人生を変える快楽ホルモンの仕組みが面白い

kiga458453iJga45

人間の体は、快感を引き起こす多くの物質を生成します。日々生活していくなかで感じることが出来る「楽しい、良い気分、幸福感」などは、神経インパルスの伝達に関与しています。これらの物質は、神経伝達物質と呼ばれています。

最近イライラする期間が長い、普段ならそんなに起こらないのに頭に血が上る、何となく気分が冴えないなどの気分は、セロトニン(神経伝達物質)が関係しているかもしれません。

スポンサーリンク

神経と脳の連絡に欠かせない化学物質

セロトニンは、ドーパミン、エンドルフィンなどの物質は、喜びのホルモンと呼ばれています。
セロトニンが不足状態でいると、気分的な問題も生じますが、痛みに対しても敏感になるので、不快な状態は健康に良くないので、誰もが快楽を得たいと思うでしょう。それが脳内のドーパミンを上げる傾向にある理由です。しかし、話はそう単純ではない。

ドーパミン

ドーパミンは、脳内を覚醒してくれて、心理的にドキドキ、わくわくなどの快感を生み出してくれる物質であり、創造性を発揮されるといわれます。

神経インパルスの伝達を担う神経伝達物質が、心の機能に影響を与える、正常なホルモンですが、毎日の楽しみのために過度なアルコール摂取などのコーディアルの手段は、非常に危険です。

しかし、中脳辺縁系経路におけるドーパミンニューロンの産生を引き起こす一般的な物質である。このアルコールとニコチン、タバコ、および特定の薬物の構成要素は、脳が興奮状態を作った状態を提供します。

アルコール、ニコチンおよび他の薬剤は、他の深刻な健康問題に深く影響しますし加えて、服用を止めたり、減量すると、脳内バランスが乱れて、脳の興奮状態だけが続きなかなかやめれない原因となり、一般的に依存と、呼ばれています。

また、すでに社会的に深刻な依存して認知されている薬物は、いわゆる身体や精神の破壊につながるので、絶対に手を出さないことが大切です。

喜びは日常から得られます。例えば、ドーパミンの放出は、あなたが愛する誰かとの強い結びつきを持って引き起こす。またアーティストが奏でる音楽なども同じ効果がある。

セロトニン

セロトニンの不足によって、うつ病になったりします。この物質は感情のコントロールに関わる神経伝達物質なので、不足してしまうと、人とのコミュニケーションがうまくとれなくなるといった心配も生じてきます。

体内のセロトニンレベルを増加させる薬剤がある。つまり、抗うつ薬というものです。しかし、医師の処方箋なしでそれらを使用することは大変危険です。個々の状態に応じて、薬は処方されますが、投与量を超える摂取は非常に危なく、体内でセロトニンの過剰分泌は死亡につながることがわかっているので、とても危険です。

加えて、ドーパミンとは異なり、セロトニンは、多かれ少なかれ安全に適切な​​食品から摂取することで、カバーできます。(例えば、チョコレート、ナッツ、バナナ)などに豊富に含まれています。これら食品には、アミノ酸トリプトファンから体内で生産されているという事実があり、自然の抗うつ薬の一種として、感情的な回復につながります。

しかし、チョコなどの食品は脂肪分や糖分が高いことを忘れてはならない。なので、気分を向上させるために、チョコレートやバナナをたくさん食べる必要はありません。トリプトファンが豊富なトマトを食べることで、体重を気にしないで気分向上がえられます。

興奮や不快感を鎮め幸福な気分を生み出すのがセロトニンですが、 炭水化物や炭酸飲料を過剰摂取すると健康にあまり良くないことが分かっています。

炭水化物の摂取は脳内のセロトニンを増加し、組織中のアミノ酸にタンパク質の分解を刺激し、血液中のインスリンの放出を引き起こし、血液中のトリプトファンのレベルを上げる。 脳内のセロトニンが不足しやすい、日照時間の短い季節は炭水化物や甘いお菓子の欲求が増しやすいになるので、炭水化物中心の偏った食事には注意が必要です。

まず、過剰な炭水化物は余分な体重につながる。そして、「甘党症候群」になる可能性があります。体はすぐにセロトニンレベルの上昇に伴い甘い食べ物に慣れて、余分なお菓子を必要とする。

さらに、体内生み出されるセロトニンの合成と言えば、日光ですが、自然光浴びていると、脳内のセロトニンが増えることにより、不安や憂うつが解消されやすくなり、人間の精神状態にとても良いということです。

エンドルフィン

エンドルフィンは、怪我をしたりなどして、痛みを軽減するために、ストレス応答して産生される。いわゆるオピオイド受容体とコミュニケーションしていて、痛みを抑制し、幸福感を誘発する。例えば、分娩時の妊婦さんがリラックスすればするほどホルモンが分泌されて、苦痛をやわらげてくれます。

体に害がなく、体内のエンドルフィンの量を増加させる方法はもちろんあります。例えば芸術作品の接触から陶酔感、オーガズムなどの幸福感が自然の鎮痛ホルモンと考えられている。有酸素運動などの適度な運動中にエンドルフィンが少量生成されます。だから適度な運動は、ストレス解消にもつながるのです。

さて、自然の鎮痛ホルモンはすべての女性への贈り物であり素敵なボーナス!妊娠中の妊婦さんから分泌されるエンドルフィンなど様々なホルモンは、胎盤からへその緒を経由して、赤ちゃんへと伝わります。お母さんが「幸福」「楽しい気持ち」と気分でいるときにはドーパミンやエンドルフィンなどが、赤ちゃんと届いていています。もし、イライラして怒りっぽい、ため息をよくつく気持ちが不安定だとそれも赤ちゃんに伝わります。妊娠中はできるだけリラックスして、楽しく過ごしことが大切みたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする