カフェインの代替に脳内を活性化させる「サプリメント」を試すならこれがいい

31a04e69522e9dabc11f1145c99

朝、スッキリ目覚める秘訣でもあるコーヒーの主成分であるカフェインは脳を刺激する作用があり、仕事をもう少し頑張る時に飲むとエネルギーをブーストできます。精神的、肉体的に疲労を感じた時に効果を感じやすいように感じます。

最近になって、コーヒーの飲み過ぎは良くないという記事を目にすることが多く、そろそろコーヒーに頼る事をやめたいけど、作業の生産性が落ちてしまう可能性があり、なかなか断ち切れない人もいると思います。

スポンサーリンク

L-チロシン

L-チロシンはタンパク質の一部であるアミノ酸です。カフェインを摂取する事に不安があるのであれば代わりにチロシンを十分に取ることにより、脳の神経細胞や、神経細胞間の情報伝達物質の働きに重要な役割を担う、ドーパミン・アドレナリンが脳を活性化してくれます。

基本的に肉、穀類、魚介類に多く含まれていますが、食事で補う事が難しいのであればサプリメントの力を借りる事もできます。このL-チロシンは疲れた肉体の疲労回復に役立ちますし、不眠症の解消に効果を発揮する事が分かっています。長期的に健康的な肉体や、精神面の安定が得られます。

チロシンの摂取量はカフェインと比べて、少ない量で十分です。カフェインの中毒性に悩まされているのであれば一度試してみるのもいいかもしれません。

ピラセタム

このあまり聞き慣れない「向知性薬」は脳に良好な効果を働きかける事が分かっています。記憶力の向上、集中力が高まります。この薬の有効性は、日本では臨床試験で証明されていないが、他の国では神経学的疾患の治療に使われています。

薬は一日に2・3回の服用(詳細については、箱に記載されている説明書を参照するか、医師に相談してください)​​効果や副作用は個人差が大きく、即効性が高いとは言えません。飲み続ける事が大切です。

アルファリポ酸・アセチルカルニチン

この二つを飲む事に意味があります。まず、アセチルカルニチンは脂肪燃焼に効果的な代謝調整を行い神経や心臓血管に作用します。α-リポ酸は、体内の解毒酵素を活性化する働きを持ちアセチルカルニチンの燃焼中に使用すると、精神と肉体の両方を整えてあげられます。

頭のリフレッシュができるし、緊張を緩和する作用を持っています。したがって、午前中に薬を服用する方が理想的です。しかし、アルファリポ酸とアセチルカルニチンは体内に血糖値を低下させる副作用があるので、低血糖を引き起こす可能性があります。

サプリメントだけに頼らずに食品から少量取った方が賢い選択です。

高麗人参

良薬は口に苦し言わずと知れた「高麗人参」はストレス対処法になります。なぜなら神経過剰刺激などの副作用なし、という事を考えると一番、最強かもしれないです。サプリでも補えますし、お茶は高いけど、飲み過ぎなければコーヒーの代わりになります。

え~ちなみにコーヒーはやめれないけど、高麗人参を飲みたい場合は初めは少量から飲みはじめて、半カップに1日3回に分けて飲むと方がいいみたいです。徐々にカフェインの摂取量が少量になっていくみたいです。

イチョウ

イチョウ葉エキスは、認知機能や短期記憶に作用します。加えて、高麗人参と組み合わせて摂取することにより、「記憶」という 倉庫から情報を脳内から「出す」機能を高めてくれます。また摂取後2-3時間以内に、効果が表れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする