贅肉にさよなら肩周りを美しく引き締める運動

cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_m

二の腕に付いた余分な脂肪を取り除きたいと思っている人も多いはず。隠せばいいという考えもありますが、「肩周りに贅肉がついているから肩を出したファッションが楽しめないなぁ……」と思ったときは、とりあえず、手っ取り早く痩せる方法は肩や腕周りを鍛えることです。

上腕三頭筋を鍛えれば、脂肪の燃焼は、もちろん「筋肉が増え」痩せやすい体質になるかもしれません。そもそも贅肉がとれると前方から見た目も美しく、背中側の無駄な肉が削れると後姿がすっきりするという点も期待できます。

スポンサーリンク

上腕三頭筋の鍛え方

上腕三頭筋を鍛えるとは、基本的に腕立て伏せを行なえば必要な筋肉が鍛えられ、肩周りの引き締めが狙えます。女性の場合だと腕に負担を大きくかけるような運動はしんどいと思うんです。私は以前、まったく腕立て伏せができなかった。二の腕に付いたを脂肪をとるには必ず腕立て伏せをやらなければいけないという分けでないです。

原理的には、ソファや椅子などに手を置き。椅子からお尻を前に突き出し、座る椅子より低いイメージで手と肩を後ろに落としながら筋トレできます。一番重要なのは、床にかかとをしっかり付けて脚を曲げる事です。さらに肘の位置もしっかりしないと筋肉にあまり負担をかけない状態になります。

やり方は「ズボラな人でもソファに座って運動するだけで「エクササイズ習慣」を長続きできる」で紹介している三番目の動画を参考にすると良いです。

コツはベンチにお尻と腰をできるだけ近づける必要があり、腰周りが離れすぎると姿勢が悪くなり腰を痛めてしまいます。

ダイヤモンドプッシュアップ

YouTube Preview Image

これらは、名前のとおり二の腕をダイヤモンドの形にして上腕三頭筋を鍛える方法です。両手の人差し指と親指を床に付けダイアモンドの形を作り、肘を45度の角度を状態を維持しながら上下に動かすことが重要です。

膝つきプッシュアップ

YouTube Preview Image

女性の場合は、両腕で自分の体重を支える筋肉が弱い方が多いと思います。そんな時は膝を付きながら腕立てを行なうとよいです。

やり方はダイヤモンドプッシュアップとは違い、普通の腕立て伏せの様に肩幅を取り、両手を肩幅ぐらいに広げます。膝は少し曲げ床に付くように前傾平行します、後は普通の腕立て伏せをするように筋トレしていきます。

ワイドプッシュアップ

YouTube Preview Image

ワイドプッシュアップは肩の幅から両手を大きく離すことで大胸筋への刺激を強くし筋肉に負担をかけます。手幅を肩幅よりもとるようにすると効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする