太る動かない生活から脂肪をため込まない方法

主婦などの家から動かない人や、自宅で仕事をしているなど世の中にはそんな人がたくさんいます。体を動かす機会が少ないほど体重増加は、避けられない。

ベットから起きて、パソコンを起動し仕事を淡々とこなす。100歩以上歩く事がない・・。そりゃ、お腹に脂肪が溜まるでしょう。

自宅勤務の方が太らずにスマートな体型を維持する方法を考えてみたいと思います。

豊満な体型を悩ます原因は、カロリーをオーバーしやすいお菓子を食べ過ぎたり、睡眠不足を引きずった状態で働くことです。食べた分を消費できればいいのですが、自宅で家事や仕事をこなしているという状態では難しいですよね。

これらの問題を解決するには、簡単なアドバイスがあります。

■ウォームアップを15分行う。

■時間や回数を決めてスクワットを行う。

■立って仕事をこなす。スタンディングデスク「Bauhutte (バウヒュッテ) PCデスク 昇降式 BHD-1000M」上げ下げできるタイプを選ぶといいですよ。

スポンサーリンク

座りがちな生活を簡単に抜け出せない話

このように抽象的な情報がありますよね。運動や立ってpc操作をするという行為は別に悪くわない。正しい事を言っています。

しかし、すべての人が当てはまる事でもない。

私もそうですが、10時間くらいパソコンの前でひたすら仕事をやる。この作業が終わるまで食事をしない。そんなワーカホリック状態の人にスクワットやったほうがいいよ。そんなアドバイスが聞き入れられるだろうか?

運動に慣れていなかったり、普段から運動不足で筋力が足りない人に腹筋を数回して下さいと言っても続かないはずです。意識が高ければ別ですがね。

もちろん、軽い運動は動かないよりはましですが・・。

毎日が座りがちな生活を送っていて、痩せれば心から喜ばしい事ですが、そんな都合のいいお話は存在しませんし、軽い運動だけでは鏡に映る自分の姿に変化があるとも思いません。ちょっとした努力だけでは十分ではありません。

朝、起きてやるべきことを決めておく

太った姿を辞めたければ、紙に絶対に体重が増えないように生活を送るリストを綴る事を提案します。

以前のようにただ目を覚ますだけではなく、生活や思考にプラスになるように行動を起こすしかないです。

食べたいものを我慢するという自分の感情と向き合い。時間をかけて厳しい自己制御が必要です。私は以前に「深夜過ぎまで仕事をしていて、あぁ~甘いスイーツ、ビール、脂っこい食べ物が食べたい」でもこれ以上、太ると取り返しがつかない。努力が水の泡になってしまう。

もし、食べてしまっても次は食べないように分析すれば失敗ではなくなります。

仕事中に食べたい気持ちを抑えているだけでは、ストレスになってしまうので、眠たく無くてもとりあえず、寝る。電子メール、sns、ニュースのチェックで気を紛らわしていました。

これでもダメなら、得意の瞑想をしていました。

毎朝、特定のブランドのコーヒーを飲むという習慣をやめる事が難しいように覚悟が必要です。

食べ物の誘惑に負けそうなときは散歩に出かける

食べたいから「散歩に行かなければならない」と思考を変換してみるのも一つの手段です。

もちろん、お金は持たずに近所を歩き回るだけです。

知的な作業の後に歩くと新鮮な空気を吸って、気分も爽快になりますよ。

お腹は空きますが数値ではけして、測れない効果があります。

散歩は、モチベーションも上がります。歩くことで脳により栄養や血流を送る事ができます。創造的なエネルギーを充電する貴重な時間だと思うと無駄なことではありません。同時に、余分なカロリーを消費することになります。

冷蔵庫の中身に不要な食べ物を入れない

しかし、甘い食べ物やカロリー高めのジャンクフードが冷蔵庫にあれば自然と食べてしまいます。

人は食べたいから食品を買う。家族が購入した食品でもお構いなしに手を伸ばす事もあります。

なぜなら、そこに誘惑する美味しい食べ物があるからです。

ここでは、食品を買う時に意識したいことをまとめます。

■エクレアや脂っこいお肉を見つめて唾液分泌が促されて、唾をのむ。自分自身に問う「もし、私がそれを食べてしまったら、20分に必ず、後悔する」。

■お腹が空いている時に外食が多く集まる場所に出かけない。「私はショッピングセンターに行くとおいしい食べ物を食べてしまう」。そんな経験から断言できます。

■割引の値札に心を動かさない。「半額ではない場合、私はそれを買ったのだろうか?」

■昨日も今日も我慢したから、これくらい食べても平気だ!という心理的な思考に騙されない。

正しい間食する

誰だって、空腹には負けてしまう時もあります。キッチンに行っては、棚を開けインスタント食品をただ触ったり、冷蔵庫の夕飯の素材を見つめたりと、誘惑が凄いありました。

どうしようもない空腹を満たすことができる食糧を手に入れましょう。

ここでは、少し食べる事が一番重要な事です。

もちろん、カロリーが低い食べ物を選びます。好きなものでもいいですが、基本的に果物、野菜、ナッツ類などです。

お腹いっぱい食べたら意味がないので、要注意です。

無意識に冷蔵庫を開けてしまう時の場合の対処方法

口が寂しくなったり、腹が減ってしまったり、人はなぜだか?そんな時は冷蔵庫の前にいます。

私は無意識にプリンを手に持っていたことがあります。あぁ~本当に空腹なのか?それとも口寂しいだけなのかな~ってなりますよ。

本当に空腹ならば、別の食べ物で間食すればいいです。そうではなく、ただ食べたい衝動に負けてしまいそうならば散歩にでかけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする