近視を進行させない予防対策

a045845ga45aw56_m

視力が悪い人が裸眼で雑誌やTVを見るときに毎回めがねやコンタクトのわずらわしさがあります。近視になってしまうと近くのものを見るのがつらい、スッキリと視界がよく見えたらいいなと感じています。目が悪くならないためにも普段から予防が必要です。

スポンサーリンク

そもそも近視とは?

YouTube Preview Image

近視とは、遠くを見たりする際に網膜よりも手前に光の焦点がうまく結ばれてピントが合わず、視界に入るものがぼんやり見えたりしてしまうので、目を細めがちになってしまったりと目が余計に疲れるようになってしまう状態です。

動画を見ると分かりやすいですが、主な症状に近くははっきり見えても、黒板などに書かれた文字がうまく見えない、遠くを見るとがぼけて見える。

■ぼやけた状態で、ものを見ようと目を細めて見てしまうと、さまざまなトラブルの元になってしまう場合もあるようです。例えば目の疲れや頭痛、肩こりに悩まされる、歩行中、つまづきやすいなど症状が挙げられる。

私も小学生の頃からめがねやコンタクトが必須なので、黒板に書かれた文字がはっきり見えなかった。この症状にすべて当てはまりますね。

成長期の十代は身体が急速に成長しているときに、近視が悪化することが分かっています。

最近では、8〜12歳の小さいお子さんの近視が増加傾向にあり、小中学生間ではその割合が年々高まっていると報告されています。調べてみると、近視の進行が進むのは小さい頃の方が多く、20才半ばまでに止まるといわれてきましたが、近年は子供もスマホの所有率が高まり、目の酷使する環境の影響で以前と比べて、近視が進むことが多くなっているという。

簡単な予防エクササイズ

長時間目を使い続け、目を疲れさせてしまうことが近視を進行元になってしまうということなので、簡単なエクササイズを行うことによって、疲れていた目を解消できるようです。目の筋肉の緊張をほぐすだけでなく、けいれんを防ぐことができます。

目の体操の最も具体的な利点は、視力の質を向上させることです。例えば疲れた目で作業し続けていると、作業効率が悪くなる事や肩こりにつながったりと健康に良くないので、疲労回復、リラックスさせることで、気分もリフレッシュし、そのあとの作業効率もアップします。勉強中の休憩の時やパソコンなど作業中に疲れたと感じた際に行なうと効果的です。

また定期的に行なうことによって、近視の進行を遅くしすぐに疲労を軽減するのに役立ちます。目の運動は、少なくとも3〜5分、一日二回行なう必要があります。

■近視の方が、近くばかり見ているようだと、時々遠くの景色を見たりするのもとても良い目の体操になります。

■リラグゼーション効果!しっかりと目を閉じてリラックスしてみてください。この目の体操では、人生のあらゆる楽しい瞬間を思い出す必要がある。例えば、穏やかな海や森を散歩しているような状態をイメージすると良いです。

■右回りで円運動を行います。これもとても簡単な体操、意識して目を回す目を上下、左右にゆっくりとしっかり動かします。たったそれだけと思いますが、目の筋肉がストレッチされます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする