すてきな古着と出会うために必要な買い物の仕方

d10741ad14da7457926d7bce009ea1cb

リサイクルショップでは意外と良い服が見つかります。ブランド物の掘り出し物や他の店ではコストが高いものが安く買える場合もあります。しかし、確実によい買い物ができるとは限りません。なので、リサイクルショップや古着店で使える役立つことを紹介します。

スポンサーリンク

古着の買い物は忍耐が必須

リサイクルショップが大好きな人は買い物上手な方が多いはず。そうでない人はかなりの忍耐が必要になってきます。なぜなら中古品を販売しているお店は、物がごちゃごちゃに置かれていたり、欲しいものを見つけるには時間がかかり、何件か店を回ると精神的に骨が折れることも。

また多くの場合、商品にはかび臭い匂いやほこりの多く、アレルギーを持っている人は耐え難い場所だと思います。もし、アレルギー体質ならマスクをすることをお忘れなく、さらに滞在時間も短くしましょう。

ステキなデザインの洋服を見つけても自分にピッタリなサイズじゃない場合もあります。それが気に入っても着こなせないと分かるとイライラしたり、テンションが下がります。同じ服のサイズがないことが当たり前というのが最大のデメリットです。

ただ掘り出し物を追求する欲を持っており、一日の半日を犠牲にしてでも良い服を見つけたい人なら楽しい買い物になると思うんです。古着屋に行くと、欲しい洋服を見つけてもちょっとお値段が高い時がありますが、商品の価格は、入荷から日が経つにつれ、少しずつ下げられていきます。古着屋さんも在庫を抱えたくないという理由で欲しい洋服が売れ残っていれば、値段が下げられてい可能性があります。なので、頻繁に足を運んで予算内に収まるように賢い買い物をしましょう。

ショッピングは戦争だと言う言葉があります。そのように忍耐と決意を抱ける人はリサイクルショップという場所に向いています。

平日の朝や昼の時間帯に訪れる

正直リサイクルショップが毎回混むことはあまりないと思いますが、少なくとも週末や夕方ぐらいから混むことが多くなります。 週末は忙しい場合が多く、人ごみも多くお店が最も忙しい時間帯です。

人が多くいる時間帯に訪れるとほこりやカビが舞う量が増えます。別に平気な人はそれで問題ないですが、そうでない人は混雑していない時間帯に訪れることをお勧めします。

お気に入りの服が見つかるまでとても時間が必要になってくので、可能な限りお店が開く時間に訪れるとゆっくり探すことができます。

友人と一緒に行く

自分の服選びやセンスに自信のない方は友人の意見を聞いてみることも重要です。なんでも意見が言い合えるそんな信頼関係を持っている、友人と一緒に買い物をしてみて下さい。自分ではこの洋服が似合っていると思っても友人にはひどく写る場合もあります。

この服は自分に似合わないと思っていも友達が似合っているよと言ってくれることも。気に入った服となかなか出会わない運がないと嘆いている方は、友人の力を借りることも大切です。

服のサイズやパーソナルカラーを理解しておく

最終的にサイズやコーディネートが良くても色と質感が悪いとオシャレ度が下がってしまいます。部屋着なら問題ないですが、外出先でも着たいと思うような服を選ぶ時は、服の色合いが本当に重要です。

古着を多く扱うお店を訪れる前に自分の体型をしっかりと計っておく、さらに人それぞれ似合う色のことをパーソナルカラーと言います。それらを事前に確認しておくと自分に似合う服のサイズや色が分かるので、洋服を探す手間が減ります。

自分に似合う服が分かっていると、アイテムを探すことも簡単です。また古着選びで大切な事はカラー、素材、質感に加えて服が破けていないか、汚れていないを確認することも重要です。

洋服のコーディネート

古着を取り扱うお店では服が畳まれていたり、ラックに掛けられていますよね。その中から自分が気に入った洋服を手に取り組み合わせて、コーディネートを考える人が多いと思うんです。

衣類を手で持つより、数枚ラックに掛けて見た方が分かりやすいです。ラックに掛けることでこの服にはこの色合いが一番良いと俯瞰的に見ることができます。

服の素材に気を配る

古着でもどうせ買うなら長く着たいと思うはず。それがお気に入りな服ほど長持ちさせて着こなしたいなら摩擦に弱い素材や洗濯すると黄変しやすい素材に気をつけましょう。

服によく使われている綿や毛、絹など素材。このような高品質の綿、カシミア、リネン、シルクなど天然素材、高品質の生地が使われているものなどを理解しておく必要があります。

例えば綿(コットン)は、吸湿性が良く、強くて丈夫なのが特徴です。汗を掻いても繊維が吸うため着心地も良いです。また熱に強い特性があり、アイロンを当てても長持ちしやすいです。

絹(シルク)は、軽くて丈夫、手触りも心地よく、保温性と吸湿性の両方が優れています。着心地は最高な反面、手入れが難しいと言えます。シミになりやすく、太陽の光に当てすぎると変色しやすい弱点があります。

汚れや破損していても買うべきか?

簡単に修復可能ならお得な買い物になるかもしせません。
お洒落な服の装飾が少し剥がれていたり、ズホンのボタンがなくても自分で修復できるなら購入しても損はしません。

汗汚れや少し穴が空いているなら縫えば問題ないですし、汗汚れは洗濯すればたいていの汚れは落ちます。どうしてもほしいけど裁縫めんどくさいなと考えていると後で後悔します。

古着通販サイトの利用は大丈夫なのか

古着屋さんを訪れて、実際に試着してみた方が賢い買い方です。しかし、地方に住んでいると都会のように古着屋さんを数多く見つけられません。最近では古着のイメージが変わるような取り組みを行っているサイトがあります。田舎に住む身としてネットを利用して古着を扱うショップを見つけて、数多くのファッションを楽しむことができます。

7d856f9a566e864b67f779acbe547234

公式:こちらのサイト「ブランド古着通販ベクトルパーク<中古ブランド品も充実>」は、知名度があるブランドから聞いたことのないブランドまで取り扱っています。気になるお値段も古着として買えば半額以下は当たり前ですし、ワンコインの制度があり、お財布に優しいというシステムがあるので、ブランド物に興味が無くても躊躇なく購入できます。

私がいいな~と思った事に、5日間の返品受付サービスがある点です。どんな理由であっても古着って普通返品出来なかったように思えますが、こちらはしっかりサポートしています。通販でサイズが合わないという経験を何度もしている人は、通販で洋服買うのに躊躇してしまいます。

その点、返品保証が充実しているだけで安心できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする