ヨガマットバッグを買う前に選ぶべきポイント

6ae642769af732f250b396

マットバッグは別に要らない人もいると思いますが、外出先に持っていくことを想定すると必要になってきます。ヨガマットをお外に運び出そうと、素のまま扱うことは難しいです。ヨガマットを丸めたら分厚くなりますし、重さや長さもあります。その状態で持ち運びを行ってしまうと間違なくごちゃごちゃになってイライラします。

毎日の持ち運びを想定すると、重い思いをしてまで持ち運びたくないのが、本音です。私はもちろん嫌です。軽量型のマットも例外ではありません。

ちなみにヨガマットバッグや、マット自体を収納しやすくする簡易的なストラップがあります。それらは肩にかける事によって持ち運びがスムーズになります。ほとんどのヨガマットには、収納用としてストラップが付属していますが、電車や通勤時に使う事を考えると、十分ではないと思います。その理由はストラップの紐が切れやすいからです。マット自体がある程度の重さがあるので、何回か使用していた時にある日突然、紐がブチッと接着面から外れてしまいます。またマットを収納中、お家で使用していた時も同じように紐が壊れてしまいました。

やはり、長期的な使用を考えますと、マットバッグに投資した方が賢い選択になります。ただ何でもいいから買うという選択ではなく、収納バッグを購入する前に考慮するべき点がいくつかあります。

スポンサーリンク

余裕サイズと質

新しくヨガマットを購入しようとネット経由で買ったのはいいが、イマイチというか失敗しました。マットの大きさに合わないピチピチのバッグを買ってしまい後悔しました。後は、中身が見えるぐらい生地が薄いショルダータイプの割に持ち運びにくく苦労しました。

少しばかり、お金に余裕を持って買えばよかったです。理想は生地が厚く、多少柔軟性を持ち合わせて幅が広い(大きめのマットが余裕ではいるサイズ)に投資すべきだった。その時は最低限の知識が無かったので、結果的にマットバッグ選びに失敗したという分けです。

持つべきバッグは大きめで耐久性が十分にある良質なバッグです。

理想的なヨガバッグ

良質なモノを見つけるには、意外と知らないことが多いと思います。環境に優しいタイプを見つけるには天然素材で作られたモノを選べばいいですが、それが必ずしも正しい選択だとは分かりません。私が選ぶ時は雑菌やら、細菌が繁殖しずらい作りのマットバッグを選択します。そのためには、空気の循環が大切です。だから高品質の空気孔が付いてる必要があります。

汗臭い状態を防ぐ通気性のよい布地

汗を掻いたマットをバッグに収納する時に、密閉状態で何時間も入れて置いておくと、どうしても雑菌が沸くので空気孔がとても重要になります。日常的にマットを使用することを考えているなら、清潔感を保つことも忘れずにする。どんなに利便性が高くデザイン性も素晴らしくても「通気性」を売りにしてなければ私は、買いません。

ちなみに下のバッグは、大きな外ポケットとファスナー付きの内ポケットが付いていて、綿100%の作りでデザインもインドの刺繍が施されている風に見えます。

Hugger Mugger Batik Yoga Mat Bag, Blue [並行輸入品] Hugger Mugger Batik Yoga Mat Bag, Purple Multi [並行輸入品] Hugger Mugger Batik Yoga Mat Bag [並行輸入品]

素材選びを間違えない

お値段が高いバッグを購入しても材料が細菌を発生しやすいモノで作られているなら、失敗です。毎回のようにマットを掃除するなら別ですけど、そうでない場合、細菌の繁殖を抑える材料で作られたバッグがいいです。例えば水をはじく性質があり、湿気を良く吸収する「綿、ナイロン、リネン」で作られているものを探してください。 また汚れた時も簡単に洗える事も考慮に入れると、いい材料で作られています。

これらの材料の耐久度を考えると、普通に使えば長く使えますし、簡単に破けたりしないです。雑に扱うことなく丁寧に扱えば一生ものになると、考えています。

デザインより利便性を考慮に入れる

ヨガ教室に通うことを想定すると、バッグが絶対に必要になってきます。ちなみにヨガバッグの種類は、ケースのような袋に収納するタイプや、リュックタイプなどがあります。

あ!このデザインカワイイ!私好みの色合い、蝶がデザインされている。限定品だと、これは買うしかない。そんな後先考えない衝動買いをしてしまいます。これは、深い考察力を必要としませんが、後から失敗したパターンに陥る可能性があります。

デザイン的に可愛く、機能面も素晴らしい物がありますが、考えなしで良品を買えるほど甘くありません。まあこれはという決まり文句はありませんが、ヨガマットバッグを購入する時に考慮すべき点は素材だけではないという事です。

(Manduka) ロード トリッパー(ダッフルバッグ) トレック Roadtripper-Trek (GD) (Manduka) ロード トリッパー(ダッフルバッグ) トレック Roadtripper-Trek (GD) (Manduka) ロード トリッパー(ダッフルバッグ) トレック Roadtripper-Trek (GD)

手に持つか、肩にかけるか

どちらに選ぶにせよ。たっぷり収納可能なヨガバッグを選択した方が利便性が高いです。服装に合わせたデザインもいいけど、ヨガマット、ウェア、ヨガマットを拭くタオルや、フェイスタオル、バスタオルなどがたっぷり入る方が便利です。

また見た目に、収納スペースがないように見えてもポケットが多くあるようなバッグもお勧めです。最低限の荷物だけでいいという思考の人は、手荷物が少なくて済むようにヨガマット、鍵、スマホ、タオル、ペットボトルなどが入るバッグを選びましょう。

「通気性→素材→収納→デザイン」可能な限りこれらを考慮に入れて欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする