総合的な静脈瘤と痔の関係を考える

Toilet Use instructions

自分の足で長い間、同じ姿勢で長時間いること(座りっぱなし・立ちっぱなし)これらの人々のほとんどは静脈血の停滞と静脈瘤の出現につながる。ほぼ同じ理由でも痔になる。苦しむようにならないためにできることがあるのだろうか?

悪い生活習慣がいぼ痔になる原因

肉体労働、座りがちな生活、妊娠。これらが静脈血管を拡張し、肛門から痔に繋がるとされます。このように、静脈壁の弱さは、病気の症状を一体化させています。

痔になった場合の治療法は、かなりの数ありますが、最も重要なのは、高品質な治療と医師の説明がわかりやすい(プロ意識)痛みが極力なく、できるだけ入院せずに治療でき信頼できる病院を探しましょう。例えば、下肢の静脈瘤疾患の治療において、硬化療法を適用する。影響を受けた静脈への特殊な注射や手術などで安全に治す。

痔と裂肛の外来治療

これらは、一般的によく知られるようになっています。自分のおしりと体がどういう状態で治療されるのかというと、レーザーや赤外線光凝固、電気凝固法、硬化療法などがある。外来手術後は2~3日、外来に通院して行われる。まれな合併症例でも日常生活を送りながら外来での継続治療が行われる。

静脈瘤の最善の予防

食事やストレスなどの改善も大事ですが、やはり運動することが一番良い、ジョギング、水泳、サイクリングなどで体を動かし、足の上げ下げを行う、これはもっとも効果的とされる時間は、5~7分間かかとを上げたり下げたりを何回か繰り返すことで痔の予防に大変効果的とされています。

ハイヒールやきつい靴での長時間の歩行でも静脈瘤を引き起こす可能性があります。帰宅した時に、素足で足が曲がるように動かすことをオススメします。また、足に冷たいシャワーで冷水摩擦も有効です。シャワーの流れが強いほど効果的です。

もちろん、食事でも予防ができます。動物性脂肪の食品から植物油を使用するようにしてください。これらは、血流を改善するアミノ酸を含むので効果的です。

痔の防止には、繊維が豊富な食事を摂取することを心がけ、辛い食べ物を避ける必要があります。これらは、疾患の予防に重要で腸を正常化してくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク