ストレスを解消し、睡眠の質を上げる方法

5a6ca3eb08e456474e5dd91ad0c778cf

ストレスをうまく解消できない – 不眠症の主な原因。ストレスや心配事が多いと、なかなか寝付けなくなったり、生活を管理することが困難になり、食事のバランスが乱れたり、飲酒量が増えたりして日常生活に大きな歪をもたらします。

ストレス軽減に効果を発揮するいくつかの方法を元にこの悪循環を断つ事が大切です。

スポンサーリンク

瞑想意識の拡大

ストレス解消に肉体面での環境を整える事が重要ですが、精神面のストレスを軽減することも「睡眠の質」を高める近道になります。

意識的な瞑想の本質は心と体のバランスを安定させる事です。物事について、思考や感情の偏った判断を正しく正すことにつながります。心配事や不安な点をプラスに変更し、気分的にプラスの効果を発揮し睡眠を改善します。心理的な問題に悩まされたりしてもそれらと、戦う術が得られます。

意図的な瞑想を普段から続けることにより、不眠症やうつ病を軽減する事ができます。

瞑想は難しいと思われがちですが、意外と簡単です。

■楽な姿勢で座ります。床の上でも椅子に座ってもどちらでもいいです。

■ただ呼吸だけに集中して行います。

■何かしらの考えが脳裏に浮かび始めたら、再び空気を吸い込むようにします。

深呼吸

深呼吸することによって、副交感神経系と交感神経系のバランスを整え、血圧と心拍数の変動を抑えてくれます。「呼吸するだけで、ストレスをコントロールする」というとちょっと嘘っぽい感じに思えますが、医学的に呼吸は自律神経を整えてくれる事が分かっています。

座ったり横になりながら、腹式呼吸を行います。この時、鼻から空気を取り込み口から吐き出します。これを5-10回のサイクルを繰り返します。

意識的に横隔膜を上下させることにより、体中に酸素を循環させるだけでなく、ニ酸化炭素を十分に出し切ることができます。これにより、脳内ではリラックスした時に出るα波やθ波の状態になりやすなり、不眠や不安に苦しむ事が軽減し精神安定、血圧上昇抑制、脳の活性化などの効果が高まります。

深呼吸

音楽は歌うだけでなく、聞くだけでも不安や不眠の解消にピッタリ!自然の音や、インストゥルメンタル音楽など器楽の古典的な曲を聴くとある程度心が落ち着きリラックスできます。

私が最近よく聞く音楽はリズムとメロディーを重点に選んでいます。ネットで探せば無料で癒される音楽が沢山あります。

瞑想と動き

ヨガや太極拳のように瞑想に動きを取り入れている「プラーナヤーマ」が存在します。これらも睡眠に良い事が科学的に分かっています。動作と呼吸を使い分けて、気持ちを落ち着けたりできます。

太極拳は、流れるような動きと深い呼吸を組み合わせた古代中国の武術です。エクササイズのように何かしらの器具がいらなくて、己の身ひとつで行う事ができます。

YouTube Preview Image

ヨガは健康な人だけでなく、妊娠中の気分を改善し不眠症を緩和してくれるだけでなく、さまざまな病気を抱えた人の健康状態も改善する可能性があるとして、研究が進んでいます。

疲れが抜けない、寝つきがわりい方がこれらを試してみると、睡眠の質が改善されると思います。

http://kawayuistyle.net/soundly-to-sleep-when-doing-yoga-before-people-who-do-not-quite-falling-asleep-is-sleep-2109

立ち仕事の疲れや、運動後の疲労回復を早める信頼性の高い方法
生理的に疲労が肉体に蓄積されいってしまうと、苦しむ結果を生みます。疲労をかかえたまま運動を行うと集中力も落ちて質も下がってしまうことがあります。長時間の立ち、仕事も同じですね。

しかし、どれも瞬間的な結果が得られるものではないです。日々の暮らしの習慣になるように定期的に行う事により、ストレス耐性が高まり、ストレスを克服することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする