自分でスマホの内蔵式バッテリーを交換してみた。手間かかるけど、メリットは確かにあった。

bae18636625125452a16e7c1

私が2年ほど使用していた「Xperia Z1」を母に譲ったのはいいが、充電が60%あるにもかかわらず、シャットダウンしたり「充電がありません」そんな風に表示されると連絡がありました。

実際に見てみると、電池がビックリするくらい減るのが早いです。これは間違いなくバッテリーがイカレちゃってると思いました。

いつもならショップに行って交換をして来いよ!と言っていましたが、スマホが防水性能ということもあり、ショップでバッテリー交換依頼すると、修理扱いとなり、キャリアと機種によって8000円~5000円もお金が取られるし、スマホデータのバックアップをとる事もめんどくさい、それに修理に時間もかかり端末に入っているデータが消えるという問題がありましたので、とりあえず、自分の手で防水性能スマホのバッテリーの交換をやってみました。

今は多少時間的に余裕もありますし、自作PCを組み立てるよりスマホのバッテリー交換なんて簡単。それにこうゆう事が好きだったりします。

しかし、個人的な交換作業なので、確実に直る保証もない。それにバッテリー以外のパーツが故障しているかもしれない。また他の箇所が損傷する恐れもあります。分解は自己責任が伴いますが、やっていてとても面白いです。

スポンサーリンク

スマホのバッテリーを交換する前に準備する物

d98d7d84cbe5acab510e5063c808

■バッテリーは安いところから買うべし!お使いのスマホの機種名、交換用バッテリーで検索しましょう。ちなみに私はヤフオクで買いました。

■一般家庭にある普通のドライヤーを使います。スマホが防水機能なので、特殊な接着剤を溶かし、スマホを開くために必要です。防水機能がない機種なら、不要みたいです。

■普通のドライバーセットでは分解無理!スマホ分解用の工具「AC6088 オレンジ 38in1 特殊 ドライバーセット トルクス(穴あき/穴なし)」と、「ケースオープナーセット」を使います。

■静電気防止手袋か指サックを付ける事も忘れないようにしましょう。

スマホの内蔵式バッテリー交換

2888a9e0e06cd342a5c32321b

防水性能に優れた構造になっており、裏蓋がないというか溝がないので、力任せに開閉ができません。なので、ドライヤーを使用して本他の接着剤を温めてカバーを外しやすくします。ただ電子機器は寒さに強いけど、熱には弱いので温め過ぎには十分に注意が必要です。

ほとんどのバッテリー内蔵式はこれで、外れるらしいです。

最初はスマホ本体の周りを時計回りに1箇所ずつ十秒ぐらい温めたら、凹みのところからヘラを使い丁寧に剥がしていきます。作業中に固いぞ!と感じたら、無理をせずに再度ドライヤーの熱で接着剤を柔らかくして剥がしていくことが大切です。壊れてもいい気持でやる事で緊張することなくできますよ。この端末はもう私のモノではないので、失敗してもいいやという気持ちで気楽に出来ました。

実家で修理作業していた時に、横にいた。ばあちゃんが不思議そう顔で見ており、機械って簡単に修理できるのね~と言ったので「最近では小学3年生から電気工学や通信工学を学ぶらしいよ」という作り話をして、中学になると学校の敷地内に一軒家を作る実習とかあるらしいよと、分かりやすい嘘に嘘を重ねているのに「へぇ~」と信じていたのがとても面白かったです。ばあちゃん、嘘ついてごめんなさい。

7a50b95e798f55826923a17c

ばあちゃんとお喋りしながらやっていたら、カバーがパッカ!と開きました。10分もかからないくらいで、背面カバーを取り外せました。防水性じゃないスマホ機種ならもっと早く開けれますね。

0bf329ddf3db624f00d7a4e9131c

バッテリー本体が凸凹に腫れております。ここまで本当にバッテリーが原因だと核心は持てなかったけど、予感が的中していてホットしました。

バッテリーがネジで固定されたまま周辺のネジを外す

18d699b69a0f44dfc633ae36aa7b

あんなに外側をガチガチに固めていてるのに内側も強固に作られていますね。小さなネジで止められていますので、なくさないように外していきます。

97cd1f19feb3c48b262cb2e8bc

ネジを一本でも無くしてしまうと、本体を落としたりしたときに安定性を失いバッテリーパックの安全装置が外れたり、様々な不具合の原因が増えるかもしれません。

すぐにバッテリーを交換したらダメ!

■二つの金色のテープをはずす(一番重要な個所)。

■カバーをもうひとつはずす。

流れ的にはこんな感じです。この作業を行いやっとバッテリーを交換することができます。

c1004c6609643d0bf951d8164c

本体上部からピーンと飛び出している金色のテープが見えますか?上からコネクタを外して画像の様にすればOKです。本体下の基板部分に傷がつかないように慎重に作業を進めます。

74d740bd96f731b70d57729

まだバッテリーを交換できない。例えるとサンドイッチのパンだけを食べて、具が残っている状態です。ここまで来るとXperiaに定着してしまった防水機能のすばらしさを実感させられます。

上の画像のようにまたドライヤーとヘラを使い奥まで差し込み優しく持ち上げて枠のようなカバーを外す作業が必要です。

065cd45626b3b0ad1e3423d966c

やっと、二つ目の金色いテープを外せる時が来ました。

5aefc3483e9174c9e878e50ffb

これも先ほどのコネクタと同じようにして取り外し。バッテリーの交換式と同じように新しいバッテリーをセットしたら後は元に戻すだけです。

98f955e8ebd89f7c4364bfb6b2

電源をいれると無事に起動し、ゲームをやってもビックリするぐらいバッテリーを食うことはなかったので、問題なく動作しています。これで、後2年ぐらいバッテリーが持つ事を祈ろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『自分でスマホの内蔵式バッテリーを交換してみた。手間かかるけど、メリットは確かにあった。』へのコメント

  1. 名前:たけぞ 投稿日:2016/06/01(水) 11:02:13 ID:617fa1e90 返信

    内蔵式のタブレットを買ったので、将来の交換が気になって検索で来ました。
    とてもわかりやすく大変参考になりました!

    PS:おばあちゃま、私の学校では中学校の時に技術で洗濯機か車の修理実習と、家庭科で学校の制服・カバン作成の授業がありましたよ♪