ランニングやジョギングを始める前に下半身と腰回りの筋肉を鍛える意味

ランニングやジョギングを定期的に運動を行なう前に知っておきたいことがいくつかあります。特に毎日のように身体を行っていると自分では気付かないうちに体を痛めている場合があります。

急に激しい運動を行なったりするとトレーニング中に起きる体の不快感につながるんです。

ランニングやジョギングの弱点:足、骨膜、膝に負担をかけてしまいます。
痛めてしまうとなんとも言えない痛みと不快な感覚に悩まされてしまいます。さらに足への負担を増大させる要因が続くと、深刻な障害を抱えることになります。下半身を故障の原因は、運動前のストレッチ不足や間違った走り方などさまざまな理由で発生する可能性がありますが、一度足腰を痛めてしまうと生活に支障をきたすことにつながるという分けです。

スポンサーリンク

気をつけたいケガのリスク

特に問題と考えられているのが、足腰が弱いまま運動をしてしまう人達のケガリスクです。運動分野のここ最近の研究ではケガが年々増加しており、膝や腰周りの筋肉との関係を指摘している。

またこんな例も、ランナーの膝が弱い理由のひとつに股関節の不安定性があると言われています。別の研究では、膝の問題を訴えたことがない人でも腰周りに大きな不安要素があると分かっています。

確かに、ダイエットしていた時に腰周りが張ったような感じを体験したことがあります。

よって、運動を始める前に下半身を中心に筋肉を鍛えると膝まわりの筋肉が増えるだけでなく、骨、靭帯なども強化され、膝が支える力が強くなり走る際のバランスも良くなり安定感が増します。

例えば走る前にしっかりと、下半身の筋力を鍛えることによって、足腰に負担がかかるトレーニングを行なっても体重が変わらなくても結果的に脚に対する相対的な負荷が軽くなるという分けです。

つまり、足腰に問題が起きる前にしっかりと太ももや腰周りを鍛えることが必要だということです。自分の体の状態に注意を払う、さらに運動を取り組むだけでなく、対処する必要があります。

下半身強化に取り入れたい運動はコレ!

外でランニングを行なう前に室内で膝を鍛えることが大切です。
まずスクワット、ストレッチなどのエクササイズを行ないます。これは、股関節外転筋とバランス能力を高め、太ももの筋肉と体の鍛えることができます。さらに不安定な股関節や筋肉量が少ない状態から柔軟な筋肉と体を作る土台になります。

これは膝の痛みを抱えている人が一ヶ月ほどスクワット、ストレッチを行なった結果、膝の痛みが大幅に減少し、その後の運動効率を増加させたという研究報告もあります。しかし、誰でも改善するという分けではないので、注意が必要です。スクワットやストレッチを行なう前に医者に相談することをお勧めします。

また走らないから関係ない人も多くいると思いますが、年齢を重ねていくと将来的に膝を損傷する確立も高くなります。なので普段から腰周りや下半身を鍛える、そんな運動だけでも行なったほうが良さそうです。

YouTube Preview Image

このスクワット運動は太股の全体の筋肉を鍛えられます。

YouTube Preview Image

スクワットが難しい方はバランスボールを取り入れると簡単に下半身を鍛えられます。

YouTube Preview Image

椅子に座り、膝を曲げて行なう運動を取り入れることもできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする