健全な関係が保てない「欲求不満」な状態を解消するコツ

a1180_014587762_m

人との出会いがあると同時に、私達は対人関係に欲求不満、憤り、時には神経が磨り減るような破壊的な関係になってしまうこともある。そんな心身共に健康に悪い気持ちを抱えたまま。その人と多くの時間を過ごしています。

この人と上手く関われないから。「自分はダメだ」というレッテルを自分自身で貼ってしまうことが、対人 恐怖や自信を失ってしまう大きな原因になる場合もある。

なので、可能な限り、実りある関係を築きたいものです。

スポンサーリンク

足りない部分を補う関係

スポーツチームと考えてください。
一緒に仕事することは、自分一人ではできないことをサポートする仲間が必要です。ときには足りない部分を補う関係は、素晴らしい結果を生む。互いに支えあうと相乗効果が生まれ、幸せな関係が築けます。

試合前にチームとの話し合いでは、その日に必要なことを話し合い。報告事項に関する対応など、全体の流れを把握することに加えて、今日の体調は問題ない?ケガの状態は?などコミュニケーション能力は欠かすことのできない要素です。

仲間に何が足りない部分が見えれば、そこを補える。手を差し伸べられると助かりますし、相手が困っていれば一緒に問題解決も行なえます。お互いの満足度を高められるだけでなく、新たに双方のコミュニケーションに繋がります。

本当の気持ちを隠さず主張する

しばしば、お互いに自己表現が上手く取れていない。
明日から急に攻撃的な自己主張や理解不能な主張ではなく、自尊心と相手を思いやる気持ちを持ち個人的な意見を言うことは良いということです。

人間関係を円滑に導くには、相手の意見もしっかり理解すること。本当の気持ちや感情を隠しているなら言葉を選びつつ発言することが大切です。

何一つ良いことも悪いことも言えない二人なら「人間関係に紛争が起きることもなく」常に平和と静けさを保っています。長期的にそのような状態が続く場合もあります。

お互いをサポートする

夫婦のような関係を演じる。
適度な距離を保ちつつお互いが歩み寄りながら、相手のサポートを上手に受けて困難に立ち向かうことになってもその負担は一人で抱えるよりも少ない。

そんな姿勢や何でも言い合えることができる。環境は仕事に集中する事が出来だけでなく、信頼関係も高められます。

そんな健全な関係がお互いをサポートするという意味です。

もし、夫婦どちらか一方が苦労を抱えているとお互いをサポートできていない状態になります。そのような状態だと、愚痴を吐いたり、不満が溜まり、最悪離婚するケースがあるそうです。

ギスギスした関係を防ぐにはお互いに尊重し、お互いを理解することでしょう。

欠点をさらけ出す

完璧な人間はいないことを知っているが、多くの人は自分のダメなところや欠点を隠そうとします。

いい子ちゃん過ぎるとこの人の本性を疑いたくなります。
誰でも汚い部分やだらしないものを持っています。欠点を頑固に隠すと、その人の全てを信じても良いのか?と不信感を抱いてしまう。

自分の性格や行動に欠点があり、それと向き合わずに自分を偽っていると疲れてしまう。「欠点をさらけ出す」というのは特別な関係を築く素材で、相手に私はこんな欠点を持っており、それを明らかにして付き合うと、信頼の深い関係を築けるものです。

普段はグチも多い、妬みやすいなどをさらけ出してしまうと、意外と自分の欠点を隠す必要もないことが判ってきます。

健全な関係では、お互いにオープンであり、欠点も受け入れてくれる。だから恐れる必要はないという分けです。

下ネタも受け入れよう

幸せで健全な関係なら平然と下ネタの話をする必要があります。

たとえば、最近いつやった?友達とヤラシイ関係などの話をすることです。本当に良好な関係ならば、恥じることはありません。

下ネタ=あなたが信頼するできる人。
嫌な人もいることは、理解していますが、職場や学校の人間関係で生きていくために下ネタに上手く対応しなければならない時が必ず訪れます。

下ネタにつき合うはない!以上!と言われればそれ以上何も言い返せない。これも人間関係に不可欠なひとつという分けです。

お互いのプライバシーを尊重

友人はもちろん、家族や夫婦の間柄でも、プライバシーを守ること破らないこと。特に性に配慮したかかわり方には慎重に行動すべきです。踏み入っちゃいけない事柄に触れたりすると人間関係が悪化します。

例えばあなたが彼氏のSMSメッセージやメールを確認しているとプライバシーを確実に侵害しています。親しき仲にも礼儀ありという言葉があるようにパートナーに確認を取らずに私物を勝手に触ったり、見たりすることをやめて下さい。

信頼と裏切りは紙一重な世界、そのようなプライバシーを犯していると幸せなカップルになりません。人には、それぞれプライバシーの権利を持っていることを忘れないで下さい。

お互いを信頼しない関係とは?

信頼という言葉や行動は重要です。
信頼がなければ、誰一人信じられなくなりますし、相手に対して不信感しか抱かない状態になってしまう。

もし、パートナーを信頼しないでいるとどうなると思いますか?
心は落ち着かず、常に不安定な心理状態になり、毎日緊張してしまう。さらに相手を信じてないので、すべての言動や行動を疑う。

パートナーが一人で外出。または友達とどこかに行く、仕事に行く時も、相手の行動が気になり、神経質になってしまいがち、そんな状態を快適と言えるでしょうか?

この気持ちは確実に相手との信頼が薄れ、修復不可能な関係になる場合も・・・。

タブーに触れない

相手の人格や誇りまでを傷つける言動はタブーにあたります。

例えば好きな趣味趣向や信仰心などを踏みいじるような言動や一方的にダメだ!嫌い!と決めつけてしまうと問題になります。

その人がその場では何の問題なく対応していても後から。混乱、怒りを覚えあなたに対して、否定な気持ちを抱く結果につながる。

お互いに相手の考え方や趣味嗜好を理解する努力や尊重が大切です。最も重要なのは、会話が熱くならないこと、感情を冷静に保ち、愛する人の意見を尊重しています。(嫌いな人でも)

過去について語る

私たちはそれぞれの過去を持っています。
時には最愛の人の過去を知ると痛みを伴うこともあり、事実を受け入れられない場合もある。

過去の人間関係が最悪だったしたら罪悪感が心に残っており、その罪悪感を克服していないと今も人間関係で悪影響が出る事もあります。

しかし、忘れたい過去だったら話す必要はないけど、信頼している人なら過去について話すことを恐れてはいけません。

過去の経験をいつまでも忘れられずに苦しむでいるなら話してスッキリすることもあります。また良いアドバイスをもらえたり、様々なサポートを受けられるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする