股関節のストレッチをやってみたら、背中の痛みが改善した

e6c27bf7c496ae7a61e0319f0194d519

背中の痛みの多くは長時間、机の前に座った状態のような低い前傾姿勢をとることになるので、背中から腰に負担がかかることが過度の負荷になってします。

背中の慢性的な不快感を取り除く簡単な方法は、ストレッチで取り除くことができます。股関節屈筋の柔軟性を高める事により、血行促進・疲労回復・筋肉の疲れを取れるので、最終的にコリをほぐす・神経痛や筋肉痛の痛みを解消することができます。

なんだか知らないが?背中や腰に違和感や緊張を感じる時に行うと、筋肉を伸ばされてスッキリします。一体!いつまで続くの? 」という慢性的な背中の痛み・・。安静にしていても運動をしていても痛みがある人は、とりあえず、試しに柔軟性を高めて欲しいです。

運動の習慣がある人はウォームアップとクールダウン中に行うと寝つきやすくなり、目覚めた時の疲労を翌朝に残すことなく、気持ちいい一日が遅れます。

しかし、痛みが強すぎて我慢できない場合は無理をせずに中止してください。

スポンサーリンク

15分:早歩きウォーキング

YouTube Preview Image

■右膝を前方に大きく出し、左足は膝が床に付くようにします。

■上体のバランスが良いぐらいの位置をキープします。ブレないように修正することができるように左手で、左足を掴んで行うと安定します。太ももの筋肉の緊張をほぐすために骨盤に向かって、左足のかかとを引っ張ります。この時、効果を高めたい場合は、左側へねじれ入れます。

■30秒間、このポージングを維持します。ゆっくりと左足を離し、次は同じように反対側のストレッチを行います。

15分:早歩きウォーキング

YouTube Preview Image

■マッサージローラーを使い腰・お尻付近を揉みほぐします。

■右膝を両手で掴み、胸元まで引きます。この時に左足のかかとが床に触れるようにします。また同時に左の股関節が伸びているように感じる必要があります。

■30秒間、この姿勢を維持します。その後、反対側の同じ手順で繰り返します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする