「植物油」の種類が多すぎて困る!自分の健康を考えて選ぶべきポイント

i5784Q-ii0

植物油の健康に関する利点は、多く知られている。どれが自分の体によい油なのか理解する事が大切です。不飽和脂肪酸など体によいと言われても難しくて分かりにくいと思うので、細かい分類を省いて、よい油についてまとめて見ました。それぞれユニークな特性を持っているので、その辺を詳しくまとめて紹介します。

ごま油

小さなごまを焙煎し、圧搾してつくるごま油はビタミン、亜鉛、特に豊富に含まれています。必須脂肪酸のひとつに挙げられるリノール酸、悪玉コレステロールを抑制して血液自体をさらさらにするオレイン酸、抗酸化 成分のセサミンなどがたっぷり含まれており、したがって、正常骨粗しょう症および心血管疾患を予防するためにも効果的です。

また、「セサミン」として知られているごま油は、古くから人気があったし、薬効、料理、化粧品などに使用されていました。また、広く利用されて、今でも古代インドの伝統的医学「アーユルヴェーダ」に使用されています。

■ごま油は貴重な食料と優れた治療薬:
・効果的に様々な肺疾疾患、息切れ、喘息、乾いた咳
・糖尿病患者にお勧め
・血小板の数を増加させ、血液凝固が向上
・ 肥満などの体重減少に効果的
・増加胃酸の治療
・閉塞を開き、血栓の形成を防止
・胃腸疝痛、腎炎や腎盂腎炎、腎結石を防止
・貧血

亜麻仁油

亜麻仁油は体内のホルモン・バランスを調整してくれて、女性ホルモン(エストロゲン)を作用を働かすことに役立ちますので、このオイルは、女性的に最適と考えられている。また、強力な抗酸化物質「オメガ3」や「オメガ9」などが含まれています。

亜麻仁油は、古くから人々に有益な効果をもたらしていたことが分かっています。スキンケアやヘアケア用の外用剤として使用した様です。

亜麻仁油は妊娠中の妊婦さんにとても良い効果があります。アマニ油は、赤ちゃんの脳の適切な発達に必要な不飽和脂肪酸オメガ3が含まれています。また食品を調理する際にアマニ油を使用していると、脳卒中のリスクを40%減少させることも知られている。

アマニ油は若さと長寿のビタミンも豊富に含まれています。ビタミンEが多く含まれており、動脈に”悪い”コレステロールの沈着を防ぎます。またビタミンFは、髪や皮膚の良い状態を維持してくれます。ビタミンFは、飽和脂肪を燃焼させて体重減少を促進する。

またビタミンAは爪の成長に欠かせないビタミン、皮膚の細胞を活性化されたり、毛髪の成長を促進します。ビタミンB群、皮膚の健康と神経系のバランスを整えてくれます。

マスタードオイル

マスタードオイルは、脂溶性ビタミンの吸収を良くしますし、特定の香りとピリッと辛い味があり、サラダに最適な油です。

一般的にマスタードオイルは脂溶性ビタミンを持っています。これは、ビタミンA、ビタミンK、Pのおかげで、成長促進や毛細血管、修復物質カロチンの強さと弾力性を改善し、体の免疫系を高めてくれます。

また、マスタードオイルは、窒素代謝と体内でのアミノ酸の合成と分解に重要な役割を果たしているビタミンB6を含有しています。
植物油は、消化器、循環器や呼吸器疾患の治療に最適です。

コーン油

コーン油の特徴を決定する主な要因は、高い不飽和脂肪酸(ビタミンF)の含有量に加えて、ビタミンEが含まれているということです。
トウモロコシ油はビタミンEが豊富に含まれているので、免疫系を強化するのに役立ちます。これら抗酸化物質のおかげで、体内の老化プロセスを遅らせたりと嬉しい効果があります。また代謝に影響を与え、血液中のコレステロール値の調節をサポートし、肝臓、腸、胆嚢の機能を向上させます。

トウモロコシ油に含まれるビタミンEは、女性の神経疾患の治療に不可欠である。
コーン油に含まれる不飽和脂肪酸は、感染症に対する身体の抵抗性を増加させ、過剰なコレステロールの排泄を促進する。未精製コーン油は、偏頭痛、鼻炎、喘息などの治療に民間薬として使用されている。

オリーブオイル

古代エジプト時代からオリーブオイルは、金の液体と呼ばれていました。また平和の象徴だったし、体に良い栄養成分が豊富に含まれていたことが高く評価されていたようです。

オリーブオイルは、数ある植物油の中で最も健康に良いと考えられる。その理由は、血圧を正常値に戻したり、心臓や消化器官を改善します。オリーブオイルの定期的な摂取は、乳癌の予防効果がある。

一切化学的処理を行わない最高のバージンオリーブオイル(ラベルに英語ではextravergine、エキストラバージンオリーブオイル)ということが表示されています。オリーブ油の酸性度は、1%を超えない、油の酸性度が低いほど、収穫後早く絞ったと考えられている。オリーブオイルの風味や質は、時間の経過とともに劣化するので、冷暗所に保管してください。

かぼちゃ種子油

かぼちゃ種子油は日本では、一般的ではないですがリノール酸、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、ステアリン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

・前立腺の活性を正規化し、腺腫の発症を防止
・アテローム性動脈硬化症と冠状動脈性心臓病に有効
・ 胆石の形成を防止
・肝臓を保護し、消化管の機能が向上
・血中のコレステロールを低下させる
・抗炎症作用
・日焼けから保護し、皮膚組織の再生を加速
・身体の免疫力を刺激する
・抗真菌、抗寄生虫や駆虫効果
・お肌の状態を改善
・ 髪と爪の成長を回復し、加速するのに役立つ

カボチャ油の治癒特性は「ミニチュア薬局」と呼ばれています。
カボチャ種子油は、サラダドレッシングとして最も頻繁に使用される様です。この油の成分の多くは、加熱調理によって多くの特性を失うことになるので、加熱する料理に使用することをお勧めしません。カボチャオイルは冷暗所に密栓瓶で保存する必要があります。

シダー油

シダー油は、体内で合成されないビタミンEが豊富に含まれており、多価不飽和酸が多く含まれている杉の油です。

・強壮効果がある
・慢性疲労症候群を予防するのに役立つ
・人体の精神的、肉体的能力を増加させる
・男性の効力を増加

お風呂やサウナでオイルを使用すると、しっかりと弾性だけでなく、皮膚病を予防するためのステップ作りが行なえて、肌の若返りの効果的です。

ピーナッツ油

ピーナッツ油が使われる用途は、フライパン、フライ、サラダドレッシング、料理用のソースに使用され、東アジア地域でよく利用されています。

・記憶、注意と聴覚が向上します。
・血中のコレステロールレベルを低下させる
・心血管系の疾患などに効果的
・腎臓と胆嚢、機能を正常化します。
・血栓の形成を防止
・神経系に鎮静効果が働く
・肥満、胃腸の問題、肝臓と腎臓の病気で苦しんでいる人に最適

クルミ油

クルミ油はとても貴重な商品です。

・傷、骨折、非治癒潰瘍の治癒を促進する。
・乾癬、湿疹の治療に有効
・体重減少と体の若返りに効果的
・コレステロールの生産を減少させ、血管壁を強化する。
・心臓病のリスクを低減

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク