口臭のなぜ?どのように発生し予防するべきか

47e2bff4c436dc4033aa1e9e3a26ad30

歯と口の健康に関する問題は深刻なことです。自分のお口のニオイに気づかない人も多いはずです。

現実問題、仕事でわからないことの質問する際にお口が放つ強烈なニオイで、相手を不快にさせている状況は自分を破滅に導くことが考えられます。

口臭に問題があれば結果的に仕事・デートで目も当てられない惨劇を生み出す要因になってしまいます。チューインガムや口臭スプレーを使い嫌な臭いが防げると思う人がいますが、根本的な問題を適切に解決しなければまともな結果が望めません。

口臭を引き起こすの理由や、呼吸をする時の不快感を緩和する方法を考えてみたいです。

スポンサーリンク

口臭の理由

口の中がカラカラな状態がダメです。水分補給が足りないと、体内で十分な量の唾液を生産することができなくなります。また食事の食べ残しや歯垢中の細菌が増殖し、菌がつくる酸により、虫歯になりやすくなる危険があります。

その結果、嫌な臭いの原因になります。

一般的に、口臭は口の中で発生するこれらの過程を経て引き起こされると言われています。

つまり、唾液の量も少なく、食品の残りカスが歯の間に挟まった状態を放置すれば細菌が増える条件が整い虫歯になりやすく、衛生的ではなくなり、その結果、あんたちょっと、お口が臭いと言われてしまいます。

唾液の量も正常、虫歯もない人も食べる食材や、嗜好品の影響により口臭が発生する場合もあります。例えば喫煙、ニンニク、玉ねぎの消費量が多いと悪臭の原因になります。

様々な疾患は、口臭の原因になります。例えば、肺、肝臓、腎臓が損傷している場合もあります。糖尿病はアセトン臭、甘酸っぱい臭いがします。

ところで、普段から清潔にしているのになんだか・・臭いと言われる人は病気が潜んでいる可能性があります。

吐く息が腐った卵のようなニオイがする場合は、胃・腸の具合が悪い事を意味しています。卵はタンパク質と脂肪が含まれいます。タンパク質とアミノ酸が分解すると硫化水素ができます。これが臭くて堪らないのです。

腹痛、げっぷや吐き気が頻繁に現れている場合、胃炎と消化性潰瘍を疑います。頻繁に歯茎が出血する人は歯周炎になっており、強い金属臭がします。これは差し歯や銀歯の歯が歯周病になると臭くなります。

身体から強烈な腐敗臭を発している場合は、胃が低酸度で疾患が影響している可能性があります。腸内で毒素の比率が高い環境が悪い場合は、ジスキネジアと腸閉塞を起こしており、体から強い糞の臭いを発生します。苦い香りは腎臓に問題があります。胃酸過多だと胃炎や潰瘍問題があり、酸っぱい香りがします。

当たり前ですが、虫歯、歯石、歯周病、歯肉炎、歯髄炎は不快な臭いにつながります。適切なケアすることなく、長い事、放置すると細菌が増殖し廃棄物を生産することになり、新鮮な吐息とは程遠い状態になります。

鼻が臭いと感じ取った時は鼻咽頭の粘膜の疾患が悪臭の原因になる事があります。上気道疾患からくる口臭に関連します。 膿が呼吸系に発生したら、もちろん臭います。私がなった事のある蓄膿症だと、鼻の付け根の左右にある副鼻腔に膿が溜まり、それが臭います。

お口の中が乾燥することにより、口の中でより多くの細菌が繁殖し、不快な臭いになってしまいます。これは口腔乾燥症(ドライマウス)と呼ばれる現象です。

自分の体臭に気づきにくいので、誰か教えてください

お口に手を当てはぁ~と息を吐いてみてニオイを確認するとよく分からないことの方が多いと思います。

同僚にあんた臭いよ!と勇気を持って言えない人がほとんどでしょう。特に臭いの事は難しいです。

ほとんどの場合、長い付き合いの友人、家族からの最終通達で気づくことになります。

結局のところ、自分自身が放っている臭いは感じ取れません。

問題は、一定の空間の中で空気中に不快なニオイを漂わし、周りに口呼吸をさせているという無自覚な迷惑行為をしていることです。

手で口を覆い、いくら息を吐いてもニオイを感じることは不可能に近いので、舌の上を鏡の前で汚れていないか確認した方がいいです。例えば、自分の手首を舐めて、ある程度乾いたらニオイを嗅いでみて下さい。またスプーン使い、舌の上の水分を取り、それが乾くまで待って、その後ニオイを嗅いでみて下さい。

これで、ある程度、自分の口臭がくさいか分かります。

口臭の解決策

完全に口臭を解消する方法はありません。嫌な臭いをある程度軽減するために適切な措置を取る必要があります。

■水分摂取量が少ない人は、たくさん水を取る。

■食べ物のリンゴ、ベリー、シナモン、オレンジ、セロリは口臭予防に役立ちます。

■うがい薬を使用します。毎日30秒間、口の中をすすぎ、その後30分間は喫煙や食べ物を食べない。

■唾液を促すためにガムを噛む事や、食事中に良く噛んで食べる必要があります。

■口の洗浄と消毒を行っても毎朝、朝食を食べないと唾液の分泌が減り、午前中に口臭がひどくなってしまいます。朝、食べる気がしない方はお粥を食べると良いです。

■歯ブラシがない場合は、指を使い歯と歯茎を軽く拭くと、不快な臭いを軽減することができます。

■舌の上をキレイにするためにスクレーパーを購入。舌の上には細菌が膨大な数いる事が分かっています。これが悪臭の最も一般的な原因になります。

■デンタルフロスを使用してください。歯の間に食べ物のカスが残っていると、細菌が増えやすい環境を生み出します。

予防

少なくとも年に2・3回は歯の健康診断を行い予防する必要があります。体から漂う臭いニオイの原因は体内から輩出された疾患が関係している場合もあるので、健康診断や人間ドックなどで健康管理を行うことをおすすめいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする