「静脈瘤」予防と治療

a1180_048502_m

脚のさわり心地も良く、見た目にも白く美しかったふくらはぎなど、最近忙しすぎてあまり脚のケア出来ていなかった気がつくと凸凹静脈瘤が!?何これと思う方もいると思います。それは足のむくみや血行不良でできてしまう静脈瘤という症状かもしれません。

特に男性と比べると女性に表れやすく、血流が滞りがちな下肢(ふくらはぎあたり)に出やすい様です。なりやすい職種の方は「理容師・美容師・調理師・教師」と長時間の立ち仕事が続いたりする方や座りっぱなしのデスクワーク方が起きやすいく、数年後にだんだんと血管が太く浮き出たり、凸凹脚になってしまう可能性があります。

スポンサーリンク

静脈瘤が起きる要因

■静脈瘤
網目状に広がっている血管が広がったり、膨れて青い凸凹した筋や瘤の形状から弾性と変形を失う静脈の増加で表現されている病気です。一般的には、脚の静脈瘤が露出した状態の様です。これは、血液凝固を引き起こす可能性があり、静脈瘤内の血液は非常にゆっくりと流れていることを言うべきである。多くの場合、皮膚のうっ血による栄養不足のため、色素沈着がおきたり皮膚炎や湿疹をおこしやすくなり栄養潰瘍につながる。

■生活習慣と病気と関連
セールスマン、教師、美容師などの職業の方がなりやすく自分の足で一日立ち仕事をしている人は、静脈瘤疾患のリスクがある様です。また近年では、オフィスワーカーもなりやすいことが分かってきています。さらに運動不足や、筋肉の収縮機能を減少させる下肢の血液循環に悪影響を反映している。同じ姿勢を続けたり、長時間同じ姿勢で座ったりすると特に危ないようです。

■「2030年までの患者数を予測」統計を見て見ると女性が多いのわかります。
静脈弁の静脈閉塞の血流の乱れを伴う静脈瘤は最も一般的に下肢静脈瘤が影響し、最も一般的な末梢血管疾患である。統計データによると女性は26~28パーセント、中年男性の10〜20 %が静脈瘤に悩まされているという情報もありました。

■静脈瘤(じょうみゃくりゅう)の病理学的過程、同じ姿勢を続けていると、筋肉のポンプがうまく動かなくなり、血液を心臓に戻す流れが悪くなる事で、血液自体が溜まって行き場を失った血液が静脈の壁を押し広げます。普段は夜寝ている間に溜まった血液が引くことによって、血管も元に戻っていきます。しかし日々それを繰り返していると血管自体も徐々に疲れ果て、元に戻れなくなり、逆流防止弁も壊れてしまう様です。

静脈瘤の種類

「クモの巣状静脈瘤」は足に影響を与える静脈ごく細い毛細血管が浮き上がり、放射線状に浮き出て、クモの巣のように見える。

「網目状静脈瘤」は青色の網目状の血管が皮膚の上から透けてしっかり見える。

「伏在静脈瘤」は太い血管が凸凹に見えるのが特徴で、足のだるさやむくみ、こむら返りなどの症状が多く、迅速な外科的施術が必要です。

「側枝静脈瘤」は、やや細い血管が浮き出る。

脚に一定の重さや疲労、むくみや足の痛み、痙攣、血液凝固(静脈の肥厚、不均一な皮膚の色素沈着)などの症状がある。このように静脈瘤は、化粧で隠さなければならないなど不便や問題が起きます。この不快な病気の出現と発症を防ぐことができます。

運動を行なうことで静脈瘤を防ぐ

脚の屈伸運動が効果的なので、より多くの運動やスポーツを行うと良いみたいです。自転車、ウォーキング、普段から階段を使う、水泳、水中エアロビクス、ヨガ、ピラティス、ベリーダンス、ラテンダンスなどが筋肉にとても良く循環機能を改善し、柔軟性のある血管を作ることが大切です。

静脈瘤の方が避けたい運動・スポーツ「スキー、サッカー、テニス、ランニング、フィットネスマシン、エアロビクス」足の血流が増し血管が拡張しやすくなるので、静脈瘤の症状が進む可能性がある様です。

スプタ・ヴィラーサナ (横たわった英雄のポーズ)
静脈瘤に効果的なこのヨガポーズは横になった状態で息を吐きながら背中を床に下ろすポーズは少なくとも10〜15分行なうとより効果的な様です。

■自転車を踏込みするかのようにペダルを上げたり下げたりする運動を2分行なうだけでも予防ができる様です。

■足を回転させてる。横たわり、片足を持ち上げて30秒間足を回転させ、両足ともに繰り返します。

もっと探せば自分に合った運動方法が見つかると思いますが、忙しくて運動する時間が取れない方は、仕事で疲れが溜まってしまったときは「フットマッサージや軽いストレッチ」を行ないすぐに解消してあげることが大切です。

冷たいシャワーを足にかけて上げる事も血管、静脈瘤の治癒に効果的な方法の一つであります。両足交互に冷たいシャワーで、マッサージして下さい。

下肢静脈瘤に効果的な食事療法

年齢とともに静脈や血管の状態が衰える事に注意してください。調べてみると太りすぎの人々は、静脈瘤を特に受けやすいことが分かりました。ダイエットは体重を減らすだけでなく、様々な疾患の予防もすることができますし、体の中の不要な老廃物を外に排出する効果もあります。

■体に取り入れる食事にも注意することで、慢性的な静脈機能不全を改善できます。特に食事中に魚介類を含むことが望ましい様で、貝類・イカなどには、ヨウ素、銅が多く含まれており血管の壁が強くなれるエラスチンの成長を促進する様です。

また海藻には、バイオフラボノイドが含まれており、これは静脈瘤の治療に効果があります。海の幸を定期的に食べることは、治癒血管を促進し、静脈瘤のリスクを少なくしてくれます。

静脈瘤予防にダイエット行なう場合、食品にはビタミンEおよびルチンを含むものを摂取する必要があります。

ビタミンPは、ハーブやベリー(黒チョコベリー、クロスグリ)に多く含まれています。ジュースにして飲むと静脈予防に特に効果的であり、足のむくみを軽減します。またヘーゼルナッツにはルチンが含まれ血管の壁を強化して拡張を防ぎます。

柑橘類の摂取も大切ことです。特にレモン水を朝夕に飲むことをお勧めします。ビタミンが豊富に含まれるシトラスジュースやベリーの果実飲料などが良いみたいです。またフルーツドリンク、ハーブ、緑茶などの飲み物も細い血管、血栓の形成を防ぐことが分かっています。柑橘類、レモン、リンゴ、酸味の果実に含まれるビタミンCは、血餅の形成を防止し、血管の壁を拡張するので摂取したいです。

■脂肪が多く含まれる食品と小麦粉食品、燻製や缶詰などのジャンクフードは、静脈の壁拡張の間の静脈弁の正常な動作を妨害するので避けたほうがいい様です。お酒やコーヒーは肉体的にも精神的にも効用のある飲み物ですが、静脈瘤方はアルコールやコーヒー飲料の量を制限した方が望ましく、その理由は血管の負荷が増大からです。

静脈瘤の方に効果があるダイエットメニュー

英語圏の情報サイトなどを見てみると、静脈瘤の方に最も人気のあるダイエットは果物を食事に取り入れる。フルーツの食事療法が人気らしく、ジュースにベリー(ブルーベリー、シーバックソーン)などの飲み物を摂取したり、ナッツ、野菜や穀物の食事療法がお勧めみたいです。またイチジクは血栓性静脈炎を持つ方にお勧めの様です。

フルーツダイエットは、フレッシュジュースの食事療法で夕飯などを置き換えることができますし、ホントに効果があるのかをスポット的に利用するのもいいですね。妊娠中や授乳中は、安全性が確認できていないので行なわないようにしましょう。

着圧ソックス・ストッキングで重だる脚の予防

座りっぱなし、立ち仕事で脚がだるい、むくみやすい人は、むくみを防止してくれる着圧ストッキングがお勧めです。着圧のタイプはさまざまだが、多くの製品は着圧で筋肉の無駄な動きを抑えることが可能です。これにより、下肢循環が悪くなることを予防できます。

血液の循環が悪いと、リンパ管の循環も悪くなります。これがむくみや、下肢静脈瘤の原因になったりします。着圧ストッキングをはくことで、脚全体の疲労を軽減したり、全身を適度に加圧して血行促進することができます。

f79ae699c17cd08fcafa73569cede7f8

公式:「メディカルステイフィット」サイトでは、長年の間むくみや静脈瘤を研究した専門医が開発しているので、圧ソックス・ストッキングを安心して購入できます。

なぜ安心できるのか?「むくみ・静脈瘤」予防に計算された効果があるからです。例えば、着圧ソックス・ストッキングは、お尻・太ももや、ふくろはぎ、ヒザ、それぞれのサイズと圧力のバランスがしっかり計算されている必要があります。

このバランスがどちらか、一方に傾いているとまったく効果がないことになります。締め付けが強いタイプを選んでしまうと、血行不良を起こしてしまいます。緩すぎるとまったく効果がないので、意味がありません。

特に脚のサイズやむくみ度は人それぞれですよね。メディカルステイフィットでは、どれを選べ良いいかよく分からない人、立ち仕事、長時間の同一姿勢などその人に合った。タイプの着圧の情報を提供しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする