頭痛の原因になる首や背中のこりをセルフマッサージで解消

ed3b02b68b1afc029e34f7a16930b582

フルタイムで仕事を続けている人の中には、頻繁に頭痛、首の痛みと背中の痛みに悩まされることがあります。

そんな時は、痛い部位にセルフマッサージが効くはずです。疲れからくる違和感を放置すると首の痛みや肩こりが起こりやすい状態になることがあります。特にストレスになりやすい、頭痛は、放っておくと慢性化しやすくなると言われています。

スポンサーリンク

たかが「身体のこり」と考えない

1日中のデスクワークや車の運転など、長時間同じ姿勢だと、カラダのガチガチになってしまいます。ひどいこりの状態は、筋肉の中の酸素が不足し、乳酸が溜まっています。だから筋肉が張っていて硬くなっしまいます。

このような状態になりやすい人の特徴は、ストレッチもしないで、長時間も同じ姿勢を続けたり、いつも同じ筋肉を酷使していることがほとんどです。

また首周りには太い血管や神経が通っているので、筋肉が凝ってしまうと血行が悪くなってしまいます。心臓から送られてくる血液が頭までしっかり、流れなずに阻害されてしまうと頭痛の原因になってしまいます。

さらに栄養を含んだ血液が送られないということは、肌荒れや抜け毛の原因になったりします。例えばシワがひどいからコラーゲンを含んだ食べ物や、クレンジング、美容液、化粧水などの、基礎化粧品をバッチリやっても改善しない場合は身体のコリが原因だったりします。

髪と頭皮を守るために紫外線対策を行い外出する人も多いはずですが、身体のコリが解消していないと血行が悪い状態のままで、薄毛や抜けの悩みは解決しませんよ。

簡単なセルフマッサージを行う

筋肉がこり固まってしまう状態を解消するためにセルフマッサージを試してみてはいかがでしょうか?自律神経の働きが悪い、目が疲れる眼精疲労、頭痛など厄介な症状がある方が、ちょっとマッサージをしたり、身体を動かすだけ改善することもあります。

マッサージや指圧のコツを覚えていると筋肉の緊張もほぐれそうです。詳しくは、首を整えると脳が体を治しだすの書籍をお読みください。

YouTube Preview Image

■首と肩周りのマッサージを行うと筋肉がほぐれ血行が良くなり、肌も活発になるため、肩こりを防ぐ事はもちろん、毎日続けることで改善されるはずですよ。

YouTube Preview Image

■顔と頭のマッサージを行なうと顔のむくみや、コリを取ることができます。

YouTube Preview Image

■背中を伸ばすストレッチは、筋肉がこり固まってしまった人やちょっとだるい人が行なうと、筋肉を伸ばすことができます。

首がまっすぐになっていると「ストレートネック」かも

PCやスマートフォンを使っている時に長時間のまま姿勢が悪いと、首がまっすぐになっています。この状態のことを「ストレートネック」と呼ばれています。首の骨は、30度から40度カーブを描いています。肩こりや頭痛がひどい人の中には、緩やかなカーブを描いて重心を保っていない人がいるそうです。

首元に違和感があったり、首が思うように回らない人は、ストレートネックが原因かもしれません。何かおかしいと思ったら医療機関を受診する事も大切です。

さらに、まくらがない方が寝やすい人も可能性があります。有名大学教授陣が検証済み。多くの整形外科医も警鐘する。最新のストレートネック枕を使用し、首をサポートすることでも解消できます。

一番大切なことは猫背にならない正しい姿勢です。無理な姿勢でスマートフォンの画面を見ていたりすることにより、誰でもなる可能性があります。だから前かがみになる姿勢をしないことや、日頃から筋肉が固まらないようにストレッチや軽い運動をすることも重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする