眠る十時間前からあることを控えると心地良い朝を迎える快眠方法

246b011c839f8e6e1aa5e5f94fb266c3

夜に寝つきが悪いとにかくリラックスして、翌朝は良い気分で目を覚ましたいものです。

生産性を高めるには、朝の気分に依存している事を知っていますよね。仕事中にどうしても眠くなって体がだるかったり異様に調子も悪くなります。寝つきが良くないなら、眠る前の管理をまず行ってみてはいかがでしょか?

健康的な睡眠時間を得ていると、ボジティブな状態で午前中を過ごす事ができます。つい遅く寝てしまう。なかなか眠れない、寝ても途中で目が覚める。睡眠の乱れは、慢性不眠症や睡眠時無呼吸症などより深刻な問題に繋がる事もあります。

眠りに落ちるまでにやっちゃいけない推奨事項が多くの情報がありますが、ほとんど覚えられない。情報が多すぎてめんどくさいな~と考えた事があります。

常に質の高い睡眠状態を維持する方法は、算術演算子のような単純なちゃんと計算をした上で、それまで積み上げてきたリソースを明確に紹介したいと思います。

■カフェインの摂取を就寝の10時間前から摂取したない。

■就寝前の3時間前から何も食べない・アルコールも飲まない。

■就寝時間の2時間前に仕事関連の作業はしない。

■就寝前の1時間前は、TVやスマホなどの液晶画面を見ない。

シンプルかつ、文句も言えないぐらい合理的な方法です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク