バレンタイン「メイク」で男を魅了する?チョコより色気にドキドキ

2月14日はバレンタインデーです。
恋人、家族、友人など特別な人に贈りたいバレンタインチョコレート。「本命チョコ」「義理チョコ」最近では「逆チョコ」という言葉もありますよね。

そんなバレンタインデーがもう間近に迫っています。
誰に作るかは内緒ですが、毎回チョコレート作りに苦労させられているので、レシピを参考に作っています。今回は何か面白いチョコレートが作れないかと探していたら「お菓子作り」とは関係のない興味深い記事を見つけたのです。

バレンタインに出没!男を惑わす罪な女5選なんだこのネタ的なタイトルはとつい釣られて記事を読んで見ましたが男性はバレンタイン当日になるとドキドキ・ソワソワしているらしい。

株式会社イプサが20〜35歳の働く未婚男性200人に「バレンタインには、普段と違うドキドキ感がありますか?」と聞いたところ、20代男性の約4割が「ある」と回答。30代男性でもバレンタイン当日は、3人に1人が内心ドキドキしていることがわかりました。

私は女性ですが、この心理状態は分からなくも無い気になるあの男性から「逆チョコ」という妄想をするとドキドキと鼓動が速くなります。ただのチョコ選びから告白といった流れも起きるかもしれないと思うと精神的にソワソワしてしまいそうです。

女子もドキドキしているよと言いたい。学生の頃に雑誌にチョコレートを好きな相手に渡す際に手紙を添えて好きという想いを告白すると気持ちが伝わりやすく、恋愛が成功するということが書いていたので、即実行してみました。

何はともあれ結果は撃沈でしたが、あの頃の淡い気持ちは今でも覚えていますね。
チョコレートの箱に手紙を添えて想いを手紙やカードで伝えるという行為に女性ホルモンがぐんぐん出ている感じを思い出した。

あの頃の自分が文章を書いていたらもっと「かわいらしさ」があったと思うんですが、今の私ではかわいらしさやセクシーさを演出することもできない・・・。

スポンサーリンク

手作りチョコも大切ですが、メイクやファッションといった見た目の美しさも重要みたい

やっぱり男性も女性の服装やメイクをしっかり見ている人も多い様ですね。バレンタインにおける大切な事は「見た目の女性らしさ」「手作りチョコレート」「相手に想いを伝える手紙」いかに男性好みの演出をすることが重要か、見えてきました。

ほかにも、男性の6人に1人が「女性のメイク・ファッションで、バレンタインデーの予定の有無を推測」していることが判明。反面、女性は予定の有無にかかわらず、バレンタイン当日は4人に1人が「メイクやファッションを気にする」と回答しています。

私は手作りチョコと告白様の手紙はやったことがあるけど、バレンタインに男性好みのメイクをやっていなかった。今までバレンタインに関連するメイクに関心がなかったことを後悔しています。

雑誌や動画を徹底的に調べた結果をここに残しておきます。ファッションやヘアメイクも大事な要素のひとつですが、とりあえず気になった勝負メイクを紹介します。

YouTube Preview Image

薄いピンクアイシャドウにホワイトパールを加えたシンプルでかわいらしいナチュラル感を引き出していますね。

YouTube Preview Image

顔の「立体感」を引き出しながらセクシーでパーフェクトなグラデーションを作り出す多色使いセクシーな艶リップで締めていますね。かわいらしさをアピールするか、セクシーな印象を相手に与えるか、悩みどころですね。

YouTube Preview Image

多色使いベースメイクやアイメイクを重要視しているけど、あまりやり過ぎてしまうときつい印象になちがちですが、シンプルなピンク、ボルドー使うだけで柔らかい印象を引き出してくれますね。

YouTube Preview Image

どの動画も濃いピンクは男子受けNGということが分かりました。その代わりに、使うストーンの色味は、あえてほんのり色づく淡いピンクが重要!ピンクホワイト、ウォームピンクといったグラデーションアイシャドウを探しているなら「コスメデコルテ AQ MW グラデーション アイシャドウ」がお勧めみたいです。また大人の キュートな魅力を最大限に高めるためにもベースメイクも薄めにすると新しい魅力を引き出せます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする