トマトの知られざる「健康パワー」

a0045474amgaa81_m

夏が旬の野菜トマトがおいしいですね。暑い日の料理に欠かせないトマト料理は最高!美容やダイエットにも良いことが分かっていますが、それ以外にもトマトには驚くべきパワーがあり、古くか病気の治療に使われていたそうです。

トマトの歴史は深く18世紀中頃になって食品として食べられるようになりました。治療にトマトを加熱処理したあと、スライスして、患部に当てていた様です。

ダイエット料理として認知されるようになり、様々なバリエーションの料理に使用されます。塩漬けや酢漬けトマトは、伝統的な軽食として、 ヨーロッパ人に欠かせないごちそうになりました。どちらも夏と秋のサラダは最適な美しい色合い、ジューシーで美味しいミラクルフルーツとして人気になったという。

古くから愛されたトマトには、私たちの体の役に立つ成分が豊富に含まれています。

スポンサーリンク

期待の成分リコピン

トマトの驚くべき特徴は、その味や質に限定されるものではない、栄養価が豊富です。トマトの糖、有機酸、無機塩、ビタミンC、E、Aなど多く含まれています。

最近では、トマトは癌と腫瘍予防に効果的だという。明るい赤色のトマトに含まれるリコペンは、腸癌、食道、胃および肺の発達を防止することができることが判明した。リコピンは、女性がなりやすい癌予防に効果的である。

トマトの赤い色素成分リコピンは、様々な癌の予防効果が知られている。最も良く効くとされるのが、前立腺や肺の癌。ほかにも胃やすい臓、大腸などの消化器、子宮、膀胱(ぼうこう)、口腔の癌予防効果についても報告がある。

 癌予防のためにリコピンをとるとすると、「1日に5~10mgとるといい」とクチューク教授。ただし、「生のトマトに含まれる状態では吸収率がよくない。加熱すると吸収率が高まる。トマトピューレなら1日40g程度とればいい」と話す。

引用先:トマトのリコピン、再発した前立腺癌の進行を抑制--米専門医が臨床データを公表

つまり、リコピンの特性によって、有害な影響を及ぼす癌などを破壊すると言うことです。トマトは品種はたくさんあるが、リコピンが多く含まれているのは赤いトマトです。おいしい黄色のトマトにもリコピンが含まれています。また予防だけでなく、リコピンによる癌細胞の増殖を阻害する。

血管の弾力性・美肌を保つ効果

さらにビタミンの豊富であり、カロリーがとても低くダイエット料理に使うと良いです。

トマトに含まれるニコチン酸が血管を浄化溶解し、血管をしなやかにしてくれます。アテローム性動脈硬化を解消する、血中コレステロールレベルを低下させるということです。

美容にも良く、肌の保護やアンチエイジングに効果的です。例えば完熟トマトをスライスしたり、つぶして顔にパックすることで、余分な脂肪を除去し、目に見えて美しいお肌になります。具体的に言うと、毛穴、ニキビ、日焼け対策にも効果がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする