極端な暑さに向くトレーニング!これからの季節に「熱中症」対策

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_m

異常気象が起きなければ、夏は日差しが強く降り注ぎ暑い時期です。

外が暖かいと体を動かすことが、楽しくなります。とくに夏になると、多くの人が海に行くので、恋人や他人にだらしないスタイルを見られたくないと身体の引き締めを狙い運動を始めています。

一定期間の運動も悪くないけど、健康的な生活をしたい場合は、季節を問わず、天候や気分に振り回されずにやったほうが一番いいです。しかし、人間の身体は暑さに弱く、熱に負けた時のダメージが大き過ぎる。

暑い天候下での激しい運動は健康にとても悪く、熱中症になり、倒れる可能性が高まり危険です。冬に運動をまったくしていなかった人が夏に慌てて運動をしようと思うと痛い目に会います。

スポンサーリンク

暑さに負けず運動を楽しく、安全にするために何をすべきか?

夏は冬と比べれば外は暖かく過ごしやすい季節ですが、太陽の光がサンサンと照りつけて、汗も異常に掻いてしまいます。身体は一定の熱を溜めすぎてしまうと、熱中症という「めまいや立ちくらみ」「こむら返り」などを引き起こしてしまいます。

熱中症が重症な状態になってしまうと、頭痛や嘔吐が進行して行き、最悪「意識障害やけいれん発作」が起きます。

なぜ?このような症状を引き起こすのか、それは人間の身体は大量に汗を掻いてしまうと、血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下してしまい血液がドロドロになって循環が悪くなり、 脱水症や熱中症の危険が増すというわけです。

血液は、運動時の筋肉に運ばれていると考えると、血流の流れが悪くなる文字通りの意味で頭痛、めまいが起きます。また、問題は、脱水や過熱が引き起こす人体の危険性です。それを防ぐにはどうすればいいか書いていこうと思います。

運動前に身体を冷やす

身体を動かす前にカラダの内側の温度を低くすると運動持続時間が長くなりますし、暑いと身体にストレスを溜めやすくなるので、快適に運動するなら冷やすことも大切です。

運動前に冷えたアイスキャンディーや甘いドリンクに加えて、冷凍バナナや、凍らせたヨーグルト食べる事をお勧めします。

水分補給を忘れずに定期的に水を飲む

よく聞く事ですが、人体の水分量が減りすぎてしまうと身体に異常が起きますよね。
なので、こまめに水分を取らないと大変になるとよく言われています。一般的に熱中症は脱水症状が原因です。特に激しい運動中に、水分の多くを失います。理想的には、運動を始める前に水を15分前に飲む、その後20分毎に水分補給する必要があります。

熱中症のリスクが少ない運動をやってみる

そもそも外が暑いのに無理をして運動する必要はあるのか?そんな時は別のスポーツを試すことを勧めします。夏といえば、ダイビング、​​サーフィンや水泳などのウォータースポーツを楽しむことができます。

どれも魅力的で素敵なスポーツですが、週一でやると言ったら難しいものもあります。一番簡単に始められる「水泳」が良いでしょう。水の中で楽しむ以外にアイススケートリンクも興味のひとつです。屋内アイススケートリンクは、年中楽しむことが可能なので選択肢に入れてもいいかもしれません。

涼しい室内で運動する

もちろん、夏に外に出てランニングしている人を良く見かけます。きつい運動に限らず、人々は屋外で多くの時間を費やす傾向にあり、自然の中での活動はとても魅力的に見えるかもしれません。しかし、一番暑くなる時間帯は日が昇り照り付ける太陽と、暑さの中で過ごさなければいけないですよね。

だから、熱中症や脳卒中の危険性があります。その危険を避けるためにエアコンを備えたジムでトレーニングを行う方が良いです。これができない場合、自宅で効果的なトレーニングを取り入れる事も選択のひとつです。

夏場は17時以降に運動する

夏に外に出て運動する場合は、午前12時の時間は可能な限り避けて、水平線に日が昇る前の早朝や17:00以降に身体を動かしたほうが、熱中症のリスクが低くなります。

休憩する時間を適度に取る

炎天下の中を休まずに動き続けると倒れる可能性が高くなります。そうならないように15分~20分おきに数回休憩を取るようにしましょう。夏のスポーツは特に身体の熱を冷まさないと危険なので、休憩と水分補給が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする