デオドラントスプレーとクリームどっちを選ぶべき?

b06d5559b341541030954593a81fa

じっとしていても汗が噴き出す暑い季節には、主に二つ、汗と臭いという問題がありますよね。特に女性にとっては服に付いたシミも臭いも気になる汗は大敵!時には悩みの元になってしまう汗について少し理解する必要があります。

スポンサーリンク

あのニオイの元って一体?

ヒトのエクリン汗腺の総数は約300万個以上あり、体が正常な温度を維持できなくなった際に、継続的に汗を分泌する大切な機能です。私たちが暑さやエクササイズなどで、かく汗は、エクリン汗腺とよばれる皮膚にある汗腺から分泌されるものです。

汗自体は正常に体の機能を保つために必要ななので、何の問題もなく健康上では安全です。ただし、水分がない臭気を持っていないことが重要です。

エクリン汗腺から出る汗は、いやなにおいの直接的な原因にはなりにくいものですが、脇の下や足の裏というのは、細菌やバクテリア発生しやすい場所なので、汗の水分と関係があり時には不快な臭いやかゆみを引き起こす原因になったりします。

もうひとつの汗腺、アポクリン汗腺は特に気をつけたい、これは「わきが」の臭いの元になってしまっているものです。アポクリン汗腺に含まれるたんぱく質が毛穴から分泌し、これが元で、臭いがきつい状態になってしまいます。

汗の臭いを取り除くために無駄に商品を試したり、お金を必要以上に使わないように正しい知識と対策が必要です。

スプレータイプと直塗りタイプどちらが正しい選択?

■汗をかいたときに使うデオドラント(制汗剤)スプレーは、一般に汗を抑えるために効果的である。脇の下にシュッと吹きかけるだけで、鮮度やクールな快感を与える。これらのスプレーは残念ながら、常にアレルギー反応を起こしやすい、敏感肌の人にはあまりお勧めしません。

■最近流行なリップスティックは小さなポーチにも簡単に入れられるので、とても便利!多くのスペースを取りません。また直塗りタイプは肌に直接塗るので効果が長時間持続します。さらにめったにアレルギー反応や過剰な刺激を引き起こすことはありません。

敏感肌や乾燥肌を持っている人、個人の体臭の違いによっても製品選びが違ってくるということです。

■デオドラント(制汗剤)

暑くて汗を掻いて不快な臭いを感じたら、あなたの皮膚に多くの細菌が発生していることを意味します。破壊臭いを解消するために制汗スプレを使う。理想的には、除菌効果があるものを使用して残り、お肌にやさしい植物性の制汗スプレーで汗を抑えれば十分だと思います。

制汗剤に含まれているスプレーは、トリクロサン、ファルネソールなどの物質のいずれかを含んでいる。これらは強い殺菌効果が得られるのが特徴です。

棚には迷うほどの制汗剤が並ぶ市販の制汗剤やデオドラントアイテムを見ればわかるように、人に不快感を与えないために「エッセンシャルオイル良い香り」は必ずといっていいほど色々と合成されています。敏感肌の注意する必要があります。肌に問題が起きないように上質でナチュラルなエッセンシャルオイルを使う必要がある。

汗とエッセンシャルオイルが混じっても臭いが変にならないような自然な香りや相性が良いものを選ぶといいです。例えばエッセンシャルオイルの香りが100%配合されてものが良い理由としては、合成の香りの場合は汗と混じると変な香りになったりするので、汗の不快なにおいと混ざっても問題ないナチュラルアロマタイプがお勧めということです。

運動や暑い日に掻く大量の汗の大幅に発汗を減らす。成分は、アルミニウム、亜鉛の有機塩であり、部分的に汗腺を抑え、汗の量を減少させる。これらは汗腺を抑えるだけなので、細菌排除している分けではありません。

優れた、制汗剤を購入すると、すべての問題を解決できることになるが、一番大切なポイントは、汗をかくこと自体は身体や肌を健康に保つために必要なので、汗の抑えすぎやりすぎは良くないことだけは、美容や体調のために覚えておきましょう。

デオドラント、制汗剤ダブル効果を提供するメーカーの多くは、発汗を軽減し、殺菌など多くの作用がありますが、注意したいのは、軽い体臭やワキガでない人が強い殺菌作用の製品を使うことで、黄色ブドウ球菌など強い菌が繁殖する可能性があり、汗腺炎、毛包炎、皮下組織での感染である蜂窩織炎、筋膜炎を起こします。

デオドラント(制汗剤)を適当に選んでいると厄介な感染症を引き起こす場合もあるということです。

どうしても臭いが解消されない

もし、あなたが汗や衛生的な化粧品を使用して匂いを取り除くことができない場合は、医師に相談することが大切です。多量の発汗に関連する多汗症などのような疾患が背景にある場合も、多くの原因に挙げられているのが、神経系と内分泌疾患だけでなく、代謝障害の症状などがある。

■香水の匂い
パフュームドデオドラントフローラルとフルーティーな香りの素晴らしいニオイに癒されますが、 添加剤、脱臭剤、香水において使用される香味剤は、石鹸、クリーム及び香料に添加されるものと異ならない。

消臭剤の種類によって、一時的に、数時間、汗腺や細菌にある程度の効果を与えます。自然成分が配合されたアロマの香りはお肌へのやさしい作用があり、暑さから来る汗によって引き起こされてる皮膚トラブルの軽減や緩和にも役立ちます。

■アルコール消臭剤
アルコールは殺菌特性を有することが知られている。しかし、アルコールには重大な欠点あり、長期の使用していると、乾燥や脇の下の余計な刺激の原因となる。 アルコールが含まれている場合は、ハーブの成分が濃縮されていることが望ましいハーブのエキス:カモミール、ミント、アイビーなどは皮膚の炎症を抑える効果があります。

デオドラント(制汗剤)を使用する際に覚えておくべきポイント

体臭が軽い場合は、フェノールなど肌に少ない刺激の抗菌剤が配合されたスプレータイプやアルコールが含まれたシートなどがお勧めですが、使う前に汗をしっかり拭いて乾いた肌にしてから除菌してください。除菌シートで拭き取ったら植物性の制汗スプレーで汗を抑えれば良いです。

特に汗が噴出す暑い夏の季節は定期的に剃毛で脇を清潔に保つことによって、臭いを抑え、細菌の繁殖を抑える効果があります。

脇の下の皮膚の発赤が出たときには一時的にエッセンシャルオイル、制汗剤やアルコールを含む制汗剤をやめる必要があります。しかし、ニオイや汗が気になるので、何も対策しないのは怖い!という人は、お肌に優しいタイプやベビーパウダーに切り替えることが大切です。

毎日過剰に制汗剤を使用しないでください。基本的に、発赤やかゆみなど皮膚にトラブルがなく、使用上の注意を守って使用しているなら、心配しすぎる必要はありませんが、最近の研究では、制汗剤などに防腐剤として多用されているパラベンが乳ガンの誘発を高めることが分かっています。さらに、制汗剤に使われているアルミニウム塩は健康上に良くないという。

風呂やサウナに入る前に、制汗剤を使用しないで下さいなぜかというと、熱によって皮膚アレルギーを引き起こす可能性があるからです。

まとめ

どうしても一般的な製品を使用しても汗や臭いが解消されない人は施術や治療を受ける必要がある場合もあり、制汗剤に頼っても意味がありません。症状が悪化する前に医師に相談することをお勧めします。

汗は気にならないけどニオイがという」人は以前書いた記事を拝見してほしいです。

また汗や臭いに効果がある「医薬部外品」の利用することで、解消できる場合があります。リピータ率が高く、クチコミなどで人気の製品を紹介します。

これは臭いの原因である細菌の成長と増殖を抑えるだけでなく、細菌が汗を分解して出す臭いの元になるものを予防してくれるのが特徴ですが、一般的な製品と比べると値段が高く相性が良いと思えば継続的な使用をお勧めします。自然のエキスが配合されており、わきがや体臭がきつい方に好評!

しかし、多汗症などの症状のお持ちの方は、緊張や不安感で汗が増える状態になっている場合があるので、医師による診断や治療を受ける必要があるので、これを使えば改善できるというものではない。その辺を注意して購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする