ファッションを犠牲にしない!服にお金をかけずに楽しみながら節約する方法

75e6a90a3757d5a3218bc55484864016_m

毎月服に掛かる費用は家計の約2%程度と言われています。

その数字が正しいかどうか正直分かりませんが、そんなに洋服を頻繁に買い換える必要はなくても年間で見てみると、私達は結構な割合で洋服にお金を掛けている印象がありますよね。(セール品を発見するとついつい買ってしまう)などあまり考えずに安いので購入。

家計の最大の支出は贅沢はしてなくても、食費が一番だと思いますが、そう簡単に削れるものでもないです。なら、洋服ならどうでしょうか?家族が増えると服に掛かるお金は小さいものではないと思うんです。

スポンサーリンク

洋服代がかかってしまう原因

服を何回も着たり、選択していくうちに擦り切れたり、ちじんだりのびたりしてしまいます。特に体重が増えて、お気に入りの洋服が着こなせないことも起こります。

とくに小さなお子さんをお持ちの方なら服を定期的に購入することも多くなります。子供たちはあっという間に成長してきますし、いくら安い服を選んで買っても年間を通して見てみると家計の負担になることもあります。

気兼ねなく普段からおしゃれしたい人だと、洋服にお金が掛かっている人も多いはず。普段から好きな洋服を着ていると気分良く快適にその日を送れるけど、家計の負担になっている場合は注意が必要かもしれませんね。

ファッションに掛けるコストを減らす節約方法が分かれば無駄なお金を浪費しなくて済みます。その辺を書いていこうと思います。

無駄な浪費はしない

本当の金持ちは無駄な浪費はしないという話は聞いたことがある人もいると思います。

お金をたくさん持っているだけでなく、そのお金を必要以上に使わないことを心がけているとという。生活に必要なものを長く使ったり”ブランド”物に固執することなく、不要なモノは買わないことが大切だと言われています。

確かに余計な服を買っていることに気付きます。

私が買い物する時を思い出すと、季節の入れ替わりで安いセール品の可愛い服が、半額ぐらいだと安いと思いいくつも買っています。さらにブランド物のジーンズが安いと高確率で購入しています。

これらのことを次回から衝動的に買うことを考えずにやめることを選択することも大切です。

浪費しないために安い服を買って失敗したことを思い出すことも重要!

セールの値札に釣られて服を買ったのはいいけど、品質が悪く、あまり長く着ることができなかったり、洗濯しただけで、糸がほつれたり、色落ちが激しかったりすることもありました。

今まで衝動的に買った物の中で、一番後悔したことは、革靴のブーツなど季節限定でしか、着用しないものです。よく考えてみると、一年で2,3回ぐらいしか履かない、カビやニオイの手入れが大変など値段の割りにコストが掛かっていることに気付きました。

学んだ事は、不要なモノは持たないではなく、良い物を賢く用途に応じた買い方が大切なんです。

ファッションに計画性を持たせる

家の中に着れる服があるのにそんなに必要のない服を買うってちょっと怖いと思いませんか?

もしかしたら、自分が持っている服について、把握していないかも。

例えば、洋服を必要以上に浪費し、買ってしまうかを把握しないと、同じことを繰り返してしまいます。洋服の浪費の多くは、クローゼットの中がごちゃごちゃしていたり、自分が持っている服を把握していない場合が多々あります。

自分に言い訳をしていることも考えられます。

例えば、私はいつもこのファッションスタイルを重視しているけど、この服が似合うかもしれないと色々と試してしまったり、今回この服を見逃せば二度と手に入らないかもと不安になり、ついつい購入しまったりすることです。

洋服を買う前に優先順位を決めておけば失敗する回数を減らせます。

■自分の持っている服を把握したいない、クローゼットの中が整理されていない人は、まず綺麗に整頓する事から始めることが重要です。

■その服は他のファッションと組み合わせて着ることができるかを考える必要があります。(様々なファッションと合わせて着こなせないと着る回数が減り、いつの間にか着なくなることも)。

■自分の好みのファッションスタイルをしっかり把握する。(ファッションは好きに楽しむことも大切ですが、自分に似合わない服を買って後悔したら意味がありません)。

■年齢に適していものを選ぶようにする。(いつまでも若い気持ちは大切ですが、年齢に似合ったファッションを心がけたい)。

ファッション通販のモデル画像に騙されない

あ~このモデルさんの服とっても素敵、私もこんな感じに着こなせるのねと、思い購入して届いたのはいいけど、いざ着てみるけど「何かが違う」ってことが起きました。

確かに、モデルさんが着こなす姿は購入する時の参考になるけど過剰期待は禁物です。三頭身のモデルパラメータから遠く離れた体型だと、悲しい結果になるだけです。

きっと、脳の錯覚で自分とモデルを重ね合わせて、騙されていることに薄々気付き始めています。

これも無駄な出費になるので、似合うかもしれないという期待も大切ですが、現実に自分に合ったファッションを探すことが重要です。

服への出費を減らす節約術

節約上手になりたいなら、アウトレット商品を狙うことをお勧めします。

季節の入れ換えでどうして店側が不要な夏服を処分したいと考え、在庫処分に洋服が安くなります。来年の夏に着ればいい人やトレンドは気にしないという方は、このセール期間に買い物をするといいでしょう。

売れない日が続くと、今でも十分安いのに、さらに安くなっていることもあります。

例えば8月31日になるとショップでは夏物の服の値段が半額以下だったり、投げやりの価格設定になっています。とくに成長が早い子供にピッタリな選択肢のひとつです。今より大き目の(ズボン、スエットシャツ、など)必要なものをリストにまとめてみることをお勧めします。

しかし、来年に備えて服を買うという賢い選択ですが、問題がひとつあります。それは今現在の体重とスタイルの維持です。とくに30代になってくるとなかなか脂肪を減らすことが難しくなってきます。そうなると無駄な買い物になるので、体重管理も重要になってきます。

オンラインショッピングの最大90%の割引を狙う

商品価格の最大90%の割引と聞くと飛び跳ねるほど嬉しいですが、見つけることが難しいのが、本音です。

しかし、アウトレットコーナー、セールコーナー、サマーセール、一日限定セールなど期間限定で叩き売りしているファッション通販サイトが多くあります。

自分のファッションセンスに合ったファッション通販サイトを10個ぐらい見つけて、週一でサイトをチェックすることをお勧めします。特に夏の時期や年末の時期は見逃さないように注意しましょう。

■仕事もプライベートもおしゃれを楽しむ大人の女性向けのファションが見つかる「FABIA(ファビア)」は30~40代のオトナ女性向けファッション通販サイトです。

■人気ブランドアイテムが多く充実している「Stylife(スタイライフ)」は半期に一度の大幅値下げを行なっているので、見逃せないファッション通販サイトです。

■こちらの通販サイト「セシール(cecile)」は毎週の様に最大90%の割引を行なっているので、利用しないのはもったいないです。

割引されるような洋服のほとんどは、数年前に流行った「トレンド品」ですが、安くて手に入るだけでなく、上手く着こなせる人にして見たらメリットしかありませんよね。

余計な買い物を減らすために服の収納をしっかりする

「買った服の着まわしが出来ない」「いつも似たようなコーディネートばかりになってしまう」そんなお悩みを抱えている人ほど、服がいっぱいあり、クローゼットに何が入っているかを把握していない可能性もあります。

私は、新しい服を買って後悔したことがあります。改めてクローゼットを見直したら、似たような服が合った!同じような服がいくつも出てきたことも。正直、いらない服を処分したり、まとめることが大切です。

服を吊るすときには、ハンガー選びが大切です。

これは服が傷付くことを防いだり、収縮性を保つためです。ただハンガーに掛けさえすればいいというワケでなく、クローゼットに詰め込みすぎないことです。服同士が重なり合って型くずれやシワの原因になるだけでなく、選びにくくなることもあります。

詰め込み過ぎだと「どこに置いたか一目で判断できない」「選んでいると洋服がずれ落ちる」など時間がない時や、イライラ下いる時にこうなるといっそう苛立ちが募ります。

お気に入りの洋服だけでも良いハンガーを選ぶことをお勧めします。

滑りやすい素材の服、限定に充補するハンガーや木製のものなどを重点に揃えておくととても便利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする