薄毛になる可能性が高いかもしれないというお話

9161296cd03229b76c71833ec72cb3fa

もう頭が薄いから脱毛症に悩まされ、呪いのような様々な理由で頭を剃りました。そんな未来がまっているかもしれません。

自分から望んでハゲになりたい人はいないと思います。生活習慣や遺伝などが影響することを再確認する必要があります。

薄毛に悩むのは、何も男性だけではありません。私は抗精神薬を服用していた時に副作用で髪の毛がマジで抜けすぎて悲しくなったことがあります。

スポンサーリンク

遺伝

今、髪の毛がフサフサな理由のひとつにお父さんやお母さんが薄毛じゃないからだ。ありがとうと感謝の気持ちを持ちます。

遺伝=一般的に抜け毛の原因の一つになります。この遺伝子は父方や母方の両方から嫌でも継承しています。

双方の両親に薄毛の方がいれば、高確率で影響を受ける可能性があります。

将来ハゲる可能性が高ければ、有効成分が配合されている育毛剤を使用し、毛包の維持し、今ある毛髪の成長を促し、薄毛や脱毛を予防する必要があります。

休止期(髪が自然抜け落ちる時期)

髪の毛が抜ける原因にストレスや休止期が影響している場合があります。この休止期の時期に入ると、一日で50~100本程、毛が抜け落ちます。

その他の理由は、施術や麻酔、出産、インフルエンザ、貧血、重度の精神的な苦痛が影響しています。

また食事のバランスが日頃から悪ければ髪の毛が減る事も分かっています。髪の毛を形成する栄誉素のたんぱく質や鉄が不足すると、休止期が乱れたり、長くなったり、無理に引き起こされる可能性があります。

あれ?最近、異常に髪の毛が抜ける。抜け毛で悩んだらお医者さんへかかってください。生活の中で起きた些細な出来事や、髪の根本からアプローチしてくれます。

時間をかければある程度、生えてきます。生活習慣の改善や、頭皮・毛髪ケア、薬が必要になる場合もあります。治療が終わってから長くても約6カ月後に髪が回復します。

甲状腺の機能低下

甲状腺ホルモン(甲状腺機能低下症)は、爪がもろくなるだけでなく、髪の毛が全体的に薄くなってきます。甲状腺機能亢進症は代謝が悪くなり、髪の毛の発育に悪影響を与えます。

血液検査によって、甲状腺の機能不全かを確認することができます。内科でも受けられるが、もっと詳しい診察が必要な場合は、「日本甲状腺学会ホームページ」を利用して近くの甲状腺専門医を探して、受診しよう。

皮膚疾患

抜け毛は、真菌性疾患、脂漏性皮膚炎 乾癬によって引き起こされる事もあります。

■皮膚真菌症(白癬)水虫の原因であるカビが頭部に感染して髪の毛が薄くなる。抗真菌薬での治療が基本になります。

■脂漏性皮膚炎とは、皮脂分泌や皮脂の化学組成の変化によって、鼻の周辺や額、髪の生え際、頭皮などの皮脂の分泌が多いと起こる皮膚炎です。炎症が引き起こされる理由は、ホルモンの変化、神経性疾患などが要因になっています。中程度以上の場合には、薬用シャンプーや、抗真菌ステロイドクリームの使用が良いと思われます。

■自己免疫性皮膚疾患である乾癬は、頭部に炎症を起こして痒みを伴う部分(乾癬プラークと呼ばれる)伴います。治療は、サリチル酸、抗炎症薬が治療薬として使用されます。

自己診断と自己治療を行わないことです。

円形脱毛症

円形脱毛症は、頭皮に直径1cmくらいの円形のハゲができたり、円の大きさも人によって様々です。病気が進行していくと、毛が少なくなり、自信喪失を引き起こす可能性があります。

髪の毛が生えてきたり、抜けたりを繰り返す事もあります。髪の毛が抜け落ちる原因は未だに不明ですが、遺伝やストレス、様々な疾患が影響していると言われています。

治療は、毛の移植、コルチコステロイド薬、光化学療法を行います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする