食事中に飲み物を飲まない方が良い5つの理由

a0790_005698_m

食事中の水の摂取はいけないと多くの記事に掲載されていますが、実際はどうなんでしょうか?食事中に飲み物を摂取すると消化を助ける唾液分泌を弱めることが分かっています。

スポンサーリンク

胃液が薄まって消化に良くないからダメ!

食べ物を消化する胃液が水などで薄まると体に害をなす菌を排除できなくなり、菌の毒素が体内を汚染し、血液中に吸収されたり、下痢などになったりして体に良くない様です。

お腹一杯食べているのに空腹感が増す

食事中に水などの水分を摂取するとと、口に含んだ食品をあまりかまずに流し込むような形になり、「満足した」という脳からの信号が出にくくなります。そのために余分に食べたりして、肥満になったりするそうです。

また、胃の中に水分が多いと、胃液の酸性が薄められて消化がなかなか始まりません。さらに油っこい食べ物の習慣によって、冷たい飲み物を飲むがある場合そうです。これにより消化器系の機能が低くなるみたいです。

その他の飲み物も摂取しないほうが良いみたいです。例えば、炭酸、甘いジュース、紅茶、乳飲料、ビールなどは、いかなる状況においても、このような飲料食品を飲むことは食事中に一緒に摂取しないほうが良いです。

むくみの原因

私たちがよく食べるお米やお野菜の煮物などの和食は水分量が豊富に含まれていますので、水など飲むと、水分の過剰摂取につながります。

例外の飲み物がワイン

ビールを食事中に摂取できないのに、なぜワイン自体は、一緒に摂取していいかと言うと、消化を刺激し効率的に食べ物を吸収するのに役立つそうです。特に辛口のワインが良いみたいです。

温かい飲み物を少量

温かいスープ、味噌汁、お茶などをどうしても飲みたい場合は、飲み物自体の温度を上げて摂取する量を減らすと効果的の様です。

さらに飲むときは、ゆっくり飲むことが大切のという、ぬるい味噌汁、さめたお茶をガブ飲みするよりも、満腹感が得られるそうです。

食事の30分前までには水分摂取を終えることが大切

食事を取る前に40〜60分以上水分を取らないほうが良いみたいです。意外な悪影響にならないように気をつけて水分を摂るように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする