1冊も本を読まないから抜け出し「子供に読書」を勧めるポイント

a1180_00995894_m

現在の子どもたちは本を読むことを望んでいないようだ。
10年前から読書の低下が言われていましたが、本を読むことが好きではないでしょうか。

本を読むことは字を覚えるスキルだけでなく、物語を想像することにつながり、右脳を鍛えるトレーニングになります。

無限の世界を想像できる。
本好きの一人としては文字だけで表現された世界を想像するのはとても楽しい時間です。本の言葉を読むと同時に、さまざまな世界を広げられる素晴らしいツールです。

右脳だけを鍛えるだけでなく、読む力は左脳の成長にも欠かせません。
脳トレに向いてる読書は左脳右脳を同時に動かす一朝一夕なものです。

1冊も本を読まない子供もいるようですが、それをPCやゲームが悪いという非難の声もある。しかし、それは大した問題でないと思うんです。PCやゲームのやり過ぎは問題ですが、一番悪いのは大人の対応だと思う。

本を読んでいないことを心配しないことが大切です。
PCやゲームでも素晴らしいストーリーを読むことができるので、無理に取り上げるようなことがないようにお願いしたい。

うちの子があまり本を読んでいないだよを修正するいくつかの方法があります。

スポンサーリンク

読んで聞かせよう

読み聞かせですね。
これは字を覚えていない期間中にお子さんに読み聞かせて、今日もパパ、ママこの本読んで~と読書が好きになるように導く方法です。

読む本によって違ってきますが、感情豊かに声を出して面白い物語を読み進めていく方法です。
一度子供に読み聞かせる前に練習することもいいかもしれません。
物語の主人公を演じるように最も興味深いポイントを覚えて、読むことをお勧めします。

たとえば、もし、子供が幽霊や怪物に興味があれば、その関連した本を読み聞かせる事で、あなたが幽霊や怪物に見えるかもしれません。

それぐらいリアルに読み聞かせる影響は大きいです。「この世界はとてもおもしろい」でしょってね。大きくなればいくらでも知識を広げられますが、創造力は違います。小さい頃から創造力を伸ばすと将来役に立つ。

今度はあれを読みたいと興味の幅を広げる。物語を感情豊かに読み聞かせることで、人の気持ちを理解し、感情豊かな優しいことに育ちやすくなる。
ただ本が好きになるだけでなく、知能も高くなり、好奇心に良い影響を与えます。

読む段階が大切

お子さんに成長段階に合った本を奨励します。
親が読んでほしいものを子供に与えるのは愚かな行為になる。
子供の成長は早く、興味の移り変わりも早く時間の経過とともに変化し、読書の傾向も変化していく。子供が読みたいと感じることが重要です。場合によっては興味深い本を一緒に探してみてください。

それが百科事典のように値段が高くても購入したほうが良い、それが無理なら図書館で借りることをお勧めします。

子供がすでに単語のほとんどを理解しているなら成長に合わせた本を与えることで、将来に役立つ可能性が高いです。

本を早く読めるようにするために日常生活の中で文字を覚える習慣を取り入れる。
例えば子供と散歩しながら標識の文字を覚えたり、意味を教えたり、ショッピングセンターなど生活の中にたくさん文字が溢れているので、それを利用しないことは勿体無い。

難しい商品の名前を勉強し、カフェのメニューを読む小さな好奇心を無駄にしないために子供があれ何んって読むのと何度も言ってきますが、めんどくさがらずに教えたほうが良い。

実際に生活の中に溢れる文字を読むことができるようにすることが一番重要であるかということです。

読む本は紙の媒体でなくてもいい

ガジェットを使用してください。
もうすでに取り入れている方も多いと思いますが、タブレットやノートパソコン使い。
読みたい本をいつでも購入できるようにインストールや読むために必要なソフトの使い方を学び電子書店の利用方法を教えてあげてほしい。

使い方や探し方が分からないと本を選べません。
最終的に購入するのは親ですが、たくさんある中から本を選ぶやり方を示して下さい。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

電子書籍ストアBookLive!

最近では小さいお子さんも読める「児童書」も豊富にあります。それだけでなく、鉄道、恐竜、動物などの図鑑まで取り揃えている。書店に負けないぐらい読みたい本はだいたいあるという分けです。

電子書籍のメリットはすぐに読めることに加えて、一部無料や値段を抑えた期限付き読めることです。また子供や大人も含め一度読んだらもう読まないという人に最適なサービスなどがあります。

親子の最強コミュニケーションツールになる

小さい頃は読み聞かせることがコミュニケーションになりますが、大きくなった時にこの本面白いから読んでみなと互いに勧めあったり、本の内容について深く語れる。

また親が自身が頻繁に本を読む姿を子供が見ていると、子供の本に興味を持ちやすいです。
両親が普段から読書していると子供自信も熱心な読者になる可能性が高いという分けです。

多彩のメディアを利用する

現代のテレビ、映画、ゲームも立派な文学になります。
映画はリメイク作品が多くあり、内容も違ってたりすることも多々ある。
有名な作品が映画化された本を知る機会になります。この映画の原作あるけど読んでみない?と子供に尋ねるきっかけにもなる。

映画では表現されてい部分やカットされてたシーンも多いそんな時は、原作の全部を本当のスクリプトやソースの違いを読んで欲しい。

物語の本当の始まりと終わりを理解することに役立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする