毎日「水」を上手に飲むと健康のあらゆる面を改善できる

a0790_005698_m

皆さんは意識して、毎日多くの水を飲んでいますか?

毎日水をたくさん飲む理由があります。十分な水分摂取は、脱水症状を防ぐだけでなく、内側からボディをきれいにし、水は老廃物などの毒素を排泄をしたり、新陳代謝を促進する。

食べすぎ(過食)を避けるためにお腹が空いたな、と感じたらお水を飲むことをおすすめします。過食予防になり、肥満を防ぐことができます。食事はよく噛んでゆっくり食べると良いでしょう。

その他については、無理に空腹を紛らわせないように注意してください。体内の水の不足は生命に大切ですが、必要以上に水をたくさん摂取すると毒性があるかもしれない。あなたが毎日水をたくさん飲めば、致命傷になり兼ねない心臓発作や内分泌系に問題をを引き起こす可能性があります。

本来カラダに必要な塩分濃度が薄れてしまい、不整脈の症状や自発的な脱水という脱水症状が起きてしまうということです。ライフスタイルの根本的な変更を行なう場合は、医師に相談してください。

スポンサーリンク

毎日飲む水は多すぎる?

45h45rae

1日あたり1.5リットル〜2リットルの水を飲むのが理想とされています。しかし、私たちは、人が必要とする水の量は、男女の体格の違い、活動レベルだけでなく、気候にも依存していることを覚えておいてください。これらの「Mayo Clinic」や「NHS Choices」などの優れた情報元に記載されています。一日どのぐらい水を飲むと良いのかを議論しているが、一部の専門家によっては数字が誇張されている場合もあるそうなので注意してください。

いろいろな権威ある情報源を調べてみると水分摂取量に違いがあり、正しい摂取量が理解できなかった。実際に食品などにも水分は多く含まれているのもありますし、ホントに必要な水分量は分かっていない?

長時間座ったまま状態の不調

デスクワークを行なっているとついつい長時間座ったままでいて、足がむくんだり、肩が凝ったりといったカラダの不調を感じたことはありませんか?

私も10時間以上座った状態があったりとあまり水分取ってないなと実感することもあります。

足がむくんだり、肩こりなどの症状は体内の体液が悪くなる。固まった筋肉を動かしたり、エクササイズを行なうことで解消できます。それ以外にもカラダの水分不足も挙げられます。

室内の冷房が効いていて、汗を掻いていないと感じていても尿や呼吸、皮膚から水分は蒸発しています。尿を除くとカラダから一日約1ℓ近くの水分が失われています。

カラダの乾きに応じ必要な水分補給を徹底にていれば問題ありませんが、仕事に集中し過ぎるとあまり乾きに気付かないことも多い。水分不足は血液の粘度を高め、歩くと動悸がする不整脈の症状など命に関わる場合もあるので注意したいですね。

長い間座っている場合などが多い人なら対策にペットボトルや水筒を手の届く場所に置いとくことが大切です。

しかし、集中しているといつ水分取ったっけ?となってしまう事もある人は、3時間ごとに水分摂取タイムを設けるなどアラーム機能が付いたデジタル時計を身に着けてみてください。また一日の仕事終わりに、少量の水コップ(180ミリリットル)を時間ごとに飲むようにしましょう。

ペットボトルより浄水器がお勧め

浄水器システムを導入してください。最近では水へのこだわりや安全性に対する意識は依然と比べて高く、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを住まいに設置している人も多いと思います。

近頃の浄水器の高除去カートリッジは、水道に含まれるミネラル分を取り除くことがないので、安心して飲めるのが特徴です。機能が優れており、カビ臭、総トリハロメタン、農薬、鉛など、気になる物質をしっかり除去してくれますし、より飲みやすく快適になります。

例えば浄水器を購入するより「レンタル浄水器」を利用した方が浄水カートリッジの取替えや壊れたときの交換などの手間を考えると借りたほうが良い場合もあります。

ペットボトルより、浄水器の方が水コスト的にみても値段が抑えられるので、長い目で見ると家計に優しいと言えるでしょう。

浄水器とウォーターサーバーのどっちがいいの?

家庭やオフィスで身近になっている家まで持ってきてくれる宅配水サービス「ATPウォーター」などが注目されています。

震災をきっかけに安全な水を求める人が増加し、ウォーターサーバーの契約が増えたという。浄水器とウォーターサーバーの違いで言うと大きく異なる点はありませんが、どこにでも設置できるので、オフィスやエステサロンなど社員の健康、お客様のために安全な水が使えることができます。

買い物で最も重量がかさむ飲料水を定期的に買う必要が無く、業者さんが使い終わったボトルを定期的に補充してくれるので、足が悪い人や筋力が衰える高齢者の方に最適なサービスです。

一番のメリットといえば冷水・温水がすぐに使える点が挙げられます。温水を利用すればお湯を沸かす手間も省け温かい紅茶やコーヒーが飲めることができます。しかし、電気代が掛かることやミネラルウォーターの安売りを考えると割高になることもあります。

疲れた時には水にレモンやライムを追加

水にレモンやライムを加えることで、よりよい味になります。この時に水があまりにも酸性になりすぎない様に注意してください。少しの酸味が肌荒れや疲れをリセットしてくれて、効率のよい仕事が行なえる様になります。

レモン水にキュウリのスライスを加えても良い、キュウリの栄養価は低くほとんど水分ですが、体にこもった熱を冷ますと言われ、夏バテ気味だなと感じたら加えるといいかもしれません。

水分量が多い食品を食べる

例えば、スイカ、水分量は92%程度が果実に含まれているという。特に夏の暑い時期に食べたい果物のひとつですね。

詳しくは「スイカを食べると無敵になれるかもしれない」という記事を見て欲しいです。

膀胱炎予防にクランベリージュースがお勧めです。日本ではなじみが薄い「クランベリージュース」ですが、皆さんがイメージするのは酸っぱい感じだと思います。しかし、飲む前のイメージと異なり甘みがなく苦みを持っています。

水分不足によって引き起こされる膀胱炎などの「尿路感染症」にとても効果があります。

冷たい水分をとりすぎない

家庭で冷たい飲み物に氷を入れてできるだけ冷たい方がおいしいと思われがちですが、冷たい水はカラダの温度バランスを崩し体を内側から冷やしてしまいます。冷たい飲み物を摂取する場合はコップに注いで少し置いておけば最適な温度になっているので、十分おいしく飲めるはずです。

体温が下がるだけでなく冷たい飲み物をやたら飲むと、顔や足などがむくむことがあります。

気候も影響する

毎年夏になると熱中症になってしまう倒れる人が増えます。暑い日には、水を飲むことは、もちろん大切ですが、汗をかいたときに失う水分量のバランスをうまく取る必要があります。

水分不足になると頭痛やめまい、吐き気など体調に変化が現れだけでなく(特に極端な条件)脳機能に影響します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする