サイレントナイトに含まれる「リンゴ酸マグネシウム」ってどんな効果があるの?

003bf2fe2795617587790bba92f297f4

寝ている旦那が「ぐ~が~ぐ~が~」と毎日のようにイビキをかいたり鼻を鳴らしているけど、実は生命に関わるので要注意な場合もあります。

いびきの原因と解消方法」という記事を書きましたが、毎日寝ている時にいびきがひどく、口呼吸も目立っている人ほど呼吸障害の可能性が高いです。睡眠中に呼吸が上手くてできない状態は、将来的に「脳卒中」「心疾患」「生活習慣病」のリスクが高まります。

イビキを改善するには、カロリーが高い美味しい食へ物や喫煙、お酒を控えて、健康的な生活習慣を送る必要があります。体重が標準以上の人は脂肪が多くついていますが、お腹周りだけでなく、鼻からのどにかけての空気の通り道の気道の内側に脂肪が付く事もイビキの原因になったります。

喉の通り道を広げて改善するために健康食品を取り入れて、早めにイビキを解消することもできます。【サイレントナイト】
というサプリメントに含まれているリンゴ酸マグネシウムとコエンザイムQ10という成分について、まとめていこうと思います。

スポンサーリンク

喉の筋肉に欠かせないリンゴ酸マグネシウム

287f1c7756506adec91c156fce1e9894

リンゴ酸マグネシウムは、リンゴ酸とマグネシウムという成分が配合されてものです。多くのアスリート達が、筋肉の疲労回復のためにサプリメントとして取り入れています。

リンゴ酸は疲労回復に良いとよく聞きますよね。マグネシウムと結合することで、筋肉や関節の痛みなどに効果的な働きがあると言われています。

実際にこちらの記事では全身の筋肉の疲労、痛みの軽減や、良質の睡眠が得られるという事が分かっています。

これって「イビキ」に役立つの?と、不安に思ったりしますよね。

年齢を重ねると、脂肪が増えたり、筋肉が落ちてくることを聞いたことがあるはずです。いびきをかく人が、眠っている時に正常な呼吸ができていない状態を先ほど話しましたが、喉の奥にある気道が加齢や肥満が原因で、狭くなってしまいます。

リンゴ酢に含まれている「ペクチン」と呼ばれる物質が脂肪の吸収を抑える効果があります。そのため効率よく脂肪を燃焼することが可能です。さらに身体の新陳代謝を高めたり、運動後の肉体疲労の回復が期待できるという分けです。

喉の筋肉が衰えているから「イビキ」に悩まされるようになります。そのためやるべきことは、生活の中で脂肪をなるべくつけずに筋肉を増やす努力が必要になってきます。

筋肉量を増やすために必要な栄養素は主にタンパク質ということは、知っている人も多いはずでも、それだけでは上手くいきません。そこで重要な栄養素がマグネシウムです。増えた体重と一緒に脂肪を燃焼させる効果があります。

若々しさを保つコエンザイムQ10

2bab77d93be99d737ca9cee6f19d3136

コエンザイムQ10という言葉を知っている人も多いはず。一時期ブームになり、売り切れが続出したこともあった程、若さを取り戻すことに効果がある成分です。

特に筋肉が落ちると、それが生活習慣病につながります。コエンザイムQ10は、筋肉のエネルギー源になるもので、筋肉を正常に保つためにも必要なものですが、若いうちは身体に十分備わっていますが、年齢を重ねるたびに徐々に減少し、50代近くになってしまうと、20代の頃より半分以下になることもあります。

日常生活で必要不可欠なものはエネルギーですが、一体どこで生み出されるのかというと、ミトコンドリアという細胞内小器官です。これは各種代謝を行なったり、細胞呼吸などに必要不可欠なものです。

コエンザイムQ10はミトコンドリアの活動に必要なエネルギーをつくるが、加齢の影響で体内の量が減少することが分かっています。体内にコエンザイムQ10の濃度が高いと、酸化ストレスを抑制することができます。また酸化作用があり、筋肉疲労が減少し、疲れにくいカラダになります。

成分加齢や生活習慣によって減少していくので、サプリメントで補給することも大切です。

痩せやすい体づくりも必要

【サイレントナイト】というサプリメントを飲んだからすぐにイビキが治るワケではありません。あくまでもサプリは生活をサポートするものなので、生活習慣の改善も大切です。

体型がスリムな体つきではない人が、何一つ痩せる努力をしないままバクバクと好きな物を食べて、サプリを飲んでも効果がないと言う人がいますよね。

だらだら過ごすことを減らして、食生活を見直すことも大切です。また働いていると毎日の運動はきついと思うので、週末だけでも体を動かし、筋肉量を増やし、基礎代謝量を維持することがイビキ改善につながります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする