皮膚の色素沈着の原因と種類

一人一人の顔や体にあざ、目の下のくま、皮膚の黒ずみ、シミ、といった皮膚の色素沈着を持っています。ほとんどの場合、人体に悪い影響を与えませんが、明らかな皮膚の異常などの隠れた疾患の可能性もあります。

それは様々な腫瘍や皮膚の色素沈着などが影響します。

スポンサーリンク

色素沈着とは何?

皮膚の色素沈着は、メラニン細胞の影響を受けています。

メラニン(褐色色素)、カロチン(黄色)、オキシヘモグロビン(赤)デオキシヘモグロビン(青)色などがあります。色素沈着の原因に環境要因や、基本的な皮膚の色素の組合せによる遺伝的な要素によって引き起こされます。例えば黒人夫婦の間に白い肌を持った赤ちゃんが生まれた記録があります。

メラニン色素は、人間の肌の色を決めるだけでなく、紫外線の有害な影響を予防してくれます。ライトブラウンとダークブラウンなど異なる人種の肌の色に違いが起きるのは、メラニンの量によって決められているからです。

白皮症、アルビノ症とも呼ばれる疾患があります。髪、皮膚、眼の色が白く美しく神秘的な見た目ですが、メラニン形成の遺伝的欠損で疾患です。

太陽の下に長時間、日光浴しているとこんがりと肌が焼けますが、目に見えて肌の色の変化を感じることができますが、強い紫外線を浴び続けると強力な色素沈着が起きてしまい「ほくろ、そばかす、シミ」と呼ばれる悩みの種を生み出してしまいます。

皮膚の色素沈着の原因

シミができる主な原因は、この過剰生成メラノサイトの存在です。メラノブラストの良性腫瘍です。ほとんどの場合、単色光、暗褐色で、皮膚の表面に徐々に浮上します。モル(母斑)悪性になる場合や、自然に取れたとしてもすぐに復活することもあり、注意が必要です。

不快感や見た目が気になる場合は、主治医に相談した後に取り除くことになります。

あざは着色された腫瘍で子供の頃に多く見られますが、成長するにつれて減少していきます。痛みやかゆみを感じる場合は、悪性腫瘍に移行している可能性があります。必要であれば、早めに皮膚の専門医で診断を受けて腫瘍を除去することもあります。

あざが顔や体の見える部分にある場合は、保湿力が高い美容クリームを使用し、直射日光を極力浴びないように意識します。

色素沈着の種類

母斑は主に青年期の皮膚にいつのまにか原因不明のあざ出ることがありますが、その後、成長していく過程の人生で発生する可能性があります。この「あざ」と一言でいっても、いくつか種類があります。あざの色合い、その症状を判断します。

そばかす、シミのように顔を覆ってしまう色素沈着ですが、子供・大人関係なく発生します。遺伝的要因で発生することが多くメラニン形成の結果として、起きます。金髪や赤髪が特徴の海外のモデルさんのインタビューを見たことがありますが、子供の頃からそばかすがチャームポイントだったそうです。

私たち女性が悩まさる時期は大人になってからできるそばかすです。ほんとんどの場合は、紫外線や生活習慣が原因となっているとされています。予防策は、紫外線を可能な限り浴びないようにする。チョットした用事で外出する時でも日焼け止めクリームを塗ることを忘れない事です。

外によく出る人はどうしても日焼けしやすくなります。肌の表面のメラニンを増加させ、色黒の肌になったり、小麦色になってしまいます。紫外線による日焼けの影響により疾患へのなりやすさが増大する可能性もあります。若い年齢の重度の日焼けは、悪性黒色腫につながることがあります。それから皮膚構造が変化してしまい早期の老化を引き起こします。つまり、日焼けで肌が老化するということです。

シミと勘違いしやすい肝斑と呼ばれる色素沈着があります。鏡に映る姿を見ると、その薄暗い見た目がとても気になると思います。顔や身体の部分になかなか消えないシミがあれば美容皮膚科に相談する必要があります。

皮膚の色素沈着に悩まされているの心理は、なぜ起きているのか?その理由を知りたいと思っているはずです。信頼できる専門医の適切な治療が解決に導いてくれます。それでも治すよりも防止することをお勧めします。

年齢を重ねるたびにお肌のトラブルが増えることを周りを見ていれば分かります。優れた情報を知識として学んだり、冬の季節や夏の季節に合ったスキンケアをしっかり行うだけでなく、最新の化粧品を使用ようにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする