初めての経験、海外通販で賢く買い物しました。トラブルもなく購入できた理由

3b580a43fb7866735cdecbbdf5a67a75

海外通販を利用すると日本国内で購入するより、安く物が買えたりします。海外発送の場合、日本に送ってもらう際に送料はお客様負担する必要があります。

商品の重さに応じて送料が高くなりますが、為替レート、地域の物価の違いやセール品を購入すると日本で買うよりもかなりお得です。

今は円安で海外通販を使い輸入しようと考えていると商品の値段が高く付きます。なので、円高の時に利用するとお得に買い物ができます。

海外通販を利用して、後悔しないために基本的な方法を書いておきます。

スポンサーリンク

言葉の壁に悩まされない

海外通販に興味があるけど、言葉が分からないから怖い、不安だと感じると思います。また購入した物が送られてこない、まったく信用できないと思うはず。最初は英語圏の通販サイトを利用する事をお勧めします。

送り先の住所の記入がしっかりできていれば問題なく送られてきます。基本的な住所の書き方は、中学レベルの英語が何となく分かっていれば問題ありません。記入する文字は必ずローマ字で半角英数を使います。

あまり書き方に悩む必要はなく最低限、住所と電話番号、氏名にミスがないように何回も確かめておきましょう。

記入欄にスペルを間違えたり、空欄があると荷物が届く確立が低下します。例えば電話番号は輸送中に何かしら問題が発生した際に掛かってきます。荷物が日本に持ち込めない物だったりした場合に税関から連絡があります。

輸出入禁止・規制品目 : 税関 Japan Customs

私は一度だけ没収というか、破棄されたことがあります。もちろん日本国内に持ち込めないので返金もできません。残念ですが、その商品はあきらめるしかないという分けです。

英語のコミュニケーションに不安がある、英語が全くできないという方は「Xボーダー」サイトを利用すると英語に困ることがなく買い物ができます。

また商品の配送に関しても現地の日本人スタッフがしっかり対応してくれるので、全然商品が届かないなどの不安を抱くことなく、安心して商品到着を待つことができます。

支払方法

一般的に海外通販の支払い方法は原則クレジットカード決済です。日本の通販サイトを利用するような感じで支払を行ないます。「銀行振り込み」や「代引き」があったとしても避けた方がよいです。理由は海外の銀行に振り込むと手数料だけでも購入した商品より高くなります。

一度、中国に銀行振り込みを行なった時に5000円程の手数料が取られた経験があります。それ以来、支払いは常にクレジットカード決済しています。

それでもクレジットカード決済をすると自分の情報が抜き取られるじゃないかとヒヤヒヤしている方は、ペイパル(PayPal)を利用すると安心して決算が行なえます。

ペイパル(PayPal)とは、インターネット上で買い物する際にあなたの変わりに決済サービスをメールアドレスを使い代行してくれる優れたサービスです。ショップ側に自分のクレジットカード番号を教えることなく、安心・安全にお買い物できます。

ネットショッピングの安全性についても買い手を守るような措置も取られています。このペイパルバイヤープロテクション(買い手保護プログラム) – PayPalと呼ばれるものです。かいつまんで説明していきます。

PayPalでお買い物の支払いをすれば、購入代金が補償される場合があります。商品が届かない、または説明と著しく異なる場合は、購入代金全額が返金されるようお手伝いします。

海外通販を利用して不正行為や詐欺なぢ何らかのトラブルが発生した場合にPayPal側が買い手保護プログラムという購入者が不利な状況になった際に助けてくれる。そんなシステムが設けられているというわけです。なので、オンライン決済が不安な人も心強いと言えます。

商品のサイズや規格に注意!

ファッションなどの着ないとよく分からない洋服や靴を購入する際に間違ったサイズを購入してしまいサイズが合わなかったり、失敗することもよくあります。そうならない様にサイズ表記に注意しましょう。

特に日本と同じサイズを選んで購入してしまうと、ワンサイズ大きいという悲劇な結果が待っています。覚えて欲しいことは国によって着る物のサイズ表記が違うことです。

日本と海外のサイズ対応表を参考にサイズ選びを行ないましょう。

洋服だけでなく、電化製品を購入しようと考えている方は、電圧やプラグ形状を確認してください。電気機器の規格が国内で使われている物と電圧や周波数が違う事から不具合や故障を引き起こす場合があります。電圧やコンセント・プラグ形状が違う場合は変換プラグを利用することが大切です。

日本国内の電圧やコンセントに対応していない電気製品を使いたい場合には、変圧器・変換プラグを利用しましょう。

送料の目安

海外からの商品購入をする際に一番気になるのが送料ではないでしょうか?商品の値段が安いと思って購入してみると実際に商品が届いた時に一番送料が高かったということも。

日本では一定金額以上購入すると送料無料になるケースがありますが、海外通販では送料無料で日本に送るサービスは存在しません。

海外通販は船便もしくは航空便の費用がかかります。

送料の基本は購入した商品の重さが適用されます。私が大量に海外から輸入した物で一番、重量があった物で一万円ほどの料金が取られました。1kgを超える重い荷物になればなるほど送料が高くなるという分けです。

洋服など重量の軽い物を数点なら数千円前後です。安いからと言って買い物の量を増やすと商品代金より高くつくので気をつけましょう。

上手に送料を抑えるコツは注文カートに表示されている「送料」を確認することです。送料が高いなと感じたらカート内の項目の数量を減らすことが大切になってきます。

海外からいつ届く

海外通販を利用して商品が無事に自分の手元に届くかどうか不安に思うはず。送り方や注文した地域や国によって到着時期はことなります。

船便もしくは航空便を利用するかで荷物の到着時期が違います。

韓国の通販サイトを利用して、船便で送ってもらった時に一ヶ月程の時間が掛かりました。お隣の国だから船便でも荷物が早く届くと思っていても実際はそうじゃない、当たり前ですが船便は遅いということが分かりました。

なぜそんなに遅いんだと思い調べてみると荷物が複数の経由地を通る間に紛失があったり、忘れられたりすることもあるんだとか。嘘か本当かどうか疑問ですが、昔は三ヶ月荷物が届かなかったという話もあります。

航空便で商品を送ってもらうと当たり前ですが、船便よりも早いです。飛行機で輸送されるので一週間前後で荷物が届きます。商品を購入する地域が遠い場合はそれ以上掛かることもありますが、私の経験上一ヶ月待たされたことはないです。送料が船便より値段が高いことを除いては一切不満はありません。

航空便と船便どれを選ぶかは、自分のライフスタイルによって違います。
参考に荷物が多く、料金を抑えたい人は船便、荷物が軽く早く洋服や家電を着たい、使いたい方は航空便を選ぶと良いです。

荷物が届かない時の対処方法

購入した商品が届かないと不安になったりしますよね。なかなか商品が届かなかったりした場合は送り先住所、お届け日、配送会社と荷物番号などをショッピングサイトに問い合わせましょう。

国際郵便追跡サービスの利用は必須です。荷物の追跡が可能な配送方法を選ぶと荷物に追跡番号が設けられ、配達状況が確認できます。

経由途中に荷物がどこかの国で置き去りにされている可能性もあります。追跡番号などがないと荷物を追いかけることができなくなり、最悪手元に届くかなかったり、半年後に届く可能性もあります。

今まで私が経験したトラブルは税関に破棄されたことだけですが、最近では偽物ブランド品を購入した人や、詐欺サイトを利用して「商品が届かない」といったトラブルが相次いでいるという。

■そんな面倒なトラブルに合わないために知っておきたいことがいくつかあります。

消費者庁越境消費者センター(CCJ)では常に悪質な海外ウェブサイト一覧や注意点が掲載されています。自分を守る手段を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする