消化改善に必須のルール

a0002_151100_m

健康上の問題をこれから抱えたくない方や消化改善することで、胃酸の分泌を整え消化器系を元気にすることでこれから健康を維持するのに役立ちます。

6 Food Combining Rules for Optimal Digestion

5 Tips to Improve Your Digestion and Health

消化を改善する時に必要なルールついて上記サイトを参考にして考えて記事を書いていきたいと思います。

食べるときはよく噛むことが大事

食べ急ぎやよく噛まずに食べ物を食べると胃が必要以上に働かなければならないため、とても負担がかかってしまうという。

昔に比べると、子供や大人までも噛む回数が減っていることがわかっています。

■よく噛まずに食べ物を食べると、唾液があまり分泌されないため、口内の雑菌が繁殖しやすい環境になり、虫歯や歯肉炎を招く恐れもあることがわかっています。

■よく噛むと食べ物を粉砕し食べ物の表面積を増やして、唾液のアミラーゼが胃中のペプシンとよく混ざって消化しやすい状態になり、胃腸の負担を減らしエネルギーを効率よく吸収できるようになります。

食事中は水を飲まないがいい

食事中に水やお茶をよく飲む人も多いと思いますが、食事中や食後すぐに水分を取らない控えたほうがいいそうです。

■食事中に水分を取ると、料理を無理やり胃に流し込んでしまうようになり、食べ物の噛む回数が少なくなると、だ液の分泌が悪くなり、その結果、消化に悪い影響を及ぼしやすくなる。

■お茶に含まれるタンニンという苦み成分が、食品に含まれる栄養の吸収が妨げられてしまうことがあるようです。

絶対に飲んではいけないわけではありませんということですが、控えたほうが消化にいいことを頭の片隅に入れておいても損はなさそうですね。

朝の運動が消化によい

10分~20分間の朝の運動が代謝を高め消化にもいいようです。なるべく食事は運動を終えてから30分程度、時間を空けて食べるほうがいいようです。

■朝の時間帯は運動効果が高く、有酸素運動、腹筋運動やストレッチを行うと効果的と言われていて、その効果は、何も運動をしない時と比べて基礎代謝が10%程度UPした状態を保ちながら日中を過ごすことができるといわれています。

食べ過ぎは禁物

食べ過ぎることによって胃酸や粘液のバランスが崩れたりして、胃もたれや胃痛、胸やけなどの消化機能トラブルが起こります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク