面倒臭い家計簿をスマホアプリで管理

3e567ae4bf2fbf30229cc9f7742c9406_m

家計簿は生活の質を上げるものですが、毎回家計簿を付けるのって面倒臭いと思う人も多いはず。私も実際に家計簿をつけていましたが、三日坊主になってしまい長く続くことがなかった。

とりあえず、ダメ元でもう一度やってみるかと思い「家計簿アプリ」を使うことで、楽しく簡単に続けられられました。最近ではただ家計を管理してくれるだけでなく、分析機能までできるアプリも登場しています。

そんな家計簿アプリと言っても、有料のレシートを撮影することで内容を自動的に読み取ってくれるタイプから、多機ではないけど無料のシンプルで使いやすいタイプまで様々あります。

ライフスタイルに応じて使うことが大切ですが、家計簿アプリの便利な機能を把握していないと自分に向いてないアプリをいくつも試してしまいお金や時間を浪費するかも。そうならないように理解しておきたいことがいくつかあります。

スポンサーリンク

家計簿アプリは充実機能

家計簿アプリはユニークなサービスや便利な機能などが豊富にあります。

家計簿をノートに付ける習慣がとにかく面倒臭いから抜け出せる!家計簿アプリはスマホのアプリを起動して必要な記入欄に入力するだけなのですべてが楽です。買い物から帰ってきて家計簿ノートを開くことなく、TVを見ながら隙間時間にちょいと入力、レシートをカメラで読み込むだけのものもあるので手間がかからないという分けです。

また、細かい収支をグラフ化してくれますのでお金の利用状況をひと目で把握することができます。生活の収支を記録する項目ごとに金額を書き出す作業は結構面倒だけど円グラフや棒グラフで視覚化することで、必ず見直せる部分が分かってきます。

グラフにすることで他の月との比較もできるので、具体的に何に多くお金を使ったのか分かります。収入に対して支出の内訳は費目別に分けたりして、集計・分析など知りたい時にその情報をボタン一つで呼び出せます。

レシート読み取り機能を使うことで、いちいちレシート1枚1枚チェックすることなく、データ化し、分析し、家計簿に反映してくれます。

この辺を家計簿をノートにやろうと思えばできなくはないけど時間が掛かるので面倒臭い、その点アプリは隙間時間で入力するので楽です。

進化が続く家計簿アプリの選び方

膨大になる家計簿アプリを気に入るまでダウンロードしたり、消したりしていると面倒臭くなり、やっぱもういいやと投げ出すこともあるかもしれません。

家計簿アプリは有料・無料とどちらも多機能な面がありますが、この機能は絶対必要だと思うことを一旦紙に書くことをお勧めします。

■有料のアプリはお金を払っている分多機能なことが多いです。例えばレシートを数秒で読み取りデータ化し、グラフ化してくれるものや、家族一人ひとりの支出をまとめられるもの、財布やクレジットカードなど、お金がどこから支出があったかを分けて登録するものなど用途は幅広いそんなものまであります。

■無料アプリは広告が邪魔だなと思うこともありますが、有料の家計簿アプリに負けない機能もある場合があります。例えば有名どころ「2秒家計簿おカネレコ」や「Zaim」はとにかくシンプルで使いやすい印象です。

2秒家計簿おカネレコは名前の通り簡単に家計簿を管理できる点が優れています。一ヶ月の収支内訳を数秒で記録できるだけでなく、クラウド会員(月額400円)になれば、データの共有もできるので、家族がいくら使ったか把握できたりします。例えばパパ今月これだけお金使ったから残り一週間、先月の出費を越えないようにお金を使ってねと具体的に提示できるという分けです。

次のアプリZaimには「レシート自動読み取り機能」があるので入力の面倒臭さが一切不要な点がとても便利です。複雑な操作をしなくてもレシートを自動で内容を読み取ってくれます。それだけだなく、コンビニやお店もカテゴリー別にまとめて置けたり、家計簿に必要な最低限の機能もあるのでこれひとつで家計が管理できます。

お金の管理で大切なのは「続けること」これが難しい、有料のアプリを使うことで使わなきゃお金が無駄になるという考えも重要かもしれません。

無料でシンプルで分かりやすいアプリも使い方次第で高機能に使いこなすこともできます。自分に合った、目的にあったアプリを探してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする