肌荒れやくすみ肌を撃退に欠かせない生活習慣を見直してみて!

7JmtgjikjeKvkjM

イキイキとした透明感溢れる肌とは程遠い肌荒れが増える時期です。
冬になると外気も冷たく感じますが、この寒さは代謝が悪くなり、お肌にも影響します。

ため息が出るほど肌が乾燥しますし、夏と比べると潤いもなくなってきて、肌もかさかさな状態になってしまいます。

肌の温度が低下すると血管が収縮し血のめぐりが悪くなると言われています。
カラダが冷えていると代謝が悪くなり、肌のターンオーバー機能を低下させます。
その影響がもろに肌にトラブルを招くという分けです。

とりあえず、健康的な生活や体を冷やさないような生活を心がける必要があります。

睡眠時間に気をつける

眠っている間に分泌されるホルモンがつやつや肌に欠かせません。
睡眠中は爪、髪、皮膚を再生する「成長ホルモン」が分泌されます。
この成長ホルモンは、新しい皮膚を作るものであり、細胞が分裂・再生すると言われています。

なぜ睡眠時間を意識しなければいけないかというと、睡眠時間が不足すると自律神経系の交感神経が乱れて、男性ホルモンが大量に分泌されます。

男性ホルモンが分泌されるのが悪いという分けではなく、過剰に分泌されることで、皮脂過剰になり、ニキビ、くすみなどの肌トラブルを招きやすくなります。

実際はそれだけでなく体毛が濃くなる可能性もあります。
美しい容姿とは逆におっさん化するという事態に陥らないためには眠る時間や寝不足に気をつけたいです。

なので、くすみのない美しい肌を維持するためには、ぐっすり眠ることが必要です。よし!たくさん寝ればいいのね。という分けでなく、質のいい睡眠をとることが重要です。無理に長時間眠ることが肌にいいとは限りません。

とくにノンレム睡眠と呼ばれる脳の中で起きる現象も関係していますので、入眠から3~4時間に起きないように熟睡するような睡眠の質に注意します。また22~深夜2時がノンレム睡眠期が良く出ているからその時間までに眠っておきたいです。

とはいえ、なかなか眠れないのよね・・・。とお悩みならリラックスできるような快適な睡眠環境づくりと、スムーズに熟睡に導くために就寝する1~2時間前に照明を暗くし、温かいお風呂に入るなど眠りやすい状態にしたり、本やドラマを見たりしながらリラックスタイムを過ごすなど、自分なりの工夫が必要になってきます。

イライラやストレスを長期間溜めない

ストレスやイライラなどの気持ちの問題を溜め込むと、カラダの不調を招くだけでなく、肌にも影響を及ぼします。精神的な不安を抱えていると乾燥や皮脂が異常になり、にきびや肌荒れを引き起こす事になります。

イライラや心の不調が血流の流れを悪くし、肌の再生力を落とします。ターンオーバーが乱れて新しい皮膚ができなくなり、古い角質が溜まりやすくなります。

ストレスに睡眠不足が加わるとさらにターンオーバーが乱れるので、不安な状態ができる限り少ないように生活を送ることが大切になります。

趣味や適度な運動を生活に取り入れることがストレスを発散させる方法になります。
気分転換や運動をしてもイライラするなと感じているなら食生活が悪いかもしれません。

肌トラブルを回避の近道は食品!
ストレスは環境要因だけでなく、ビタミンやミネラルが不足することでも起きます。
ビタミンC、ビタミンB群が多く含む食品を摂取することをお勧めします。食品で摂れないという方はサプリメントなどで補うようにしましょう。

お菓子の間食だけは避けたい

仕事終わりにお酒と一緒にお菓子を食べるという人も多いと思いますが、この組み合わせがお肌に悪い場合があります。

どうしても食べてしまうことは分かりますが、糖分の摂り過ぎはカロリーオーバーにもなります。それだけならまだしもトランス脂肪酸などお肌に悪い油が使われている食品も多く、毎日食べていると必ず吹き出物が発生します。

美肌を保つには日々の食生活にヒントがあります。
一日の食事は三食摂るように心がけ、バランスの良いものを選ぶ。ビタミンとミネラルをたっぷり含む野菜中心にしたり、脂身が多い肉を出来る限り避けるする。

どうしてもお菓子が食べたい、小腹がすいた時には、健康志向のデザート、ケーキ、スイーツなどの食品をとるのが良いです。美容成分や栄養バランスがしっかり考えたお菓子の種類も多く発売されていますので、それを選ぶことをお勧めします。

お肌の透明感へ導くコツ

肌がきれいな人を見ていると憧れますよね。
人それぞれだと思いますが、透明肌とは、うる、つやつやと透き通るように美しく、肌トラブルとは無縁であり、小さな子供のように年齢を重ねても色あせることもなく、くすみ、シミが一切ないように思います。

透明感へ導くには、日々の努力が欠かせません。
カラダのケアだけでなく、心のケアも大切であり、食事バランスを考えたり、抗酸化成分を含む食品を意識する必要があります。

いくらイライラ・ストレスや睡眠不足を解消しても食事のバランスが悪いと肌は美しくなりませんので、女性が一番気をつけなければいけないことは食べ物を食べることです。

内側から透明感を育むには「アスタキサンチン」と呼ばれる、物質が導きます。これはビタミンEの500~1000倍とも言われる抗酸化力があると言われています。
若々しさを保つ若返り作用があるという分けです。

鮭やタコなど赤い食材や緑黄色野菜を摂ることが透明感がある肌になることに役立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク