働くママもパパも、仕事中毒にならないためにできること

f1f7b6fabcfe23af620485362c38c87d_m

現代社会では忙しいことが当たり前で残業が多く、その環境で働くことが前提となっています。自分の仕事を愛することは、パフォーマンス維持する上でも欠かせない重要なことです。

しかし、仕事を自宅にまでもちかえり、家族との会話も無く話題にすることにすら興味を示さないことが、当たり前の日常になっているとしたら危険かもしれません。

周りに負けないように作業量を増やし仕事に打ち込むことは、将来キャリアや収入UPに必要なことです。やるべきことに全精力を傾けて、その道の第一人者になることもあります。ただ私達はひとつの役割だけでは立派な大人とは言えないのです。

スポンサーリンク

仕事中毒が日常生活におよぼす影響

ひじょうに仕事面では優秀でも精神的、情緒的に幼稚のままだと、心の厚みがまるでない人になってしまいます。

仕事も家庭も良好に保てる父親なら妻や子供達をも同僚をも理解することができるはず。この関係が良好ではない場合は社会関係すべてが惨憺たる結果を招くことになります。

加えて、適切な休息のないまま仕事の作業を進めても良い結果をもたらすものではありません。また、自分の健康面を除外していると体のどこかが衰えに気付かず無理をしてしまい病気になることもあります。

さらにストレスの増幅を招くことになる。ワークライフバランスが崩れることで、睡眠不足、燃え尽き症候群といったことになるかもしれません。

いずれの場合も、働きすぎは心身共にマイナスです。仕事だけに目を向けるだけでなく、他のことに対して無視するようなことがあってはならない。

仕事の明確な時間制限を設定する

定時を過ぎても多くの人が職場に残り仕事をしている姿を見ていると、定時に帰ることにどうしても抵抗があるという人がいます。

例えば午前8時~午後5時までは仕事の時間ですが、やらなければいけないことがあり、残業が必要な時もあるでしょう。しかし、終業時間を超えるような働き方を見直すべきです。残業してしまう習慣がある場合は、オフィスに滞在しないようにやろうと思えばできるはず。

十分な睡眠時間を確保する

睡眠不足は健康を害することは知っていると思いますが、仕事の効率を生み出す生産性も損ないます。毎日忙しく、十分に睡眠時間を得られていないと、生産性と創造性が低下するだけでなく、仕事では重大なミスを犯すことにつながります。

睡眠をまともにとらずに一時的に物事に集中する事は短期的に効率が高まりますが、その反面、すぐにエネルギー不足になります。

適度の睡眠は高い能力を発揮することができるので、仕事を効率的にこなす術になります。十分な睡眠を続ける事で、脳の高度な機能を保ちよい成績を収められる。成果を早くあげたいなら適度な睡眠は大切です。

インターネットをオフにする

家に仕事を持ち込む人のほとんどがパソコンを使い作業しています。やる必要があることに時間を割くことは重要ですが、それ以外に今やる必要のない無駄な時間です。例えば電子メールやソーシャルネットワークをチェックすることです。

とにかく作業にあまり重要でないことに時間を浪費する事で、仕事する時間が倍になります。最終的に時間をどのように「有効に活用するか」を理解すること大切です。

家族団らんの時間がなくなるだけでなく、会話や集中が切れる原因になるうるものは、基本的にインターネットは使わない方がいい場合もあります。

自然の中で過ごす

自然の中で歩くことは最高のレクリエーションになります。緑豊かな森林の中で心や体が癒され、心身共にリフレッシュできる方法のひとつです。

自然の中を歩く条件は仕事や業務について関することは、一切忘れる事です。ただ現在いる場所や風景の世界を楽しみ、感覚の集中により深くリラックスできるはずです。

忙しいスケジュールの中、自然の中で過ごすことは時間の都合上難しいかもしれませんが、少なくとも30分程度の時間を確保し、散歩してみて下さい。

友人や家族達と過ごす時間を作る

毎日の様に頻繁に長時間の残業や 週末労働をする人がいます。
このように完全に仕事に没頭してしまいますと、ついつい「友人、家族」に傾ける愛情が少なくなっていることもあります。

大切な人達があなたの仕事に対してある程度、関心を向けていて、理解しているならあまり問題にならないかもしれませんが、他者に対して無関心過ぎると深刻な問題につながることもある。

例えば誰の目から見ても忙しく働き過ぎといわれる状態になって大切な子どもの人生で最も重要な場面を見逃したり、忘れてしまったりするようなことが起きます。このような複雑な精神生活に目を向けて困難な現状を見直すべきです。

自分に合った趣味を見つける

仕事も大切な生活の一部ですが、仕事以外の活動を持つというのも一案です。自分にとって楽しいことを見つけましょう。何かしらの趣味や夢中になるものを持つのは大切なことです。

特に趣味選びは仕事に関係しないことが望ましいです。たとえ役に立たないと思えるような趣味でも何かを学べるかもしれません。

自分の身体に耳を傾ける

当たり前ですが、長生きすることに必要な健康を台無しで過ごす事はできない。健康を無視したまま人生を送ることは簡単ではありません。

結局のところ、普段から心身を健康に保ち病気になりにくい身体作りが大切ということです。最近なんだか「体調がおかしい、風邪が治りにくい」などの不調があれば身体が何かを伝えたがっているサインです。

仕事中毒にならないために成果や目標について考える

そもそも何のために一生懸命働いてるのか?そのことについて、自分自身に問いかける必要があります。実際に仕事量を増やし、多くの時間と労力がかかることが正しい方向へ向かっているのか?

■なぜ?これやっている?
■最終的な結果はどのようになる?
■私の行動は間違っていないか、適切?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする