時間管理するだけで、ストレスを軽減する

e47102e2816f106d7ea328332c56f3bc

すべての事柄を時間通りに成し遂げる時間は十分にありません。忙しく働いていると、なかなか自分の時間が持てなかったりします。

こうしていると、知らず知らずのうちに緊張感を抱えていたり、神経質になります。しかし、時間管理することにより、ストレスが軽減するという。

仕事で受けるストレスの影響、自らと向き合う時間が少ないことが根源にあるかもしれませんね。

営業職だった頃、休みの日なのに取引先からメンテナンスしてくれますか?頻繁に勤務時間外に呼び出される。12時間勤務は当たり前、そんな日常に自分の時間なんて持てるはずがあります。

ブラック企業のように不当に長時間労働を強いられるケースだと、時間管理なんてできません。

時間管理の技術を習得したとしても、短い時間でより多くの作業をこなす時間を得るという意味ではありません。優先順位を付け、それを適切に計画する必要があります。

スポンサーリンク

一日の整理が重要

まず、一日の始まりに計画を立てられない。明日の朝に何をやるべきか理解し、何を重点に置くべきかが一番重要である。

もちろん、一週間を過ごしていると、予測不可能な出来事が起きます。計画にない。急用、不可抗力な事が発生する事があります。予定通りに物事が進まなければ、あまり重要ではないその他の予定を捨てます。

友人や家族との時間や仕事の問題だけでなく、食事時間も計画に入れたり、時間外にお菓子やお酒を摂取しないなどの一定のルールを作ります。

優先順位付け

完璧主義者の人でも予定が多くても上手くこなせる人もいると思いますが、現実的に予測不可能な出来事で予定は崩れます。重要な事を優先し、目標に向かって努力を惜しまない事が大切です。

出来る事からまず初めてみるという言葉あるように小さな目標を設定する方が無難です。

自分ひとりで行わない

一人ですべてをこなす人はいません。

デリケートな問題は、自分で解決しなければならないが、人の力を借りてできる事は人様の力を借りて行いことも重要です。あ~ダメだ!という時はど、助けを求めることを躊躇しない方得策です。

恥ずかしいという気持ちより、自分だけで抱え込まない方が心の健康に良いです。

先延ばしが自分を苦しめる

一日のエネルギー消費量が高くなり、疲れ果ててしまう出来事は困難な問題を先送りにしてしまうことです。時間管理ができていれば対処出来ていたでしょうし、こんなに遅くまで面倒な作業に苦しめられなくて済みました。

あ~なんか今は気分じゃない!明日やろう・・。

朝からめんどくさいな~簡単な作業から始めて、複雑な仕事だけが残っていると、疲れた精神では気持ちがなかなか乗らなくて翌日に延長した経験があります。

これって、最終的に困るのって自分なんですよね。時間だけが迫って苦しみ逃げ出したい思いだけが、募るのです。

あきらめて放置は良くない

極端な計画による弊害はやめましょう。肉体や精神に影響を及ぼす行為は生産性を失います。

詰め込み過ぎの作業に未来はありません。

前もって計画する場合、時間がかかる事は後回しにしない、作業量が多くて時間がかかるものは数日分に分割して時間管理を行います。

完璧に物事をこなそうとしない

やることのハードルを徐々に上げるのはいいが、妥当な時間内にできる事に焦点を絞ってください。

最も怖いのはやり過ぎてしまい融通が利かなくことです。手の抜きどころが分かっていないと優れた結果が得られません。

努力の割合をしっかり決めて、一定の自己規律と実践する心得が必要です。すべての事柄をやろうとするあまり神経質になったら元もこうもないと気づくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする