インターネット長時間の利用は思考停止になる?

Double PC

15年前は、インターネットがノベルティだった。その頃にはあまり聞かなかった、言葉があります。

それは「ネット中毒」です。

現在はインターネットがあらゆる方法で人間の脳をダメにしているというニュースや雑誌などでよく見かけます。

スポンサーリンク

インターネット中毒とは?

インターネット中毒は、昔と比べよりもはるかに大きいと言う。

医療や心理的な文書では、そのような依存性は、まだコミットされていません。実際に何十年も精神病の環境リスク要因について研究が行われているようですが、インターネットが、リスクを増加させることを証明するものは何ないようです。一方、インターネット中毒の行動特性が多く、すでに存在する。

例えば、シャワーを浴びたり、歯を磨くことを忘れ、インターネットから脱却することができない状態、ネットサーフィンやオンラインゲームをして、一日の大半を過ごし、十分な睡眠、不規則な生活をおくる。

インターネット中毒の最も顕著な特徴は遅刻、ギャンブル、オンラインゲーム、チャットなどが挙げられています。

インターネット中毒の影響

一般的には、タバコ、アルコール、ギャンブル、多くの依存関係。オンラインでの活動が人間にどのような影響を与えるかについては、まったく分かっていないという。

インターネットを使うことが深刻な影響を与えるという批判は、インターネットの利用時間を自己管理できない一部の人のことを指しているだけでその結果について話をすることは困難である理由です。

インターネットは効果的な教育?

文部科学省では学校の授業で1人1台タブレットが2020年までに使えるよう計画しています。

オンライン教育は、理想的には定期的な教育を行う必要があります。しかし、それは他の教科書、マルチメディア、メディアのいずれかのタイプから別のネットワーク·リンクを作成しません。

現在、スマートフォンやタブレット、PC等の幅広い端末さえあれば世界中のどこからでも教育を受けられ、自分が学びたいことにアクセスし教養を身につけることが可能です。

サービスは、無料のものから有料なものまであります。オンライン講習の受講などから自分に合ったサービスを端末からアクセスし簡単に学ぶことができるのです。オンライン教育は学校へ通うのに比べて、格段に安く(または無料)でいつでもどこでも学習でき素敵な環境を提供してくれる。

精神的な病気の関係が、インターネットの普及に伴い、より急速に普及し始めたというのは本当か?

人生は精神疾患と偏差が珍しくないほど複雑で動的である。もう一つは、偏差を含む情報は、時々あまりにも急速に広がっていることもある。

例えば、とある場所で同じ時間同時に集まり、インターネット上で自殺を共謀者たちが自殺をことを起こる。

また何気なくパソコンやケータイを長時間使用している人は、心身のストレスが増加し、うつをはじめとした精神疾患や睡眠障害になりやすくなる研究結果もあります。

参考:dailymail

ライブチャットの魅力

オンライン上で何か言語を学んだり地球の裏のお友達や仕事のために有料、無料の機能を利用し、表情に感情を乗せ、コミュニケーションし他者をを理解する方法。

私は、ライブチャットの会話が完全にオンラインコミュニケーションで置き換えることはないと思います。

実際に便利でどこからでも学べ話せ、かなり有益であると思いますが、一方で、ソーシャルネットワークは新たなコミュニケーション学校のようなものだと思います。重要な自己プレゼンテーションを行う方法として、それほどではないコミュニケーションの役割を果たしている。

自分を表現することは世界中の人々と対話する特別で贅沢な方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする