野菜や果物を食べすぎると体にどのような影響を与えるのか?

Fruit & Vegetable Box

野菜や果物が健康に害がなく無制限の量で食べることができるという、従来の知恵は正しいのでしょうか?植物や動物由来について考えてみる。

野菜や果物は間違いなく代謝の正常に保つために必要な、ビタミンや炭水化物に富んでいる。それらを必要としている臓器や組織の多くは炭水化物から発生するからです。しかし、植物性食品の過度の依存は、様々なリスクを伴います。

野菜の大食いは臓器に負担を掛ける

結局、人間の消化器官はとても繊細な消化管よく、肉や魚のタンパク質、炭水化物や脂肪の種類を加工することができるようにできています。野菜や果物などはアルカリ性食品なので、食物繊維の多い野菜を大量に摂取すると、消化不良を引き起こします。

しかし、肉対照的にそれらは単に消化という物理的処理である。食べ物が腸および盲腸を通り、胃や腸で処理されます。腸に住んでいる微生物が消化液と体の酵素に影響を受けない植物繊維を消化することができるという。残念なことに、大量の野菜摂取は胃や腸に対して無力である。

野菜の大量摂取が身体に与える影響

野菜の大量摂取が身体に危険を及ぼすことは、腹痛、鼓腸、下痢、便秘などの問題があります。その結果、過食の典型的な症状があります。キャベツなどのいわゆる食物繊維が豊富な野菜を大量に摂取していると消化不良など身体に害を及ぼします。

菜食主義は危ない?

菜食主義がいけないと結論付けることができるのか?肉や魚の製品をまったく食べない人は周りにはいないが、卵や乳製品を食べ続けている人はいます。実際に人間の体はタンパク質を必要としている。結果的に健康の基本は様々な、バランスの取れた食事でしょう。なぜなら、果物や野菜の摂取量を多くして、肉の摂取量を少なくすると身体の必須な脂肪酸やタンパク質、鉄分が不足します、このようなことから健康に害になるのでこの食事療法をお勧めすることはありません。

バランスの取れた食事は、身体の活動に必要不可欠なエネルギーを提供することが知られている。人間の体は、食べ物に含まれている様々な物質を合成することができない。人体に必要な栄養素のビタミン、必須アミノ酸や脂肪酸などは、必ずしも食物から摂取しなければならない。

そうでなければ、栄養失調や栄養関連疾患の発症になります。重要なことは、肉や野菜のバランスの取れたメニューです。タンパク質は、重篤な病気の回復に効果的、細胞や血液を強化し神経系健康を保ち、内臓能力が向上します。

植物繊維は、有害物質を吸収し、消化するために必要なものです。当然のことながら、定期的に食べることが重要であり、適切な栄養は、様々な病気にさらされることを防ぎ、長く生きることの近道です。

女性は通常より少ないエネルギーを消費する

消費エネルギーよりも摂取エネルギーのほうが多い場合、肥満になります。 そのため、コレステロールが増加して高脂血症や胆石症になりやすい。食べ物は、鉄を多く含む食品を含めて、より多様でなければなりません。植物のセルロースは消化が悪いそのため、肉料理を含んだ造血を高める、ビタミンB12を取るをオススメします。

太りやすいことは年齢の問題?

女性は閉経すると女性ホルモンが減るので脂肪の分解が少なくなり、急速に代謝、エネルギー需要が減少します。食べることを低減しているにもかかわらず。無計画に同じ食事を摂取していると肥満になることがわかっています。つまり、健康や体重を維持するために一日あたりかなり少ないカロリーを必要とする。過剰な食事摂取は皮下組織中の脂肪の蓄積につながり、脂肪を消費させることが困難となる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク