肝臓クレンジング成功までの道程に必要な7つのステップ

a1545516588_m

食習慣の乱れからくる脂肪肝やアルコール性肝障害などを起こさないためにも肝臓をいたわることを理解しておきましょう。

身体の機能が正常に働いていると、体に溜まった毒素は肝臓・腎臓を通り、尿や便に混ざって体外に排泄されます。若さ、美肌、健康を維持するためにも肝臓クレンジングに欠かせない内臓の健康を維持することが大切です。

ドリンクや油

■ステップ1:
健康に良いとされる不飽和脂肪酸が豊富に含まれる植物油やレモンなどの柑橘類のドリンクには、ビタミン、クエン酸が含まれており、結石予防に役立つと考えられています。

また多くのビタミンは、肝臓が不要な脂肪やアルコールを代謝する際に必要ですし、ミネラルも肝臓の機能を助ける酵素の材料になるので、できるかぎり摂取することをお勧めします。

苦味や辛味があるサラダを食べる

■ステップ2
健康な肝臓は、胆汁の分泌によって毎日正常に保たれています。このプロセスを刺激し、肝臓が毒素を除去するのを促してくれるのが、苦味や辛味が強い新鮮な野菜です。

例えばローマンレタス、クレソン、マスタードグリーン/リーフのサラダなどが挙げられます。

その他にもカボチャ、ニンジン、大根、カボチャ、カブ、大根、キャベツ(ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、カリフラワー)などの様々なタイプにも強い胆汁分泌促進効果があります。

肝臓に優しいオリーブオイルとごま油

■ステップ3
植物油に多く含まれている不飽和脂肪酸は、体の健康維持・成長に欠かせないもので、高脂血症や動脈硬化の予防に欠かせない悪玉コレステロールを低下させることができます。

効果的な種類はゴマやヒマワリ油などがありますが 、ピーナッツ油を除く、すべての植物油は、フリーラジカルを中和し、肝細胞の機能を正常に保つために必須不可欠なリン脂質、脂溶性抗酸化、ビタミンA、Eなどが豊富に含まれています。

ミネラルウォーターを飲む

■ステップ4
硫酸マグネシウムが含まれたミネラルウォーターを摂取する。肝臓を綺麗に浄化するために有用な組成物ですし、胆汁分泌促進効果があります。

食品を食べる前に150〜200ミリリットル200ミリリットル飲むことをお勧めします。 水には、ナトリウムや他の塩類を多く含んでいるため、肝臓過剰な損傷を与える可能性がありません。

アルコールをできるだけ避ける

■ステップ5
私たちの肝臓は体の毒素を取り除く機能があります。大量にアルコールを摂取すると肝臓に害を与えますし、そう簡単に元に戻すことはできません。

アルコールの安全な用量は人によりますが、一日あたりのアルコール摂取量を覚えておきましょう。ウォッカやウイスキーなどは60ml、ワインやビールは200、500mlが望ましいようです。

朝食は軽めにする

■ステップ6
バター、チーズ、ソーセージなどの脂肪分が高い食品や炭水化物(例えば、お米、パン、ジャガイモ)などはあまり良くないようです。これらの食品は、肝疾患、肥満および2型糖尿病を引き起こす可能性がある。

リンゴや梨などのフルーツジュースには(ペクチンが含まれ、それがコレステロールの結合を促進し、毒素を排出するのに役立ちます)

ベリーは(肝臓に優しい物質が含まれています。特にスキンケア化粧品コエンザイムQ10などが挙げられます。)もやし、豆、低脂肪、乳製品、肝臓に優しい健康的な朝食が取り入れることが大切です。

また白米を玄米、全粒穀物、穀物に変えて食べることができます。

まとめ

■ステップ7
自分の体重をコントロールしたい人も含め、意識的に食べる量を減らすことで、正しいカロリー摂取を把握することができます。「肝臓に価値のある夕食は、乳製品、赤身の肉、魚、パスタ、野菜、を好んで食べるようにすると良いみたいです。また無糖の果物や野菜などを少なくとも700グラムを食べる必要があることが分かりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク