ストレート&カールをバッチリ決める!「SALONIA 2WAY」コテ・ヘアアイロンがとても便利ですよ

お出かけ前にクセを伸ばしたり、おしゃれに巻き髪を楽しみたいと感じたら「コテ・ヘアアイロン」がどうしても必要になってきます。

いざ、購入しようと調べてみたら種類も価格もさまざま一体何がいいのかしらと?数時間も悩んでしまいますよね。

確か量販店のコテ・ヘアアイロンのコーナーを見た時に何十種類も棚にズラリとヘアアイロンが並んでましたが、一番気になったことは商品価格です。値段も高いもので一万円を超えるものから、安いものだと二千円ぐらいなものがありました。

そこで、買ってみて後から後悔しないためにカール用、ストレート用、2wayなどいろいろなタイプの特徴を調べてみたらストレートとカールの両方できるタイプが私のライフスタイルにピッタリだと感じました。

口コミや使用感想など情報収集をしていたところ、価格がお手頃な「SALONIA 2WAY ストレート&カール 32mm」購入しました。

Jpeg

くるくるの巻き髪や自然なストレート感を演出してくれます。両方の機能を使いましたが、ナチュラルな仕上がりに納得しましたね。

コレ一つで二つの機能を備えているので、わざわざストレートやカールアイロンに切り替えなくてもくせ毛のストレートチェンジ、ボリューム感バッチリなカール、空気感のあるふんわりした「カール系の髪型」も思いのままに作れますよ。

スポンサーリンク

セットが1日中崩れない「ヘアスタイル」がキープできる

SALONIA 2WAYの利点としては、「形が崩れにくい」と言う点です。
出歩くとどうしてもしかもヘアスタイルが崩れやすくなりますが、ねじり&ひねりを入れてスパイスを効かせているからか、1日中ヘアスタイルが崩れることがないです。

どうせ3時間ぐらいで崩れるんでしょう?と正直あまり期待していませんでしたが、本当に崩れ知らずで友達と深夜まで遊んでもキープしてくれました。

カールとストレートどちらも楽しむことができる

髪型は、カールとストレートどちらにも対応できる優秀なヘアアイロンだと思うんです。ストレートだと定期的にサロンに行かないとツヤ、ハリが失われますが、アイロンだけで綺麗なストレートに仕上がるので美容院代が掛からないかも。

髪を巻いててイライラしない、ランダムな動きのあるカールが楽しむことができます。
本体は長すぎず、短すぎずちょうどいい感じの32mmと手頃なサイズでふんわりゆるカールが演出できます。

コードが髪に絡まることがない360℃回転コードだから髪を巻く時に邪魔になりません。また短時間でしかも簡単に立体カールもふんわり巻き髪がキマる!

今までのものと比べるとスタイリングするより遥かに思いどうりのヘアスタイルを自由自在に仕上げる事が出来るだけでなく、長時間スタイルを持続させる事が可能です。

温度設定も楽らく!ちょっとクセを直したい時に簡単にセットできる

家庭用ストレートアイロンが無かった分けではないけど、以前使っていたヘアアイロンはどうしても年式が古く壊れかけており、熱効率は悪いし温度設定もイマイチでした。どうせ買うなら新しいものが欲しいと思いSALONIA 2WAYを選びました。

ストレート仕様となっているので簡単にさらさらストレートになります。熱効率も良く、温度調整も100度~220度まで上げることができます。しかも、5度ずつ温度を上げることができるので、設定温度を変える時にイライラすることがない仕様となっています。

プロ使用アイロンと同じくセラミックプレートを使用しています。
熱効率が良くストレートのヘアセットの場合は長い時間プレスする必要がないので、髪の毛が傷む心配もないです。

温度変化も100度と最小限に抑えられるので、髪にダメージを残すことなく、全体が均一なストレートヘアーを簡単にセットすることができますよ!

安全性もクリア

ヘアーアイロンの機能性だけでなく、安全面も購入するポイントだと思います。
怖いのがヘアアイロンを付けっ放しにした火事です。私の場合はテレビを見ながらヘアスタイルをセット時にソファを焦がしてしまったことがあります。

どうしても面白い番組だと画面に集中していまい、ヘアアイロンを付けっ放しにしたことが何度かあります。今は痛めに会っているのでそんなことはないですが、今後も起きないとは言い切れません。

朝の忙しい時間帯にヘアーアイロンのスイッチ入れたまま仕事にいったと考えるだけでゾッとしますよね。

いくら値段が高く機能が充実していても自動電源OFF機能があるか、ないかで安心感が違ってきます。その点SALONIA 2WAYは使用してから約30分後に自動的に電源が切れるようになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする