美しさを維持する「ゴールデン」ルールは老化を遅らせる健康的な生活習慣だった

MA487ijga45a

良質な睡眠、適度な運動、食バランスは美を養う「ゴールデンタイム」といっても過言ではありません。透き通るような美肌や健康的な肉体を手に入れるために必要なことについて、理解することが大切になってきます。

特に女性の方は覚えておくと、将来なるかもしれない疾患を防げたり、老化の進行を遅らせることもできる。

脂肪は女性の体を守る大切な働きがある

■脂肪を解消するために腹部の筋肉を鍛えることはスタイルを維持するのに役立ちますが、運動のやり過ぎによって脂肪が減りすぎるとホルモンが出ずらくなったり、月経が止まることもある。

当然、不妊の心配もある。脂肪には内臓や胃を守り、お肌の保温する役割を担っており、腹部の脂肪燃焼のために必要以上に筋肉を鍛える必要はないということです。

将来子供を生む女性にとっては子宮や卵巣を守る適度な脂肪は大切ですね。

ふくらはぎなどの下半身の筋肉を鍛える

■ウォーキングを行なう、ふくらはぎから腰周りを鍛えることで、体全体のバランスもよく見えますし、足のむくみ解消を狙える。毎日少しずつ行うだけで簡単にボディメイクできるのが特徴です。

毎日少しでも継続することが大切ですが、時間がなかなか取れないという方は、ふくらはぎトレーニングを週2〜3回ぐらい取り入れて、行なうと効果的みたいです。また運動後のストレッチを忘れないようにしましょう。

運動前のストレッチは、関節の可動領域を広げることによって、筋肉に刺激を与えやすい状態にして、体全体を動かしやすくしてくれますし、運動する際の怪我予防になります。

また運動後のクールダウンを忘れないようにしましょう。運動によって筋肉に疲労が蓄積させているので、疲れを緩和させるために筋肉をほぐしてあげることが大切です。

翌日に疲れを残さないように疲労回復を促進させる働きがあるということですね。

美容だけじゃないレモンの働き

■朝の午前中に空腹時にレモン水を飲むことで、月経周期の維持に役立ちますし、体内の水分維持や消化機能の向上が得られます。

また、アルコールを摂取して酔っている場合にレモン水を飲むことで、肝臓の働きを活発にさせ、血液中のアルコールの分解改善助ける働きもあります。

ビタミンCが豊富に取れて、美容に良いことは分かっていますが、レモンに含まれる「クエン酸」によって、日々の生活で疲れた身体の疲労回復に役立ち、バランスのよい体をつくってくれます。

夏に向けてだんだんと暑くなる季節は疲労が溜まりやすく、体がだるいと感じる人も多いので、レモン水を飲むことで体の機能をバランス良く保ってくれる。なので、仕事へ行く前に一杯飲むようにしたほうがよいみたいです。

「朝食」は理想的なスリムな体型を維持する

■太りにくい体をつくるために欠かせないのが朝食です。目を覚まし、一日に必要なエネルギーを提供する時間である。毎日きちんと朝食を食べる習慣がある人は、体の代謝が正常に働いているので、理想的な体型を維持しやすいということが分かっています。

朝食を摂取しないままの状態が続くと過度の空腹を感じ、その衝動で、余計に食べ過ぎて肥満の原因になってしまう場合もあります。

しかし、何でも好きなものを食べれば良いということではありません。朝食の基本は野菜や乳製品を主にバランスの取れた食品を選んで、食べることも必要ですが、太らないためや胃に負担をかけないように良く噛むことも大切です。

朝時間がなくて朝食を食べることができない人は野菜ジュース一杯でも取るようにしましょう。

また食べ物を摂取する際に気をつけることがあります。それは食事前や食事中に飲み物などの水分をできるだけ取らないようにすると、良いです。なぜなら水分を取ってしまうと、胃壁を拡大し、食品の消化を遅くする。

しっかり食べて痩せるダイエット

■理想な体型を手に入れるために行なう1日5食ダイエットは、3時間ごとに食べる必要があり、食事内容、食事回数、運動などの要素を盛り込んでいるのが特徴です。

人間は食事をすると体の代謝が上がり痩せやすい状態になり、食事を取る時間の間隔を短くとったほうが代謝が上がっている時間が増えることで、余分な脂肪が燃えやすくなり、痩せやすい体質になる。

5Factor(ファイブ・ファクター)ダイエットは5つのことを守りながら行うことが、大切です。

食事の半分は炭水化物を摂取する必要がある。炭水化物のご飯やパンだけでなく、たんぱく質が豊富な豆類やミネラル豊富な果物、野菜など炭水化物を含む食品で1食の半分を占めるようにする。炭水化物は、玄米、雑穀、など血糖値の上がりにくい食材を選ぶ。

低脂質のたんぱく質をとり入れる。1食の中で1/3を目安にたんぱく質を多く含む肉類や魚類、豆類の食材をとりいれる。脂身のない赤身肉や青身魚などの動物性と、豆腐や納豆などの植物性の2つの二つのたんぱく質である、動物性と植物性をバランスよくとることで吸収効率がよくなります。

たんぱく質不足することによって、体に必要な筋肉量が減少することが知られており、 筋肉が減ることで、基礎代謝量が少なくなり、太りやすく痩せにくい体質になるということです。なので、たんぱく質をまったく取らないとなると、ファイブ・ファクターダイエットには 極めて不利な状況を引き起こしてしまいます。

1食5~10gの食物繊維やたんぱく質の代謝を助ける「ビタミンB12」が豊富な野菜や果物を一緒に摂ると一層効果的になります。

良質な脂質を選ぶ!エキストラバージンオイルやキャノーラ油などの良質なオイルには嬉しい効果がたくさん!オリーブオイルなどの良質の植物性脂肪を選ぶことで、悪玉コレステロールを減らし、ビタミンの吸収を良くする作用があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク