Windows Phoneのスマートフォンを選ぶ決め手となるポイントや理由

Androidと比べるとWindowsPhoneのスマートフォンを使用している人は多くないと思うんです。iPhone、Android、Windowsと三種類のosがあります。その中からWindowsPhoneは他の端末と比べて、個人の使用用途にもよりますが、優先度ははるかに低いと私は思っています。スマートフォンの三大OSの中から選ぶことになる、しかし、そんなOSの1つであることに変わりはないです。

三大OSの持つ、それぞれの特長や機能性を理解することで、自分の使用環境に合わせた選択ができるようになります。Windows Phoneのスマートフォンの所有者となり、とても鮮やかなデバイスの使用感などを共有したいです。

スポンサーリンク

AndroidとiOSの利点

スマートフォンを購入する時に何をポイントに選べばいいのか、どのosを買ったらいいか分からないといる人も多いと思うんです。その辺をザックリ説明します。

おそらく、アンドロイドはアプリの豊富で、ゲームや生活を快適にしてくれるそんな便利なAndroidアプリ特徴です。そのため様々なアプリを試してみたい方や技術的に高度な遊びを行ないたいユーザー向けです。

Apple製品の斬新なデザイン性は他のメーカーと比べられない、創造的なものです。Androidと比べて、iOSはアプリが厳選されてしまいます。色々とアプリを使いたい方には向いていない場合もあります。利便性を求めない仕事向けにビジネスシーンで活躍できる。そんなツールが無償で利用できるアップル社のiworksがあります。なので、iPhoneはビジネスマン向けのApple製品という分けです。

Windows Phoneのスマートフォンは?他のosより劣っている?それとも使う利点が多い?そんな疑問も持っていました。Windows Phoneを使用してみると基本的なことが分かってきました。

処理能力・サクサク感

デバイスの速度は、iPhone、Android、Windowsなどのデバイスのハードウェア仕様に強く依存していることを理解することが重要です。例えば製品仕様の商品の情報にCPUの性能やメモリが低いと実際に製品をする際に画面がもっさり、カクカクと重くなったりします。

当然のことながら、どの機種の処理能力が高い優秀だとかを予算を限定しない限り、ガジェットを比較することはできません。

しかし、アンドロイドと比べてみるとWindows Phoneのデバイスは、自分流にカスタマイズが出来ない点もありますが、Microsoftらしい良いシステムを最適化しています。画面上でウィンドウを切り替える時の画面の平滑性、実行速度などに不安はありません。画面を動かすのも滑らかで速く、楽しいです。

インターフェース

By: okubax

高い品質や技術革新を起こしてきた「Apple」のiPhone比べて、Microsoft後進と衰退したとそんな非難もありました。 しかし、最近のWindows Phoneのインタフェースから新しいアプローチを感じます。

GoogleとApple両方共にありふれたアイコンやボタンが特徴です。 Microsoftは、デスクトップの画面上を埋め尽くす、ガジェットをギュウギュウに任意の数を設定してアイテムを作る事ができます。このインターフェースのデザインが見ていて、触ってみて、楽しさを感じるポイントです。

セキュリティ

マイクロソフトOSは、既存の中で最も安全なセキュリティのひとつです。

pc同様にスマホもウイルス対策やフィッシングサイトなどしっかり予防できていると悪質な被害に合うリスクは低くなります。Windowsの携帯電話に関しても同様です。

またWindows Phoneにインストール可能なアプリは、Androidと違いMicrosoftによって、アプリが厳選されています。ユーザーに提供される前に厳しい事前審査を通過したアプリのみが登録されています。なので、悪質なアプリを誤ってインストールして、個人情報が盗まれたとか、そんなリスクが限りなく低いという分けです。

カメラ

カメラの性能はメーカーのデバイスによって、違いがとても大きいです。デジタルカメラ並みの性能を発揮する程の機種なら値段も高くあります。しかし、MicrosoftとNokiaデバイスは他社を上回るカメラの性能や価格です。ノキアのスマートフォンならモバイル写真撮影に向いています。これ本当にスマホで撮影を行なったのとビックリするほど圧倒的に高性能です。

ソフトウェア

ソフトアプリに不満だらけ?
ゲームや実用的なアプリの数の少なさは、アップルストアやGoogleストアと比べてしまうと見劣りしてしまいます。iOSやAndroidのように生活の役に立つアプリが多くないです。

iOSやAndroidで愛用していたアプリが使えないという分けです。
デフォルトでは、時計、カレンダーやスカイプなどのソフトウェアをインストールしなければなりません。例えば電卓や天気のアプリ種類も豊富とは言えない状態です。

アプリにそれほどこだわらない人やウェブサーフィンとメール、マップなどがあれば良いという考えの人に向いています。重要なソフトウェアについては、Windows Phoneのプラットフォーム上にほとんど実装されているので、余分なものを追加する必要もなく、シンプルな状態のまま使えます。

さまざまな意見もあるでしょうが、失敗しないスマートフォン選びは使うユーザーによって変わってくることが単に言いたかっただけです。十分に読書したり、音楽を聴いたり、ゲームで遊びたい人は他のosを選択すると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする