美白な肌になる!シミ・そばかすの無い肌質を目指す方法

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s
一定の年齢に達すると大半の女性はシミ・そばかすの無い透き通った白い肌に憧れます。

夏と冬のダメージの影響で3〜4月になると心配なのが、シミ・ソバカスです。もっと深刻になってくると、皮膚病変(白斑、顔面血管線維腫)などある日突然、顔のあちこちで白い斑が現れたり、黒ずみが目立ったリすることがあります。

この記事では、少しずつ説明していきます。

美白クリームを塗れば誰しも「美容効果」が得られるというワケではなく、皮膚トラブルの性質を理解する必要があります。

例えば皮膚の所々に黒ずみや白い斑の原因を知らなければ対処できません。体内の疾患が関係していたら、いくら肌の表面をケアしても解決する事はないでしょう。

お肌は内臓の鏡といわれるように、体内での栄養不足や血液循環が極端に悪くなると、肌が乾燥しますし、また自律神経も乱れてしまいます。なんだか?体がだるいな~医者の診断を受けたら、自律神経の働きが悪くその結果、倦怠感を感じていました。

今では多くの女性が便秘はニキビや肌トラブルが収まらない原因だと理解しています。それと同じで、腸内環境を整え、体を冷やさないように意識することも大切です。

そばかすの原因は、無私無欲に顔に降り注ぐ紫外線が影響しています。予防という観点から考えると、紫外線対策は必須です。美白と言えばビタミンCが有名ですが、「ナイアシン」というビタミンに関連するものがあります。

これは若返りビタミンと呼ばれる「ニコチン酸(ニコチンアミド)」で、臓器状態と整えてくる作用があります。このナイアシンは食品のレバーや魚介類、肉類で摂取量言えば1日の推奨量をカバーできると言われています。

肉や魚をすすんで食べない方、お菓子が夕飯という食生活の人は一度、見直してみて下さい。

それから、美白化粧水、美白クリームを使用する前に配合されている成分について、しっかり調べる必要があります。

スポンサーリンク

美白はハイリスク

白く透き通るような肌の基準がわかりませんが、肌を白くするための手段には多少のリスクを伴うことも頭の片隅にでも置いておいて頂ければ幸いです。

■ハイドロキノンは、漂白効果を持つ成分です。これは細胞のメラニン生成を阻害したりします、結果的にそばかすの発生は抑えられます。しかし、紫外線に当たると、肌が黒くなります。ハイドロキノンは慎重に使用方法を守らなければ逆効果になります。一般的に妊娠中や授乳中の女性は、使用する事はできません。

■アルブチンはヒドロキノンよりも副作用を起こす可能性は少ないですが、効果は低いです。例えばアルブチンが含まれる「クマコケモモ」が「そばかす」出現を防止し、メラニン細胞の産生を抑制します。

■コウジ酸は、そばかすの原因になる「メラニンを生成」する酵素を抑制する働きがあります。また優れた作用があり、角質硬化を防止、抗酸化作用など活性酸素や炎症の発生も抑える作用もあります。アレルゲンでハイドロキノンを使えないという方は、コウジ酸クリームがおすすめです。

■アスコルビン酸は、コウジ酸のような効果が得られますが、アレルギー反応を起こす可能性があります。

■α-ヒドロキシ酸はピーリング効果的です。色素沈着した古い皮膚を剥がす作用があります。

美白クリーム、美容液、ピーリングだけでなく焼け止めを塗って太陽の光を浴びない事が重要です。

オーガニック美白化粧品

肌が刺激に弱い人はハーブや薬草などの自然由来の成分でカバーできます。これらは化学物質と比べると、副作用はほとんどありませんが、中長期的に使用する必要があります。

■クマコケモモは低濃度のハイドロキノン有機酸が含まれています。

■ノコギリソウは、黒色メラニンがシミとなって定着を防ぐ働きがあります。またフラボノイドが多く含まれ、肌の血流を促進する作用や抗炎症作用などがあります。

■甘草は、フェノール酸や有機酸が含まれています。これらはメラニンの生成を抑制する働きがあり、美白効果も期待できます。

■レモンとキュウリは、有機酸、アスコルビン酸が含まれています。気軽に食べられますし、顔パックで内側と外側両方から美白効果を発揮する事ができます。

■パセリはベータカロテンやビタミンCが豊富なので、美肌効果があります。

肌の美白の専門家ビューティーサロン

美白サロンなどの専門的なアプローチを受ける事により、プロによる特別なサポートが受けられ多くのメリットがあります。紫外線肌対策、洗顔、ピーリング、フェースマスクや、薬用美白クリームなど自分一人では対策できない事が手軽にできます。

最近の美白化粧品の多くは化学物質の量を減らし、天然成分を多く配合したものがほとんどです。古い角質を除去するだけでなくメラニンの合成を減少させるハーブを売りにした商品が登場しています。

美白ケアをやめると、お肌の状態が元に戻ってしまうので、美白の効果が体感できるまで5~8週間程、使い続ける必要があります。

肌を白くするクリームやゲルの選び方

皮膚のトラブルがある人ない人、一人ひとりお肌の状態は様々です。美白用クリームは、次のように使用することができます。

■クリームに水銀が配合されていた!たしかに美白の効果は高い反面、慎重に使用する必要があります。日本以外のどこかの国の化粧品を使用する場合は、必ず、皮膚パッチテストをするのがオススメです。妊娠中や授乳中の女性は絶対に使わないようにしてください。

■コウジ酸クリームは、皮膚科で処方されているぐらいシミの除去に役立ちます。メラニン色素の生成を防ぎ、お肌の透明感アップも期待できます。

■美白をうたった化粧品が多くありますが、「AHA(グリコール酸)」「BHA(サリチル酸)」配合されたものや、資生堂独自の美白有効成分「4MSK」などを重点にを選ぶことが大切です。

そして、日頃から肌のトラブルを防止する対策をとっているだけで、予防になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする