十分にした状態で眠ると効果的だという。明るいと睡眠に必要なメラトニンが不足になり、妊娠可能なカラダでも健康な卵子を維持することが困難になるので、注意したいですね。

光を通しやすいカーテンを使用しているなら従来のカーテンを交換することをお勧めします。

真っ暗なお部屋で、朝までぐっすり眠りたいと思っていた人は正しい選択をしていたということです。

遮光カーテンが便利



部屋全体の可愛いイメージを崩したくない地味なものは嫌だという女性にお勧めしたいショップを紹介します。黒くて分厚いイメージしかない遮光カーテンですが、最近では女性にとって嬉しいステキなデザインが豊富です。

可愛いお部屋に住みたいの♪お部屋のインテリアに合わせたデザインのカーテンを選びたい方もいると思いますので、「オーダーカーテン」やオシャレで可愛いデザインの遮光も扱っているカーテンショップがお勧めです。

遮光カーテン以外の対策としては、自分の意思でライフスタイルを変えないといけない!

しかし、定期的にすべての女性が、8時間しっかり睡眠時間を確保できている?と疑問が残ります。現代文明の魅力は、テレビやインターネットを見て夜更かしを余儀なくされていることですよね。

実際に、一日中いつでもスマホなどが操作できるということは、明るい光があって、娯楽の誘惑につながる。

また仕事の帰りも遅くなり街中は光であふれています。例えば夜の地下鉄の移動、商店街、夜道の電灯など、どれもどうすることもできない。

これらを解決するには生活パターンを変えるようにしっかりとスケジュールを組み、時間を決めて、スマホやネットに触れる時間を管理したり、TVを見ながら寝るクセがある人はタイムシフトを設定する必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク