下肢静脈瘤を治療するかどうか?決める前にやれること

40+60 Feet, Euw.

10人に1人はかかっているといわれる。「静脈瘤」の危険性をお伝えしています。主な症状や治療の流れも紹介しています。

原因は何ですか?

多くの理由があります。軟化と静脈壁の弱体化につながるホルモンの変化です。これは、特に妊娠中や出産時や更年期になりやすいとされています。

リスクのあるものは、遺伝的疾患にかかりやすい人には、女性が含まれています。母親、祖母、親戚が静脈に問題があった場合に、2人に1人が発症するとも言われています。このような問題の発生を予測することができます。

立ち仕事の人は特に足に負荷が掛かる。危険性があり、繰り返しリスクが増加します。遺伝的に静脈瘤疾患なりやすい職業として上げられるのは、料理人、理容師、美容師など立ちぱなしの人ほどかかりやすい。

特定のスポーツも注意しましょう。二十代でも激しいスポーツ、バレーとかバスケットの選手は、ジャンプする利き足に静脈瘤ができやすいとされています。その後、遅かれ早かれ、選手が者になり、足の筋肉に負担がかかります。

危険因子は、もちろん、避けられないです。例えば性の多くは、重い荷物を持って歩くことや、混雑した場所に立っていると足に負担が掛かります。静脈瘤の出現のもう一つの重要な理由は、靴を履くなど、脚足に負担を多くかけています。靴のかかとに関連して、劇的に脚、むくみ、及び静脈瘤、他の症状の痛みがある。

足の筋肉が緊張を引き起こすことなく快適でなければならない。対策としては、4.5cmを越えないハイヒールを避け踵の低い靴を履きましょう。

もう一つの重要なヒント!扁平足を持っているかどうかを確認してください。足のわずかな平坦化は静脈瘤の形成につながることがあります。当然のことながら、静脈瘤疾患である人は、特に慎重に少なくとも基本的な安全注意事項を守ってください。

静脈瘤疾患の予防

下肢静脈瘤を予防するには、脚の静脈血を心臓へ戻すことが最小限に静脈瘤疾患を抑えることができる。血管を通して血液を押し出すよう、脚の筋肉を動かすといいそうです。

どのくらいの頻度で運動すればよいですか?

かかとに負担を掛けた運動が効果的とされています。スニーカーを履き、かかとから着地して親指で地面を蹴りだすようにして、散歩やジョギングを行うと効果的という。また、簡単な方法としては、ひざを曲げるだけのスクワットを2〜3分数回行うこともオススメします。足に疾患がある方は医者に相談して行いましょう。

弾性ストッキングの着用や冷水摩擦も有効です。ホットとクールがポイント!風呂上りに脚に冷水をかける。医療ストッキングは静脈瘤を防ぐ特殊な厚手の生地で作られています。

薬で静脈瘤の発生を防ぐことができる?

静脈瘤を治すことができる。飲み薬など手軽な治療方法は現在開発されていない。血管静脈を強化する薬があります。

静脈瘤疾患を患っているか素因には食事療法を遵守することが大事

非常に塩辛い食べ物や辛いスパイスを使用した、食事は疾患を悪化させる。さらには、このような血栓のような重い合併症のリスクが高まります。塩分や辛い食べ物が血液中に多くなり、血餅形成をもたらすという。お酒も関係している。 ウォッカ、ブランデー、ウイスキーは血液凝固系および精神に有害な影響を与える。血栓の特に危険性が高い。

たくさんのビタミンを含む野菜の摂取が予防になります。ビタミンA、ビタミン Cが豊富で新鮮な野菜を食べることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク