今後の人生を変えるには、2016年の変更点と行動計画

96046f4a92e3515180eaf9bc17733

私の人生はこのままでいいのか?そんな雑念と目に見えぬ焦りを抱えながら、新しい年を迎えています。その理由は2015年12月いっぱいでこれまでお世話になった会社を退職したからです。

しかし、掛け持ちの仕事をしていたので、一つの職を失った程度と考えていますが、各種税金、社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険)が天引きされて10万円程度の収入を失うのは正直「死活問題」です。後悔していると言えばそうだけど、私の身体の健康や今後の人生を考えると、ダブルワークがいつもで続けられるか不安だし「大丈夫だまだやれる!」と心の底から思えなくなってきています。

だから思い切ってメインの仕事をやめてみた。もちろん何もしない、という話をしたいのではない。家賃はバイト代で補い、食費やら細かな経費はちまちまと溜めていた貯金を使いどうにかなるだろう。この話は別の機会にしようと思います。

とりあえず、この2016年が自分自身により良い一年になるように人生の変更や変化が必要かを明らかにする必要があると思うのだ。

例えば何かしらの多言語を学ぶ、新しい仕事を見つける、再度学校に入り直す、ダイエットをする、敷居が高そうなカフェに入る、未開の地に旅行に行く、今までの鬱憤を同僚や上司に物申す、こんな国は嫌だと日本を出ていくなど、人生を変えるためにやるべきことがあるかもしれません。

しかし、これらの目標を達成するにはどうしても何かを犠牲にしなければいけない。特にここ数年適切な時間を持つことが難しく、計画を立てた事やちょっとした願いすら叶うことがなかった。私の人生を振り返ると、沢山の鼻くそを丸めてギュウギュウに固めて作ったようなどうしようもない激まずい料理だと思います。なぜなら、健康で健全な精神を求めて生まれ変わりないと思ったほど、人生を無駄にしてきたからです。

目標設定の本質の一つはプロセス力である。さらに時間を有効に使える「適切な時間」も必要です。2016年にしたい事を30日ごとにまとめて計画しなければならない。

物事は単純です。本を30ページ読むために朝早起きしたり、眠る前に外国語の単語を10個覚える。厳格に実行する心があれば意外と簡単にできたりします。こんな簡単な事もできないと罪悪感が襲います。出来ない言い訳ほど苦しいものはないです。

こんな生活にはうんざりだと嘆いてばかりいられないので、新しい習慣を取り入れたり、悪しき習慣を変更するためには有意義な時間の使い方が大切です。30日間、今までの習慣を変えての生活は間違いなくきついと思います。いつもより早めに起きていると、昼過ぎにものすごい睡魔に襲われます。自分で立てた計画を中断したくなるし、怠惰に過ごしたくなりますが、将来の不安を糧にやるしかないのです。

スポンサーリンク

1月はスキルを磨く計画と目標設定

何もしなければ目標は常に遠のきただの幻影風景にしならない。目的があるから何かしらのスキルを習得し、将来のための糧になると思うんです。自分の人生なんだから、計画を立てたらそれらを分析する必要があります。

2015年は、正社員を目指さずに派遣契約とバイトのダブルワークという働き方をしていたけど、正直しんどかった。簡単に言うとこれが結論と教訓です。後はこのポンコツ身体では、足元と数年先を見据えた視点で考えると、どうもこれから先、安定的に暮らしていけそうもない事が分かりました。

じゃあ。今年はどうするか?新しい生活基盤を作るための「目的、目標、欲望」に修正を加える必要せいだったり、このルートでは奈落に落ちてしまいそうだと、軌道修正をします。ちっぱけな脳みそをフル回転させて、可能な限りやるべきことや、出来ることを策定するだけです。

これをやってみると、自分も持っているだろう。本当の能力や資質が分かってきます。プロセスはもっとも地味で、途中で計画を投げ出したくなるほど退屈です。経験値がちまちま入っているけど、なかなか目に見えてレベルUPしてくれません。目標設定は、もっとも努力が必要とされる計画であり、計画に従わないと目的は達成されません。

もうね。苦行です。魂を磨いているような行いだと感じています。毎日の様に何もしなくない気持ちが湧いてきています。

2月は脳みそでも鍛えようかなと思う

ここ最近になって、脳の不思議な世界に触れてみて思う事は、毎年のように知識は増えていくが、代わりに思考の発想が鈍ってきて衰えているように感じています。昔に書いたブログや日記を読み返すと、文章はお世辞にも上手いとは言えないけど、不合理というか、狂気の中に創造的な考えがありました。中学生なのにOL風の日常生活を想像で書いてたり、ひきこもり時代に書いて日記にはドロドロとした感情が詰め込まれて面白かった。

今そんな風に書けないし、毎日の様に絵も描いていたけど、もう何年も自己満足の作品を描けるよう気分も起きない。真っ白な紙に鉛筆を走らせることができないのです。まるでもう一人の人格が自分の中の何かがブレーキをかけてしまうような感覚です。

つまり、いつの間にか、創造性が失われている気がする。たぶん寝たきりでベットに汚物を垂れ流した時に失ったと思うのです。

脳科学の本書を読むと右脳は創造的に考える能力がある脳だと言われています。今まで出来ていた事があまりできなくなった。その現実を考えると、脳の右半球に持っていただろう。能力が失ったとも考えられます。

とりあえず、脳を鍛えるトレーニングでもしてみよう。

■運動の習慣と、左手で何かしら描く、作る。

■小説やノンフィクションの本を読むときは、今まで以上に世界観をイメージして読むように意識する。

■左手でだけを使うように暮らしてみる。スマホを利き手と違う方の手を使ったり、お化粧してみたり、歯を磨いたりと日常生活の負担にならない方法で脳みそに刺激を与える。

3月は職場に歩いて出勤

今までは週3のペースで近所の運動公園でジョギングとランニングを交互にやっている時間も減らせると思うからとりあえず、やってみようと思います。

掛け持ちの仕事をしないつもり、だから40分の道のりを歩いて行けるはずです。帰りは坂道地獄があるので、1時間かかりますが、体調と相談しながら頑張れる。

座りがちな生活も改善できますし、食べ過ぎてもあまり体重は増えない。ダイエットにもなるぞと、プラス思考で考えれば苦になりません。歩くと決めたら歩数計アプリをダウンロードし、生活習慣病の予防に最適な「1万歩」を目標にするといいですよ。

「1万歩」はカロリーでいうと、300kcalの燃焼になります。

けっこう長い距離歩いていると自覚していてもそれだけなんですよね。ちなみに1万歩を達成する時間は70分ちょいかかります。一時間歩くだけでは無理みたいです。

4月は英語力を総合的に鍛える

私は日常生活に困らないレベルの英語力を持っていけど、話す、書く、読む事を完璧にできると自信を持っていますとは言えない。英語の本を1冊読み終えるまでところどころ辞書を引きながら時間をかけて読んでいるので、まあ英語力が足りない。英語の本を読み慣れている人になるためにも勉強しなければいけないのです。

■英文リーディングの力をつける(Amazonが扱う書籍の洋書を読む)。

■海外ドラマや洋楽など熱心に耳を傾けます。TED Talksや、YouTubeなど興味があるようなテーマ動画をみたり、インターネット上で無料で英字新聞も読むことができます。

5月は早寝早起きの生活がしたいというか、やる

不規則な生活習慣をしていると、身体の不調を招くことを知っているので、早寝早起きで体内時計をととのえるだけで、エネルギッシュな一日を送れます。今までは夜1時~2時に就寝していたので、このリズムを夜の10時ぐらいに設定してみたいですね。

課題は毎日朝の5時に起きれるようにしたい。職場は朝9時から始まるのですが、それまでに2時間半ぐらい貴重な自由時間を得られます。これで寝過ごすことなく、余裕を持って歩いて出勤できますし、勉強する時間やブログを書く時間も確保することができます。

6月は甘いお菓子を食べる事を避けるぞ

6月まで健康維持ができていない場合に適切な栄養が体に足りてない事も考えられます。自分で立てた計画がストレスになり、食べ過ぎで健康を損ねている可能性もあります。私が大好物な和菓子や、バターが絶対大量に使われている洋菓子を食べ過ぎているかもしれない。

とりあえず、30日間ぐらい菓子や砂糖を我慢することはできます。道のりは甘くないが、繊維を多く含む寒天を使った和菓子や野菜スイーツを作り急場をしのぐ事もできます。

■菓子パンは食べない。何よりも大好きなポテトチップスも食べちゃダメだぞ!

■口さみしいと感じたらナッツや果物を食べろ!

甘い食べ物の誘惑に負けたら今まで努力していたことが崩れかける。途中であきらめたら、それはとてももったいないことだ。新鮮な果物、野菜を食べる習慣を身に着けて最善をつくします。

7月は働き方改革

ここ数年はワーク・ライフ・バランスとはかけ離れた暮らしを送っていましたが、働くことが生きる目的になっていてそれ以外の時間の生産性があまり持てなかった。できるだけ勤勉に働くことは美徳だと思いますが、プライベートの時間をリフレッシュできなかったり、あまり効率的に何かを学ぶ時間を持てなかった。

変に努力しても報われないとバカみたいと思っているので、柔軟性を失う前に仕事を辞めた理由でもあります。よりスキルに合っている、別の仕事を見つければいい。そうでなければ生産的になれません。空いた時間にやりたいことをする。それだけで、これから先、人生の選択肢は必ず広がるはず。

生産性とは、少し考えてみたんですが、適切に一つ一つ物事にエネルギーを配分してく力だと思うんです。しっかり時間を管理できるようなるだけでなく、できるだけ少ないエネルギーで学ぶ事ができます。

■本当の意味で現在のやるべきことを必死に学ぶ。

■適切に時間管理を行い、時には準備し、無駄な時間を作らない。

■小さなことの積み重ねが大事なので、些細なことに気を取られることなく、今やるべきことに集中することが大切です。

8月は金融リテラシーを身に付ける

私が想定している以上に貯金を切り崩して生活している可能性もあるので、予算計画を見直すかも。むちゃくちゃな金銭感覚は持っていないけど、無駄なモノを買ってしまっているかもしれません。私にとって金銭管理は非常に難しい課題になるでしょう。

■目先の目標を考える前に個人の財政状況を把握したり、管理を怠らない癖を付けないと、この先やりたい事するままならないと思います。

■小さな衝動買いすら許されないぞ。ファミマでレジ脇の揚げ物や肉まんの誘惑に負けない。小腹が減った気がしてもそれは気のせいだ。

■お金について、教育レベルで学ぶ必要もある。世の中の「お金の流れ」をどうなっているか? 単純にそれすら語れないのです。

残りの数カ月は計画の修正や追加

今年一番力を入れて、2016年の計画をここまで書き上げて思う事は、何かしら失敗してもいい思い出になるだろうし、自分に期待し、私を信じて行動するだけです。何か良いことをすれば必ずしもいい風が吹くわけではないことも知っています。しかし、このままの生活ではダメだろうと自覚したままなんとなく、日々を送るより、計画を立てて行動することを提案します。

2015年に知識として蓄えていた。テクニックを実践し、今年やるべき計画を試すだけです。30日という時間で大きく成長する事は、ないかもしれないけど、少しづつ何かしらの変化に気づくと思います。

さて、頑張るか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする