全然掃除していないキッチンをキレイに!天然素材の助けを借りて

a00fcd33bf9d7a34a20ae17a24a03532_m

キッチンの汚れが気になって仕方ない!という人は、毎日のように油汚れを拭き取ってキレイにしていると思います。そもそも料理を仕上げ終わった隙に拭き掃除を行なっている人がほとんどだと思います。

しかし、世の中の全ての人がキッチン周りを清潔に保っているワケではなく、中には、食器類すら洗わずに何日も何週間も放置する人がいます。そんな散らかり放題のような状態を保ったまま何日もほったらかしにすると、イヤな臭いが立ち込めた劣悪なキッチン空間になってしまいます。

水周りの最悪な状態とは、とにかく、息を吸うたびにキツイいやな臭いがする、コバエが大量に湧いている、キッチンの三角コーナーや蛇口がぬめぬめする(キレイ好きの母が見たら狂乱するレベル)。

調理中に何度も手を拭くタオルアカや汚れにまみれていて、病原菌や細菌が増殖しやすい環境になりやすいです。毎日掃除をしているという人も台所のタオルの取替えは忘れないようにしましょう。

料理をする場所である「キッチン」はつねに油、脂肪、石灰などの汚れの元になるような原因があります。そのような頑固な汚れを落とすために界面活性剤が販売されていますが、お金が掛かってしまいます。

なので、現代の技術と組み合わせながらおばあちゃんの豆知識を取り入れながらキッチン周りをキレイにする方法を試します。

スポンサーリンク

スチームクリーナー

YouTube Preview Image

蒸気は頑固な汚れを落とすだけでなく、目に見えない病原菌の元になる微生物を除去することに役立つツールの一つです。油汚れがひどいキッチンのコンロや換気扇などにこびり付いた汚れを落とすだけでなく、食器キャビネット、棚、オーブンなどに、使用することができます。

機能性が高い蒸気スチームクリーナーを選ぶことをお勧めします。「シャーク スチームクリーナー(パープル)Shark スチームクリーナー オールインワン プレミアム SSA005KD」は、30秒で高温スチームが立ち上がり水を入れて数分待つ手間も省けます。実用性も高く、キッチン周りや、羽毛枕、ソファ、カーペット、カーテンなど手入れが怠りがちなところをきれいにすることができます。

酢と言えば料理で使う印象が強いですが、汚れを落とす台所用漂白剤の代わりになります。特に洗剤を使うのを躊躇ってしまう冷蔵庫、キャビネットや引き出しなど、に酢を使用すると安全面に不安を抱くこともなくなります。本当に魔法のような自然の洗浄剤。

お酢には殺菌力がありますので、お肉やお魚を保存するチルド室を清潔に保つことができます。菌の予防だけでなくカビの予防もできるため、ある程度冷蔵庫内が清潔に保つことが可能です。

酢は直接使う?それとも水で薄める?
ボールに酢と水を入れて混ぜ合わせて、タオルが汚れと感じたら一旦水ですすぎ。酢(水で薄めた)ものに付けてやってもいいですが、拭き掃除を楽にしたいなら、お酢と水をスプレーに作っておくと便利です。

■お酢スプレーの割合は、お酢と水を1:2の割合で薄めて、スプレーに入れるだけで完成です。後は汚れが気になる部分に吹きかけて、拭き掃除するだけです。

重曹

お酢と同様に重曹も掃除に使える便利な調味料の一種です。重曹は、汚れを落としたりと掃除に利用されていて有名ですが、料理のニオイ消しとして使います。

また消臭効果も高く、湿気を吸収してくれる効果もあるため、雑菌の繁殖を抑制してくれるような働きもあります。つまり、カビや細菌が繁殖しやすい場所に重曹を置くことで塩やコショウなど調味料の湿気を抑えられるという分けです。

やり方も簡単で小さなビンに重曹を入れ、蓋の変わりに布やキッチンペーパーを被せます。布が外れないように輪ゴムやヘアゴムで止めて、湿気が気になる箇所に置くだけです。

重曹は、天然の素材のため、洗剤の利用が難しいところでも使えるので、衛生的です。

それだけでなく、シンクの周りの水垢や脂肪、油カスの汚れがひどくケースにも役立ちます。

例えば水を入れた霧吹きを使い汚れがひどい箇所に吹きかけた後に、重曹をふりかけ、もう一度霧吹きで重曹に水分を含ませて置きます(そのまま3時間以上放置)。その後しっかり重曹を洗い流したり、スポンジ拭き取るとこびり付いていた汚れが楽に落とせます。

歯磨き粉

歯磨き粉は。歯の汚れを落とすだけでなく、ふだんお使いにはならない銀器をピカピカにすることができます。普通の洗剤でも磨けばキレイになるけど手が荒れるからイヤという人は、スポンジや、柔らかいブラシに歯磨き粉を垂らし優しく無心で磨くと心も洗われるかも知れません。

スクラブが入ったタイプの歯磨き粉は食器が傷付くことにつながります。なので、スクラブが含まれていないタイプを選びましょう。マイクロファイバーなどの柔らかい布円を使い描くようにこすります。新品のようにピカピカになったあと、十分に水で洗い流します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする