お腹の膨らみぽっこり下腹を4つの手順を踏んで解消する

ab39ae96f4c81b2e6577a51fd2a9cdc1

引き締められたとは程遠いたるんだお腹、見た目はほっそりだけどお腹にだけ脂肪がつくことが多い方も多いそうです。

ダイエットしたのにお腹周りだけがポコッと出ていて悩んでいる。あまり気にしたことがないけど、「ただ単にお腹が出ている」おなじみのこの問題に対処する方法を、書いていこうと思います。

ぱっと見、痩せて見えていてもお腹に膨らみが多少出ている。このお腹の膨らみをどうにかしたいからダイエットしたり、ジムに通うほっそりとした人も多くいますよね。

いくら運動をしてもスマートな腰回りにならない場合、腸内環境が悪い可能性があります。

痩せたいならフィットネスジムに通う必要がなく、つらい運動をしないくてもいい事を知っていましたか?今まで履けなかったタイトなミニスカートを着こなせるようになります。

普段摂取している「食事」が栄養バランスが良く適切なものだとしても問題になったりします。今、お腹がポッコリしている理由が隠されています。

解決策は食事の変更を行います。

野菜・果実を多く取っていても腸内のビフィズス菌が欠如していたり、量が極端に少ないとお腹を膨張させます。消化酵素によって分解されなかった食物繊維は微生物によって分解されます。この細菌が十分でない場合、分解されずゴミとして体内に停滞した。その結果、腸内にガスが充満して、腹部のふくれたり、便秘などの副作用を引き起こします。

こうなったら、単純に腸内細菌の量を増やす必要があります。

注意!腸内フローラを構成する腸内細菌の種類や割合が、人によって微妙に違ってきている事が、分かってきているそうです。

スポンサーリンク

病原微生物を養う食事を最小限に抑える

なぜでしょうか?

私たちの腸内では細菌同士が、生存のために必死になって戦っています。善玉菌と呼ばれるビフィズス菌が多く、いわゆる悪玉菌が少ない状態が理想です。

病原性真菌や細菌の大多数が多い状態をビフィズス菌が多い状態に変える必要があります。したがって、悪い菌が好む食事を極力食べないような生活習慣が大切です。

ある食品を控えるという食事療法が効果的です。

■砂糖

■酵母

■たんぱく質・炭水化物(小麦、白米、キビ、ケーキなど)悪玉菌は肉類のタンパク質やアミノ酸を餌に生育し、支配力を増大させていきます。

ほっそり平らなお腹を得るためにこれらの食事の量を減らす必要があります。ただ控える・当面の間は摂取しないと言っても中途半端な意思では失敗します。

病原体を破壊

抗生物質を飲んでピンポイントで腸内細菌を調整できるようになればいいですけ、実際問題、抗生物質は悪い菌もよい菌も等しく抑えてしまうので、腸内環境を崩してしまいます。

悪玉菌が嫌う天然抗菌剤を摂取して抑えてしまいます。

ニンニク、オリーブの葉、オレガノなどが配合された「サプリ」は腸の悪玉菌の増殖を防ぎ、便秘解消にもつながります。

ちなみに乳酸菌やビフィズス菌の多くは腸に届く前に減ってしまうと言われています。その一方で、プロピオン酸菌は、体内の玉菌を増やし、腸まで生きて届く優れものです。

このように身体に負担をかけずに長期的に有害な菌類や細菌を体内から減らす事が必要です。

ビフィズス菌を摂取する

悪玉菌の繁殖を防ぐ事と並行して、腸内で良い細菌がすくすく育つようにする必要があります。

粉末やら、サプリで補う事ができますが、可能な限りお金をあまり使わずに出来る方法も大切です。

朝食、昼食、夜食に無糖のゴーグルトを飲む・食べます。満腹感を得るだけでなく、腸の善玉菌の量を増やして悪玉菌の総量を少なくして、腸内環境のバランスを整えることができます。

一般的なアドバイスになりますが、ヨーグルトは予防の目的に定期的に摂取しましょう。

どのような商品を選べば良いのか?ビフィズス菌の量なんて分からない人も多いと思います。

前面にビフィズス菌を押し出してきているような商品には、1粒に20億個以上配合!1袋に1兆個などパッケージに記載されています。さらに価格も関係しています。

体内のビフィズス菌を増やす

ただサプリメントを飲んでいるだけでは意味がありません。ビフィズス菌に良質な餌を与えて腸内環境を整えるが一番重要です。

腸に優しい善玉菌と言われる菌は野菜が大好きです。実際は食物繊維です。野菜を食べる利点について、多くの理由があります。

特にきのこ類、海藻類、ネバネバする食品を食べることをお勧めします。溶性食物繊維は善玉菌の食糧となって、腸内環境をととのえてくれます。

このような食生活を続けていくと、お腹が張ることがなくなってきます。私の場合は、2週間ほどでお腹周りの違いを実感しました。2カ月が過ぎた事、この野菜中心の食生活に慣れて不便さを感じることもなくなります。

この食事療法の効果はお腹の環境を良くするだけでなく、その他にも利点があります。

■糖質を含んだ食事を控えることにより、顔色が改善し皮膚の発疹もなくなります。

■免疫力が高まり、風邪や病原菌による病気にかかりにくくなります。

■便秘ってなんだっけ?というぐらい快便になります。

■血糖値を一定に保てるようになり、疲れにくくなります。

それから、水分補給は一日に少なくとも2リットルを目安に飲みます。食物繊維が豊富な野菜やヨーグルトを食べても便秘を引き起こす場合は、「水分不足」が原因です。他にもストレス、運動不足も関係しています。

コーヒーとジュースを良く飲む人は控えた方がいいです。緑茶やコーヒーに含まれるカフェインは腸の働きを促進する作用もあり、腹痛や下痢を起こすことがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする